おすすめ買取業者を見る

不要な骨董品が高く売れる!
長年使っていなかった
骨董品を簡単&手間なく
高価買取
してもらう方法をご紹介します。

イチオシ!オススメ骨董買取業者

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高い業者をご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • シミや汚れ、キズがあるものでも査定OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 出張費用、宅配キット無料
    • 着物やブランド品などと合わせてまとめ売りすると買取金額10%アップ
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取・店頭買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※宅配買取の品物返送時送料はお客様負担(着払い)
    福ちゃんは着物や切手、ブランド品、貴金属などの古物商品の買取を行っている総合リサイクル業者ですが、ブランド食器の買取には特に力を入れている様子です。
    中でも洋食器がメインとなっており、買取対象ブランドはどこよりも豊富なので、ブランド物の洋食器を売るならまずここを選んで間違いないでしょう。
    また、福ちゃんは骨董品や着物など鑑定の難しい品も扱っているので、食器の買取に関しても全く問題はないと思います。
    事実、福ちゃんのイメージモデルを務める中尾彬さん、池波志乃さんご夫妻も福ちゃんで食器買取をしているので買取価格の高さはお墨付きです。
    その他、福ちゃんでは骨董品などと合わせてまとめ売りすれば、買取金額が10%アップするキャンペーンも行っているので、より高価買取が期待できます!
  2. 日晃堂
    ★★★★★
    • ブランド食器なら使用済みやキズ・汚れのある物、箱無しでも買取OK
    • ひび割れや欠けがあっても買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • ブランド食器の買取金額10%アップキャンペーン実施中!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~20:00 年中無休
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    日晃堂は骨董品専門の買取業者ですが、ブランド洋食器・和食器からアンティーク食器などの陶器の買取も行っています。
    こちらのお店は骨董品を専門に扱っているという特徴から、特に有田焼などの和食器やアンティーク食器といった古美術的価値がある食器の買取が強いです。
    もちろん洋食器の鑑定技術も高いので、洋食器と和食器をまとめて売りたい時には非常におすすめの業者と言えます。
    現在はブランド食器の買取10%アップキャンペーンを行っているので、この機会を利用すれば何十万円という買取価格になる可能性もあります!
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    • 使用済みやキズ・汚れのある物でも買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料LINE査定あり
    • 出張費用無料
    • 女性のお客様のみ、女性査定員の指名が可能
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 365日・24時間受付
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)

山口県の歴史と自然を織り込んだデザイン

昭和22年5月に施行された地方自治法は、日本国憲法と同時に定められた法律です。
地方に住む人々の参政権を保証するという目的によって作られ、地方政治の基盤となるような法律と言えます。
今日でも地方自治法は存続しており、平成20年には施行60周年となりました。
そして、地方の活性化が叫ばれる中、その取り組みの一環として記念貨幣が発行されることになりました。

地方自治法施行60周年記念貨幣は1000円銀貨とバイカラー・クラッド貨の2種類が作られています。
10年間をかけて、各都道府県別のデザインが施された貨幣が発行されることになっています。
硬貨の裏面はデザインがそれぞれ統一されており、1000円銀貨の方は雪月花が、500円硬貨には地方自治の文字が刻まれています。
表面のデザインについては、各都道府県の特産品や観光名所などのデザインが施されることになります。

中国地方と九州地方を結ぶ山口県といえば、関門海峡や下関のフグ料理も有名です。
山口県の歴史は古く、14世紀には京都を模して街を作ったことから、西の京とも言われています。
この他にも岩国城や角島など、歴史スポットや自然スポットなども多いのが特徴です。

山口県の1000円銀貨には、日本最大のカルスト台地である秋吉台と、日本三名橋にも名を連ねる錦帯橋がデザインされています。
秋吉台の東側は国定公園にも指定されており、石灰岩からサンゴの化石が発掘されることもあります。
錦帯橋は5つ連なる木造橋で、1673年に作られた深い歴史を持つ橋です。

500円硬貨に施されているのは国宝にも指定されている瑠璃光寺五重塔です。
こちらも日本三大名塔に数えられ、歴史的な建造物としても高い評価を得ています。
裏山は四季折々で様々な顔を見せ、五重塔の優雅さにもつながります。
山口県のシンボルともいえる五重塔で、観光スポットとして人気も高いです。
長い歴史と豊かな自然、山口県の魅力がつまった記念硬貨に仕上がっていると言えるでしょう。

下関市の古銭買取業者はどう選ぶ?

