おすすめ買取業者を見る

不要な骨董品が高く売れる!
長年使っていなかった
骨董品を簡単&手間なく
高価買取
してもらう方法をご紹介します。

イチオシ!オススメ骨董買取業者

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高い業者をご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • シミや汚れ、キズがあるものでも査定OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 出張費用、宅配キット無料
    • 着物やブランド品などと合わせてまとめ売りすると買取金額10%アップ
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取・店頭買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※宅配買取の品物返送時送料はお客様負担(着払い)
    福ちゃんは着物や切手、ブランド品、貴金属などの古物商品の買取を行っている総合リサイクル業者ですが、ブランド食器の買取には特に力を入れている様子です。
    中でも洋食器がメインとなっており、買取対象ブランドはどこよりも豊富なので、ブランド物の洋食器を売るならまずここを選んで間違いないでしょう。
    また、福ちゃんは骨董品や着物など鑑定の難しい品も扱っているので、食器の買取に関しても全く問題はないと思います。
    事実、福ちゃんのイメージモデルを務める中尾彬さん、池波志乃さんご夫妻も福ちゃんで食器買取をしているので買取価格の高さはお墨付きです。
    その他、福ちゃんでは骨董品などと合わせてまとめ売りすれば、買取金額が10%アップするキャンペーンも行っているので、より高価買取が期待できます!
  2. 日晃堂
    ★★★★★
    • ブランド食器なら使用済みやキズ・汚れのある物、箱無しでも買取OK
    • ひび割れや欠けがあっても買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • ブランド食器の買取金額10%アップキャンペーン実施中!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~20:00 年中無休
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    日晃堂は骨董品専門の買取業者ですが、ブランド洋食器・和食器からアンティーク食器などの陶器の買取も行っています。
    こちらのお店は骨董品を専門に扱っているという特徴から、特に有田焼などの和食器やアンティーク食器といった古美術的価値がある食器の買取が強いです。
    もちろん洋食器の鑑定技術も高いので、洋食器と和食器をまとめて売りたい時には非常におすすめの業者と言えます。
    現在はブランド食器の買取10%アップキャンペーンを行っているので、この機会を利用すれば何十万円という買取価格になる可能性もあります!
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    • 使用済みやキズ・汚れのある物でも買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料LINE査定あり
    • 出張費用無料
    • 女性のお客様のみ、女性査定員の指名が可能
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 365日・24時間受付
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)

栃木県を代表する東照宮を描いた地方自治法施行60周年記念貨幣

地方自治を定めるということは、運営に関してだけではなく、国との関係をはっきりさせるためにも重要なものとなりました。
民主的なかたちを維持するためにも、大事な法律です。
この施行60周年を記念して作られたのが地方自治法施行60周年記念貨幣になりました。
地方自治ということで、各自治体に合わせてデザインされることになったため、8年をかけて順次発行されることになったのです。
栃木県では中期ともいえる2012年に発行されています。

地方自治法施行60周年記念貨幣は1000円銀貨と500円バイカラー・クラッド貨幣が発行されましたが、1000円銀貨では、栃木県を代表する史跡として知られている日光東照宮がデザインされています。
だれもがイメージする陽明門が中心になっており、他のモチーフを入れていません。
ほかの都道府県のデザインとの違いでもありますが、それほど栃木県を代表する美しい建築物であることがわかるでしょう。

日光東照宮は、江戸幕府の初期に建てられました。
初代将軍である徳川家康の霊廟として日光に建てられましたが、遺骸は静岡県にある久能山東照宮にあるところが重要でしょう。
実際に東照宮と名付けられている場所はいろいろとありますが、家康を祭るための場所として使われたものです。
実際に関連性があるとされているのは、久能山と日光、両者をつなぐ位置にあるとされており、始祖となる世良田氏と関連性がある群馬県の世良田といわれています。

