おすすめ買取業者を見る

不要な骨董品が高く売れる!
長年使っていなかった
骨董品を簡単&手間なく
高価買取
してもらう方法をご紹介します。

イチオシ!オススメ骨董買取業者

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高い業者をご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • シミや汚れ、キズがあるものでも査定OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 出張費用、宅配キット無料
    • 着物やブランド品などと合わせてまとめ売りすると買取金額10%アップ
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取・店頭買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※宅配買取の品物返送時送料はお客様負担(着払い)
    福ちゃんは着物や切手、ブランド品、貴金属などの古物商品の買取を行っている総合リサイクル業者ですが、ブランド食器の買取には特に力を入れている様子です。
    中でも洋食器がメインとなっており、買取対象ブランドはどこよりも豊富なので、ブランド物の洋食器を売るならまずここを選んで間違いないでしょう。
    また、福ちゃんは骨董品や着物など鑑定の難しい品も扱っているので、食器の買取に関しても全く問題はないと思います。
    事実、福ちゃんのイメージモデルを務める中尾彬さん、池波志乃さんご夫妻も福ちゃんで食器買取をしているので買取価格の高さはお墨付きです。
    その他、福ちゃんでは骨董品などと合わせてまとめ売りすれば、買取金額が10%アップするキャンペーンも行っているので、より高価買取が期待できます!
  2. 日晃堂
    ★★★★★
    • ブランド食器なら使用済みやキズ・汚れのある物、箱無しでも買取OK
    • ひび割れや欠けがあっても買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • ブランド食器の買取金額10%アップキャンペーン実施中!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~20:00 年中無休
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    日晃堂は骨董品専門の買取業者ですが、ブランド洋食器・和食器からアンティーク食器などの陶器の買取も行っています。
    こちらのお店は骨董品を専門に扱っているという特徴から、特に有田焼などの和食器やアンティーク食器といった古美術的価値がある食器の買取が強いです。
    もちろん洋食器の鑑定技術も高いので、洋食器と和食器をまとめて売りたい時には非常におすすめの業者と言えます。
    現在はブランド食器の買取10%アップキャンペーンを行っているので、この機会を利用すれば何十万円という買取価格になる可能性もあります!
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    • 使用済みやキズ・汚れのある物でも買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料LINE査定あり
    • 出張費用無料
    • 女性のお客様のみ、女性査定員の指名が可能
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 365日・24時間受付
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)

名作絵画をベースにした貫禄漂う静岡県の地方自治法施行60周年記念貨幣

静岡県は、首都東京とはまた違った意味で日本を代表する県のひとつといえるでしょう。
なぜなら、日本一の高さでお馴染みの、富士山で有名であるためです。
実際は、北部で隣接している山梨県側からも臨めるのですが、やはり全国的な印象としては富士山=静岡県といった具合でしょう。
高さだけでなく、シルエットの美しさ、そして古くから信仰の対象とされているだけに、神々しさすら感じられてなりません。

そんな富士山で知られる静岡県だけに、地方自治法施行60周年記念貨幣にもやはり描かれています。
ひと目見るだけで静岡県の地方自治法施行60周年記念貨幣と窺えるため、記念貨幣として何とも魅力的です。
「一富士二鷹三なすび」という縁起の良い初夢にも数えられる通り、幸運の対象としても知られています。
そのため、静岡県の地方自治法施行60周年記念貨幣は持っているだけで運を高められる、そんなラッキーアイテムとしても役立つかもしれません。

また、静岡県の地方自治法施行60周年記念貨幣は他県のものと少し趣向が異なります。
千円銀貨幣においては、歴史的に名前を残す日本の名画家の描いた、実際の絵をデザインに採用しているためです。
もちろんモチーフは、富士山に他なりません。
雲間から頭を出す群青富士は、平面的なタッチであるにもかかわらず、とてもリアルな印象を感じさせます。

もう一方の地方自治法施行60周年記念貨幣であるバイカラー・クラッド通貨については、富士山以外にもうひとつ静岡県らしさを取り入れています。
同じ富士山でも、茶畑越しに眺める富士山をデザインしています。
茶畑もまた、静岡県の象徴的な存在に他なりません。
全国的にも有数の茶葉の産地であり、なおかつ質が高いことで有名です。
富士山の背景と相まって、何とも静岡県らしい印象を感じさせます。

またこちらは、金銀のバイカラー仕様です。
高級感が漂っており、良い意味での重厚さを感じさせます。
千円銀貨幣とセットで手に入れても、きっと高い満足度が得られるでしょう。

