おすすめ買取業者を見る

不要な骨董品が高く売れる!
長年使っていなかった
骨董品を簡単&手間なく
高価買取
してもらう方法をご紹介します。

イチオシ!オススメ骨董買取業者

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高い業者をご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • シミや汚れ、キズがあるものでも査定OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 出張費用、宅配キット無料
    • 着物やブランド品などと合わせてまとめ売りすると買取金額10%アップ
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取・店頭買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※宅配買取の品物返送時送料はお客様負担(着払い)
    福ちゃんは着物や切手、ブランド品、貴金属などの古物商品の買取を行っている総合リサイクル業者ですが、ブランド食器の買取には特に力を入れている様子です。
    中でも洋食器がメインとなっており、買取対象ブランドはどこよりも豊富なので、ブランド物の洋食器を売るならまずここを選んで間違いないでしょう。
    また、福ちゃんは骨董品や着物など鑑定の難しい品も扱っているので、食器の買取に関しても全く問題はないと思います。
    事実、福ちゃんのイメージモデルを務める中尾彬さん、池波志乃さんご夫妻も福ちゃんで食器買取をしているので買取価格の高さはお墨付きです。
    その他、福ちゃんでは骨董品などと合わせてまとめ売りすれば、買取金額が10%アップするキャンペーンも行っているので、より高価買取が期待できます!
  2. 日晃堂
    ★★★★★
    • ブランド食器なら使用済みやキズ・汚れのある物、箱無しでも買取OK
    • ひび割れや欠けがあっても買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • ブランド食器の買取金額10%アップキャンペーン実施中!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~20:00 年中無休
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    日晃堂は骨董品専門の買取業者ですが、ブランド洋食器・和食器からアンティーク食器などの陶器の買取も行っています。
    こちらのお店は骨董品を専門に扱っているという特徴から、特に有田焼などの和食器やアンティーク食器といった古美術的価値がある食器の買取が強いです。
    もちろん洋食器の鑑定技術も高いので、洋食器と和食器をまとめて売りたい時には非常におすすめの業者と言えます。
    現在はブランド食器の買取10%アップキャンペーンを行っているので、この機会を利用すれば何十万円という買取価格になる可能性もあります!
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    • 使用済みやキズ・汚れのある物でも買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料LINE査定あり
    • 出張費用無料
    • 女性のお客様のみ、女性査定員の指名が可能
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 365日・24時間受付
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)

地方自治法施行60周年記念貨幣の最後を飾る東京都

地方自治法施行60周年記念貨幣は、8年の年月をかけて順次発行されていきました。
その中でも、もっとも最後に発行されることになったのが東京都と福島県です。
アメリカの50州を図柄にした25セント硬貨と同じ発想でおこなわれた規格で、北海道、京都府、島根県から2008年に初回分としてスタートしていきました。
結果として日本の記念貨幣として最多のものになっています。
額面としては1000円と500円が発行されましたが、1000円は他の都道府県と同じ10万枚、500円は172万枚ととびぬけて多く作られたわけではありません。

東京都のデザインの特徴は、東京湾にかかるレインボーブリッジにあるでしょう。
他の件に比べると、かなりあっさりしたデザインにはなっていますが、一目でレインボーブリッジであることがわかります。
上層は首都高速11号台場線で下層には臨港道路と新交通システムゆりかもめが走っていることでも知られている二重構造のつり橋のため、東京都とはっきりわかるでしょう。
ユリカモメもデザインに含まれていますが、これは都民の鳥として指定されているためです。
ここからも東京都ということがイメージできます。

もうひとつ重要なデザインとなっているのが、東京都のシンボル的存在になった東京タワーでしょう。
2013年には登録有形文化財に登録されることになりますが、戦後の日本の象徴的な存在です。
電波塔としての役割も終わりに近づき、観光名所としての役割が強くなってきていますが、今でも東京都を代表する建築物であることに変わりはありません。
質のいい鉄がなかった日本では、朝鮮戦争で傷つき使われなくなったアメリカの戦車を溶解して純度の高い鉄として東京タワーの上部で使われています。