美しい陽明門がデザインされていますが、一日中見ていても飽きることがないといわれ日暮御門とも呼ばれるほどの作りです。
表門から賛同を進んでいくとみることができますが、平安京大内裏外郭十二門のひとつの名前が由来になっています。
さまざまな動物が描かれていることでも東照宮は知られており、500円には左甚五郎作の眠り猫と雀がデザインされました。
本来補色関係にあることから、共存共栄している姿が平和な時代の訪れを象徴しているといわれています。

栃木県宇都宮市で古銭を保管するときのポイントは

北関東の中でも最大都市になってくるのが、栃木県でも中部に位置する宇都宮市です。
首都圏の都市としても知られており、宇都宮都市圏を形成しています。
政令指定都市ではないことを考えれば、日本最大の都市圏です。
非常に大きな面積を抱えているのは、平成の大合併といわれた時期に多くの周辺都市と合併を重ねたことにあります。
あまりに無秩序に合併を重ねて拡大したことで、都市計画の見直しも測られるようになり、整備計画が進んでいくことになりました。

地理的に見ると、県内でもほぼ中央部に広がっていきますが、関東平野の北部として東京からわずか100km程度しかありません。
平坦な地形が広がっていきますが、大きな川がいくつも通っているところに特徴があります。
北端地域であることから、山脈に囲まれている地域でもあり、天然の要害として利用されてきました。
宇都宮城が発展した理由でもあり、大きな城下町として成長したことが、現在の姿につながっていったといえるでしょう。

数多く取引されてきた古銭ですが、宇都宮でもキレイな方が勝ちは高まります。
購入するときのことを考えると、汚れたものよりキレイなもののほうがいいでしょう。
保管方法が大切で、金属や紙でできているため、酸化を考えていかなければいけません。
空気に触れさせないようにするとともに、物質を劣化させる紫外線に弱いため、日光の当たらないところで素手で触らないような形の保管が良いでしょう。
専用のケースを使うことが大切です。

古銭ということでは、磨けば価値が下がってしまうことが出てきます。
これはなぜかといえば、傷をつけてしまうからです。
磨くということは、確実に削り落としたりすることにつながるため、方法を間違えれば価値が下がります。
コツとしてはできるだけ粒子や網目の細かい素材を使うことであり、必要以上に洗浄しないところにあるでしょう。
こうした状態にならないように保管することが、もっとも必要なコツです。

栃木県でもさまざまな取り引きがされている骨董品

骨董品というと、さまざまなものがありひとつのものではありません。
種類も豊富ですが、定義として考えれば古いものであればすべて含まれることになるでしょう。
アンティークといった場合には、製造から100年といった定義がありますが、骨董品にはこうした定義は存在しないからです。
昭和に作られた物でも骨董品と呼ぶのは、こうした古いものといった認識がなされているからでしょう。
あいまいではありますが、市場が形成されればすべて商品と考えることもできます。

栃木県でも多くの骨董品が取引されていますが、なにも有名どころだけではありません。
かなり珍しいものもたくさん存在しています。
需要があれば取引されていくことになるからですが、香木は有名なところです。
小さく削り取り、香炉で火をつけて使うことになりますが、非常に古いものも存在しています。
高額で取引されることも多くみられる骨董品です。
歴史を感じたりする部分ですが、見た目では判断できない典型的なものになってきます。

骨董品として収集家が多いのは、切手もあげられるでしょう。
古くから収集家が多く、さまざまな取引もされてきました。
未使用のものが基本となってはきますが、古いものや希少なものに関しては、新品はまず現存していないことから、使用しても驚くほどの値段がつくことも珍しくありません。
専門店も存在していることから、家で眠っている切手があれば、査定にかけてみる価値は十分にあります。

古銭も重要な骨董品です。
額面の金額で取り引きされるほかに、素材としての価値があります。
さらにデザインや希少性といった部分で取り引きされていくところは切手よりも複雑です。
国内品だけではなく、国外のものもいろいろと取引されているため、市場は驚くほど大きなものになっています。
買取相場もはっきりしやすいところがあるため、家で眠っている古銭などがあれば、状態に関わらず栃木県でも査定に出してみるべきでしょう。