おすすめ買取業者を見る

不要な骨董品が高く売れる!
長年使っていなかった
骨董品を簡単&手間なく
高価買取
してもらう方法をご紹介します。

イチオシ!オススメ骨董買取業者

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高い業者をご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • シミや汚れ、キズがあるものでも査定OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 出張費用、宅配キット無料
    • 着物やブランド品などと合わせてまとめ売りすると買取金額10%アップ
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取・店頭買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※宅配買取の品物返送時送料はお客様負担(着払い)
    福ちゃんは着物や切手、ブランド品、貴金属などの古物商品の買取を行っている総合リサイクル業者ですが、ブランド食器の買取には特に力を入れている様子です。
    中でも洋食器がメインとなっており、買取対象ブランドはどこよりも豊富なので、ブランド物の洋食器を売るならまずここを選んで間違いないでしょう。
    また、福ちゃんは骨董品や着物など鑑定の難しい品も扱っているので、食器の買取に関しても全く問題はないと思います。
    事実、福ちゃんのイメージモデルを務める中尾彬さん、池波志乃さんご夫妻も福ちゃんで食器買取をしているので買取価格の高さはお墨付きです。
    その他、福ちゃんでは骨董品などと合わせてまとめ売りすれば、買取金額が10%アップするキャンペーンも行っているので、より高価買取が期待できます!
  2. 日晃堂
    ★★★★★
    • ブランド食器なら使用済みやキズ・汚れのある物、箱無しでも買取OK
    • ひび割れや欠けがあっても買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • ブランド食器の買取金額10%アップキャンペーン実施中!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~20:00 年中無休
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    日晃堂は骨董品専門の買取業者ですが、ブランド洋食器・和食器からアンティーク食器などの陶器の買取も行っています。
    こちらのお店は骨董品を専門に扱っているという特徴から、特に有田焼などの和食器やアンティーク食器といった古美術的価値がある食器の買取が強いです。
    もちろん洋食器の鑑定技術も高いので、洋食器と和食器をまとめて売りたい時には非常におすすめの業者と言えます。
    現在はブランド食器の買取10%アップキャンペーンを行っているので、この機会を利用すれば何十万円という買取価格になる可能性もあります!
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    • 使用済みやキズ・汚れのある物でも買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料LINE査定あり
    • 出張費用無料
    • 女性のお客様のみ、女性査定員の指名が可能
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 365日・24時間受付
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)

近畿地方南部の広く海に囲まれた地、和歌山県の地方自治法施行60周年記念貨幣

和歌山県は、近畿地方南部にある、日本最大の半島紀伊半島に属する県です。
広く海に面しており、海洋資源に恵まれている一方、南部に大規模な産地も有しており、山海両方の魅力が伴います。
472キロ平米と近畿地方でも有数の広大さを誇っていますが、人口については人口密度キロ平米あたり約200人と、比較的落ち着いた印象でもあります。
自然に囲まれながら、のんびり暮らす地として適しているかもしれません。

地方自治法施行60周年記念貨幣についても、やはりそんな自然の魅力をとりいれていますが、だからといってメインにしているわけでもありません。
自然は味付け程度で、和歌山県の誇る歴史遺産を主役としたデザインです。

カラー仕様の鮮やかさが印象的な千円銀貨幣については、高野山にある壇上伽藍が主役となっています。
緑の色濃い木々に囲まれた中、堂々の存在感を誇ります。
木々の緑と建物の朱色、そして上空に広がる青空のコントラストが、さわやかな空気感を演出してなりません。
リアルなタッチで描いているので、目にするたびに現地を訪れた気分すら味わえるでしょう。

壇上伽藍とは、弘法大師にゆかりのある、奥之院とならぶ和歌山県高野山の二大聖地です。
朱と白の大塔が中心となった神聖な地となっており、和歌山県の代表的な観光地となっています。
伽藍は僧侶が修行するための場所であるため、厳かな空気に包まれている印象です。
国指定史跡にして、ユネスコ世界文化遺産にも「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部として登録されていることから、国内外において高い地名度を誇っています。

もう一方のバイカラー仕様になった五百円クラッド通貨については、和歌山県の自然を主体に構成されています。
和歌山県を語る上で、主要な観光地である那智の滝は外せません。
133メートルの垂直に切り立った岩肌を落下する名瀑なのですが、日本一の落差と謳われる迫力を誇っています。
その迫力そのままに、デザインとして緻密に刻み込まれています。
手前に添えられた三重塔と相まって、無二の存在感を感じさせてなりません。

和歌山県和歌山市で古銭買取を検討するならどの店舗が良いの?