500円のほうには、東京駅丸の内駅舎と行幸通りが使われました。
辰野金吾が設計した名建築であり、現在では復元工事も終わり当時の姿を見ることができます。
東京駅の丸の内駅舎前の広場から進む行幸通りは、皇居へ向かっていきます。
由緒ある道路として知られており、東京都をイメージする大事なポイントにもなっているのです。

東京都西東京市でも見つかる古銭の種類と相場

東京都の中でも、新設合併で21世紀に初めて誕生したのが、西東京市です。
もともとこの地名があったわけではなく、田無市と保谷市が合併して出来上がりました。
関東ローム層が大半を占める東京都の中で、石神井川や千川上水など豊富な水資源を持っている珍しい地域です。
東京都の中で区と隣接している数少ない地域であり、交通網の利便性の高さは群を抜いているといってもいいでしょう。

江戸城を作るために青梅街道が作られ、田無には宿場ができあがりました。
人々も移り住むようになり、交通の要所として栄えていくようになります。
町村制度に変わり、田無市と保谷市になっていきますが、行政的な効率を考え、両市が合併することになりました。
名称として旧市名が用いられなかったのは、市民より多くの支持を集めた公募名称だったからです。
実はもともと両市が東京府に属していたわけではなく、旧田無市は神奈川県で旧保谷市は埼玉県だったところは、西東京市としては面白い部分になるでしょう。

かつて江戸の一地域であったことからも、現在の西東京市周辺でもさまざまな古銭が流通していました。
この時代で有名なのは素材として金を使った慶長大判でしょう。
有名ということを通り越して、驚くほどの買取り相場を誇っています。
1,000万円を超えることも珍しい話しではないのは、製造枚数が極端に少ないからです。
金を使って作られているところもありますが、美術品としてみても美しい仕上がりになっています。

江戸時代は、経済的な変動があると、新たな通貨を発行することもあったため、非常に多くのものが出回っています。
買取り相場として考えると、金属としての価値も重要ではありますが、それ以上に希少性がポイントになってくるでしょう。
発行枚数が少ないものは確実に高額で取引されていくことになります。
事前にある程度調べておくと、見つけた時にも素早く買取りに出したり判断ができるようになるでしょう。

骨董品の買取りを東京都でも失敗しない方法

骨董品や美術品は、多くの収集家が存在します。
価値もさまざまですが、処分するときには損をしないようにしていく必要があるでしょう。
価値がある以上、資産として考えていかなければいけないからです。
大事なこととして、買取業者の存在がありますが、本当に取引できる相手になるのか、東京都では考えていかなければいけません。
当然知識を持って臨まなければいけませんし、買取ってもらえるかどうかもチェックする必要があります。

買取ってもらえるものは、買取業者によっても違うため、下調べが必要でしょう。
需要と供給で成り立っているのは変わらないため、自分たちは価値がないと思っているものでも、実は驚くほどの金額で取り引きされる可能性があります。
そこで、買取業者には鑑定士などがいるかどうかがカギになってくるでしょう。
鑑定士には資格もなにも必要がありませんが、これまでの経歴などを調べてみることも必要です。
中には国選鑑定人と呼ばれる裁判所から依頼された特別な人もいます。

骨董品の中でも買取りができるかできないかは、その店舗の方針にもよりますが、実は法令によって禁止したり制限がかかったりすることもあるのは注意が必要でしょう。
その典型的な例が象牙やタイマイのようなウミガメの甲羅があります。
種の保存法がかかわってくる部分ですが、買取りに制限がかかっています。
ただし、経済産業省に届け出がなされている場合には買取りはできるようになっているため、すべてが問題なわけではありません。
同じように銃刀法もあり、銃砲刀剣類登録証が必要です。

処分する方法としては、専門の買取業者のほかにもリサイクルショップでも引き取りますし、不用品回収業者もあります。
ですが、適正な価格の判別がつくかといえば、かなり怪しい状況となるでしょう。
オークションに出すという方法もありますが、買取ってもらえるかどうかという根本的な問題があります。
さらに、鑑定書が必要になったり、落札者と直接お金の取引もなったりするため、トラブルになる可能性も忘れてはいけません。
リスクがかなり高いことを考えると、専門の買取業者が良いでしょう。