本州最西端の町というステータスから、下関市を知っているという方も多いですが、それ以外にも中国地方で5番目に人口の多い町、関門海峡のある町、おいしいふぐ料理が食べられる町などなど、地域の名所や特産品が多く、観光としても人気が高いという特徴を持っています。

下関市は歴史も深く、江戸時代には西の浪華と呼ばれるほど栄えた町でした。
古くは1185年から九州へと渡るための関所として町が栄えることになりました。
本州から九州へと渡るための海運の要衝、そして日本から朝鮮へと渡るための海の玄関口として町が機能していたため、重要な都市として栄える結果になったのです。

現在の下関市という名前がついたのは、1902年のことです。
日本で最初に市制が施行されたタイミングで下関市も誕生することになりました。
それから100年以上もの間、下関市は存続しており、山口県西部の中心的な都市として機能しています。
下関にはこのように長い歴史と文化が息づいており、観光都市としても栄えているのです。

山口県で古銭買取業者をお求めの際には、買取業者のサービス内容に注目してみると良いでしょう。
行っている商売はどこも買取ということで同じではありますが、それぞれの店舗によっては特色が出ており、買い取ってもらいたい品物によって業者を選ぶという方法を採ると良いです。

たとえば買取実績が業界トップクラスで、信頼を売りにしている古銭買取業者もありますし、話題の宅配買取サービスを提供している業者などもあります。
宅配買取は品物をお店へ郵送するだけで査定や買取といった業務は全て業者が引き受けてくれるというサービスで非常に便利です。
宅配買取と似ている買取サービスとしては出張買取があります。
出張買取は業者が自宅へと直接出向いて査定をすることになり、顔を合わせて安心して取引ができるといったメリットもあります。

この他にもスピーディに買取を行ってくれる買取業者や、宅配買取にかかる送料や出張買取にかかる出張費を無料としている業者などもあります。
それぞれの特徴を踏まえて、ご希望に合った業者を選んでみてください。

美術品の鑑定にかかる費用の相場はどれくらい?

美術品の売却や遺産の相続等に際して、その美術品が本当に値打ちのある品物なのかどうかを確かめることは非常に重要です。
しかし絵画や骨董といった美術品は、素人目には本物か偽物かの見分けがつかないものです。
美術品の鑑定業者は、経験と確かな技術に基づいて品物の真贋を確かめるサービスを提供しており、売却や相続の際には有効なサービスとなっています。

鑑定と似た言葉に査定がありますが、両者は決定的に異なります。
鑑定は品物が本物か偽物かを科学的根拠に基づいて精査するのに対して、査定は本物であることが前提で価格を決定するという違いがあります。
鑑定は充分な科学的根拠もあるため、法的な力も宿るのに対して、査定の場合は法的な力が宿りにくいという特徴もあります。
本物かどうかを確かめたいのであれば鑑定サービスを、本物であることが分かっている状態で価格を知りたい場合には査定を用いるという使い分けをしてみるのも良いでしょう。

鑑定では具体的に、品物の作者に関係する資料を確かめるという調査や、作品の特徴の分析、絵画であれば絵具の科学的な分析、骨董品であれば使用されている素材の科学的な分析等が行われることになります。
このように鑑定では根拠に基づいた、確かな分析が繰り返されるため、その分費用もかかってしまいます。

鑑定料は業者によって異なり、安いところだと1万円台から鑑定してくれる業者もありますし、美術品の価値によって3万円から6万円程度とする業者もあります。
また、いくつかをセットでまとめて鑑定するならば鑑定料を割り引いてくれる業者などもあります。

いわゆる無料査定は、正式な鑑定のように法的な力はありませんが、しかしながら活用できないというわけでもありません。
買取業者などの無料査定では、科学的な調査はしませんが、それでも普段からしっかりと美術品を見ている査定士が丁寧に調査をしてくれることになります。
鑑定するノウハウはわきまえているため、真贋を確かめるために一度無料査定で見てもらうのも良いかもしれません。