おすすめ買取業者を見る

不要な骨董品が高く売れる!
長年使っていなかった
骨董品を簡単&手間なく
高価買取
してもらう方法をご紹介します。

イチオシ!オススメ骨董買取業者

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高い業者をご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • シミや汚れ、キズがあるものでも査定OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 出張費用、宅配キット無料
    • 着物やブランド品などと合わせてまとめ売りすると買取金額10%アップ
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取・店頭買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※宅配買取の品物返送時送料はお客様負担(着払い)
    福ちゃんは着物や切手、ブランド品、貴金属などの古物商品の買取を行っている総合リサイクル業者ですが、ブランド食器の買取には特に力を入れている様子です。
    中でも洋食器がメインとなっており、買取対象ブランドはどこよりも豊富なので、ブランド物の洋食器を売るならまずここを選んで間違いないでしょう。
    また、福ちゃんは骨董品や着物など鑑定の難しい品も扱っているので、食器の買取に関しても全く問題はないと思います。
    事実、福ちゃんのイメージモデルを務める中尾彬さん、池波志乃さんご夫妻も福ちゃんで食器買取をしているので買取価格の高さはお墨付きです。
    その他、福ちゃんでは骨董品などと合わせてまとめ売りすれば、買取金額が10%アップするキャンペーンも行っているので、より高価買取が期待できます!
  2. 日晃堂
    ★★★★★
    • ブランド食器なら使用済みやキズ・汚れのある物、箱無しでも買取OK
    • ひび割れや欠けがあっても買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • ブランド食器の買取金額10%アップキャンペーン実施中!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~20:00 年中無休
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    日晃堂は骨董品専門の買取業者ですが、ブランド洋食器・和食器からアンティーク食器などの陶器の買取も行っています。
    こちらのお店は骨董品を専門に扱っているという特徴から、特に有田焼などの和食器やアンティーク食器といった古美術的価値がある食器の買取が強いです。
    もちろん洋食器の鑑定技術も高いので、洋食器と和食器をまとめて売りたい時には非常におすすめの業者と言えます。
    現在はブランド食器の買取10%アップキャンペーンを行っているので、この機会を利用すれば何十万円という買取価格になる可能性もあります!
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    • 使用済みやキズ・汚れのある物でも買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料LINE査定あり
    • 出張費用無料
    • 女性のお客様のみ、女性査定員の指名が可能
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 365日・24時間受付
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)

徳島県の地方自治法施行60周年記念貨幣のデザインは?

日本国憲法の施行と同時期に定められた地方自治法は、地方における政治の役割を定め、人々の参政権を確保するための法律です
1945年に第二次世界大戦が終戦を迎え、それからわずか2年、1947年に施行された平和を重んじた日本国憲法、そして地域に住む人の参政権を保証した地方自治法は、今日まで続いています

地方自治法ができた1947年から2007年で、施行後60周年を迎えることになりました
財務相ではこれを記念して、地方自治法施行60周年記念貨幣を発行することにしました
地域の活性化へとつなげる願いを込め、各都道府県別のデザインが施された1000円銀貨と500円硬貨が、10年をかけて順次発行されていくことが決定しています
既に多くの60周年記念貨幣が発行されています

地方自治法施行60周年記念貨幣の裏面のデザインは統一されており、1000円銀貨には雪月花のデザインが、500円硬貨には地方自治という文字がデザインされています
どの地域の記念貨幣でも裏面だけは統一されており、表面には各都道府県の特産品や観光名所、歴史スポット、国宝や文化遺産などがデザインされることになります

徳島県といえば豊かな自然と、そこで収穫される農産物などが魅力の1つです
生しいたけやすだちの生産量は国内でも随一で、味も美味しく、徳島の名産品にもなっています
観光スポットに移ると、渦潮が見られる鳴門海峡や、日本で一番怖いとも言われているかずら橋という吊り橋も有名です
また魚介類についてもイカの王様と呼ばれるアオリイカや鱧、真鯛などが水揚げされ、新鮮で美味しい魚を食べることもできます