静岡市にて考える大事な古銭の管理方法

静岡県静岡市は、県の中央部を縦断する形で広がる縦長の市です。
約1,410キロ平米と県内でも有数の広大さを誇っており、存在感があります。
2005年に岐阜県高山市が9町村合併をおこなうまでは、堂々の日本一広い市でもあったほどです。
また広さだけでなく、人の賑わいも印象的です。
政令指定都市に属する県庁所在地だけに、約70万人の人々が暮らしています。
静岡県らしい自然溢れる雰囲気を体感しつつも、都市的で便利な生活が送れることでしょう。

静岡県静岡市といえば、やはり茶葉生産が外せません。
本山、やぶきたといった高品質でおなじみの静岡茶が、盛んに生産されています。
県内のみならず全国的に高い評価を得ており、日本の茶文化において欠かせない産業といえるでしょう。
またその他にも、石垣いちごやわさび、温州みかんといった農作物も、豊かな自然を活かして作られています。

食文化においては、庶民的な味わいが人気を博しています。
たとえば、静岡おでんです。
一般的なおでんと異なり、味噌や青のり、出汁粉をつけて食べるのが特徴的となっています。
食文化への浸透度合いは大きく、それこそ駄菓子屋のおやつとしても好まれているほどです。
その他、くしに刺した具材を揚げたフライ、餃子、とろろ汁なども有名です。

庶民的な文化が魅力とはいえ、いつ何どきも、やはり先立つものは欠かせません。
急に入用なタイミングができたので、大事な古銭コレクションを売りたい、そんな瞬間もでてくるでしょう。
古銭買取は、状態の良し悪しで価値が大きく変わってきます。
有効な管理方法を知っておきましょう。

たとえば、コインホルダーです。
コインのためのケースは、古銭にももちろん適しています。
量があってもきれいに整理しておけるので、保管の手間においても魅力的でしょう。
また、状態を保つ上では密封性も欠かせません。
酸化を防ぐことに、繋げられるためです。
チャック付きポリ袋やクリップシーラーを活用すると、より良い保管環境に繋げられます。
その他、それらを置いておく場所は、適度な換気をおこなうことも忘れてはなりません。

傷みやすい骨董品を長持ちさせるにはどうすれば良いの?

骨董品のお手入れと聞くと、少し不思議に思えるかもしれません。
古いからこそ価値を有するのが骨董品ですから。
きれいにしてしまうとそんな味わいをなくしてしまうような印象も覚えることでしょう。
汚れや泥、さびなどもまた魅力、そんな品も中にはあるでしょう。
ですが、それでもなお骨董品はお手入れが欠かせません。

骨董品は、現代ほど耐久性にこだわられていません。
そのため、酸化や紫外線、腐食が進むと、壊れてしまう可能性もあります。
また、古びた印象が味わい深いといっても、程度というものがあるでしょう。
理想的な状態を保つためにも、正しい方法でおこなうお手入れは重要です。

また、骨董品は個人で愛でるだけでなく、いち資産としても魅力的です。
買取に出すことで、結構な現金が手に入れられる可能性にも期待がもてます。
ですが、状態が悪いと目に見えて価値は下がってしまいます。
買取時の価値を下げないためにも、やはりお手入れにはこだわるべきです。

たとえば絵画なら、温度管理が大切です。
数ある骨董品の中でも取り扱いが難しいのが絵画です。
塗料が溶けたりひび割れてしまうと、一気に見栄えは落ちてしまうことでしょう。
理想としては、18~20度で、湿度が50~60程度が保てるよう意識してください。
また、直射日光を避けることも忘れてはなりません。

掛け軸ともなると、さらに気を付けるべきです。
水滴や花粉、直射日光、またエアコンの風が直接当たらないようにするなど、管理を徹底しましょう。
収納時には、傷やしわがつかないようやさしく巻く、またウコン染めの裂を巻くといった工夫がおすすめです。

茶道具や陶器もまた、お手入れが大事な部類に入るでしょう。
これらは観賞用だけでなく、実用として役立てるケースも少なくないため、汚れの定着に注意しなくてはなりません。
陶器は、吸水性の高い素材であるためです。
ポイントは、適度な煮沸ややさしい質感のスポンジを使ったお手入れです。
貴重な骨董品を煮沸するとなると、少々不安も感じるかもしれませんが、上質な陶器は古いものでもしっかり作られているので比較的安心です。