和歌山市は、和歌山県の象徴的な河川である、紀の川河口あたりに位置する市です。
県名と同名であることからも察することができる通り、県庁所在地となっています。
地域の中心的な立ち位置であったのは、現代だけに留まりません。
かつて江戸時代においても、紀州徳川家が治める城下町として栄えていました。
現代でもなお和歌山城が現存しており、観光の目玉、地域アピールのテーマとして注目を集めています。
人口は約36万人で、何と県人口の約40%もの人々が集中しています。
自然豊かな県ではありますが、賑わいが感じられてなりません。

また和歌山市は、寺社群が豊富な点でも特徴的です。
西国三十三番観音霊場第2番霊場として知られる紀三井寺や、首大仏の寺として親しまれる無量光寺、また重要文化財を含む紀州東照宮や和歌浦天満宮など、深い歴史感じられるスポットが少なくありません。

産業としては、農作の充実が外せません。
和歌山県の名産として全国的に名高いみかんはじめ、梅やはっさく、伊予柑など、トップクラスの生産量を誇る農作物を多数作っています。
県の中心である和歌山市でも、広く販売されています。

そんな和歌山市で古銭買取を検討するなら、出張買取に対応している店舗がおすすめです。
県庁所在地である和歌山市とはいえ、古銭を専門に取り扱う業者というのは決して多くありません。
ですが、全国広く対応している出張買取業者なら、地域にかかわらず質の高い買取が利用できるでしょう。

おすすめとしては、たとえばトップクラスの利用者満足度を誇る業者が挙げられます。
出張料・査定量、そしてキャンセル料まで無料となっており、気軽に検討できます。
他者より買取価格が少しでも安ければキャンセルできるという良心サービスも、魅力的です。

また、古銭買取実績豊富な業者も目を引きます。
古物買取の専門店は多くあれど、古銭を専門的に扱うところはそう多くありません。
豊富な実績をもつ業者であれば、正しい査定のもと満足のいく買取で応えてくれそうです。

実は魅力的な買取対象!和琴・箏の査定ポイントついて

買取において魅力的な骨董品といえば、陶磁器や絵画、古銭などが代表的です。
全国の古物買取店において、積極的に取り扱われています。
そんな中、和琴や箏はイメージしにくいかもしれません。
これらは、前者が「わごん」と、後者「そう」と読む、雅楽にもちいられる楽器となります。
古い楽器に需要はあるのか、少し不思議に思うところかもしれませんが、その心配は必要ありません。
実は、状態によって高い価値が期待できます。
他の骨董品同様に、買取に期待をもっておいて良いでしょう。

和琴は、「やまとごと」とも呼ばれる6弦が張られた楽器です。
歴史は古く、ハニワが作られていた時代からすでに親しまれていたとも伝えられています。
その他、古事記に登場する楽器としても有名です。

箏については、奈良時代に唐から入ってきた楽器となります。
同じく弦楽器ですが、こちらは13弦をもちいており、神事や祭事にもちいられる崇高な存在です。
芸術性が高く、観賞用としても適しているでしょう。

肝心の価値を決めるポイントについてですが、たとえば胴体の模様に注目してください。
和琴・箏いずれも木製楽器であるため、木目の美しさで見栄えががらりと変わります。
そして、木目が美しければ美しいほど和琴・箏の価値は高くなる傾向にあります。
特に、六角形模様が彫られている麻型彫りや、ギザギザが二重になった子持ち綾杉彫が高い評価を得る傾向にあるようです。

また、裏板の加工にも注目してください。
胴体裏に張り付けた板のことなのですが、まっすぐに張り付けた並甲よりも、斜めに加工したくり甲の方がより高い値段となりやすいです。

その他、猫足のついたものや蒔絵仕様のもの、箏であれば柱が象牙製になったものも高額査定に期待できます。
素材やデザインもまた、和琴・箏の価値に大きく影響するのです。
ただ、良質な素材は繊細である場合も少なくありません。
保管状況も重要となるので、日ごろから管理を怠らないよう気を付けておきましょう。