徳島県の60周年記念貨幣、1000円銀貨の表面には観光名所にもなっている鳴門海峡とすだちの花、そして阿波踊りのデザインが施されています
500円硬貨については、阿波踊りがデザインされています
日本の伝統文化として古くから受け継がれている阿波踊りは、全国的にも人気が高く、徳島県の代名詞にもなっています
全国区の知名度を活かした記念貨幣のデザインです

徳島市と古銭の高額買取

徳島市は古くから人が多く行き来する場所でした。
今日では神戸淡路島鳴門自動車道なども整備されているため、自動車で陸路から簡単に入ることができるようになり、人の往来も活発になっていますが、歴史的に見ても以前より四国と本州をつなぐような役割を果たしていました。
江戸時代には藍産業によって城下町が栄え、当時の人口も日本国内でトップ10にランクインするほど大きな町でした。

歴史の長い徳島県は、伝統文化として阿波踊りが有名です。
8月のお盆の時期に行われる阿波踊りには400年もの歴史があり、江戸幕府が始まってから現代に至るまで続いています。
お盆の時期には日本国内だけでなく海外からも徳島市に観光客が集まり、4日間でおよそ130万人もの人々が観光に来ることになります。
長い歴史と文化が息づく町として人気の高い町となっています。

古銭は美術的な価値も認められている骨董品で、その美しさや希少性などの要素によって値打ちが大きく変化します。
高額買取が期待できる古銭の特徴としては、希少性の高さ、保存状態の善し悪し、発行された年代が古いかどうか、古銭に使用されている素材が貴重なものかどうかという点が挙げられます。
古くに発行された古銭で、流通している量も少なく、そして保存状態が良く、金が使用されていとなれば、かなりの高額買取が期待できることでしょう。

高額買取が期待できる古銭として有名なのが、大判や小判です。
特に元禄小判や慶長小判、宝永小判などは非常に価値が高く、保存状態の善し悪しなどにもよりますが、1枚あたり100万円を越えることになります。
中には1枚で300万円を越えるといった小判もあるので、市場での人気の高さと希少性が窺えます。

古いお金は小判でなくても骨董品としての価値が認められるものもあります。
倉庫の整理をしていたら古銭が出てきたものの、どうしたら良いのか分からないといった場合には、一度買取査定を受けてみるのも良いかもしれません。

代用品から芸術作品へと昇華された古伊万里

古伊万里という名前は、骨董品に興味を持たない人でも一度は耳にしたことがあると思われます。
それほど骨董品の中では有名で、また国内のみならず海外でも熱烈な愛好家が多いのが古伊万里の特徴です。

古伊万里の歴史は非常に古く、1600年代初頭にまで遡ります。
ちょうど江戸時代が始まった辺りから始まる古伊万里の歴史。
それまでの日本では、磁器は中国や朝鮮といった海外から輸入するのが一般的でしたが、茶の文化が花開くのと同時に陶芸も探求されることになり、磁器の研究や開発がなされるようになりました。
日本製の磁器が生れたのが1600年初頭で、肥前有田郷泉山にて白磁鉱が発見されたことがきっけでした。

この頃の古伊万里は初期伊万里と呼ばれており、藍を使用した染付が主でした。
素焼きは行わず、釉薬をかけて焼くので、素地が厚く、歪みやムラが出るのが特徴です。
しかし、その飾らない素朴なデザインが深い味わいを生み、芸術作品へと昇華されることになりました。
初期伊万里は数も少なく希少で、且つ芸術作品としても逸品なため、愛好家の間では高値で取引されることが多いです。

1640年代に入ると、中国の影響を強く受けた色絵磁器が作られるようになります。
初期伊万里から技術も向上して、本焼き後、釉の上に色絵具でデザインを施すようになりました。
そして低温で再び焼成して完成となります。
これまでの素朴さや歪みといった味わい深いデザインから変化して、豪華なデザインになりました。
この色絵磁器は海外へも輸出されることになり、ヨーロッパ磁器にも大きな影響を及ぼすことになります。

初期には中国で作られた磁器の代用品として重宝された古伊万里ですが、そこから国内生産が始まり、芸術作品へまで昇華されることによって世界から愛されるようになりました。
海外への輸出と共に国内向けへも大量生産されるようになり、現代へと至ります。
古伊万里はこのように世界から影響を受け、そして世界へ影響を及ぼした骨董品なのです。