おすすめ買取業者を見る

不要な骨董品が高く売れる!
長年使っていなかった
骨董品を簡単&手間なく
高価買取
してもらう方法をご紹介します。

イチオシ!オススメ骨董買取業者

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高い業者をご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • シミや汚れ、キズがあるものでも査定OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 出張費用、宅配キット無料
    • 着物やブランド品などと合わせてまとめ売りすると買取金額10%アップ
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取・店頭買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※宅配買取の品物返送時送料はお客様負担(着払い)
    福ちゃんは着物や切手、ブランド品、貴金属などの古物商品の買取を行っている総合リサイクル業者ですが、ブランド食器の買取には特に力を入れている様子です。
    中でも洋食器がメインとなっており、買取対象ブランドはどこよりも豊富なので、ブランド物の洋食器を売るならまずここを選んで間違いないでしょう。
    また、福ちゃんは骨董品や着物など鑑定の難しい品も扱っているので、食器の買取に関しても全く問題はないと思います。
    事実、福ちゃんのイメージモデルを務める中尾彬さん、池波志乃さんご夫妻も福ちゃんで食器買取をしているので買取価格の高さはお墨付きです。
    その他、福ちゃんでは骨董品などと合わせてまとめ売りすれば、買取金額が10%アップするキャンペーンも行っているので、より高価買取が期待できます!
  2. 日晃堂
    ★★★★★
    • ブランド食器なら使用済みやキズ・汚れのある物、箱無しでも買取OK
    • ひび割れや欠けがあっても買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • ブランド食器の買取金額10%アップキャンペーン実施中!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~20:00 年中無休
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    日晃堂は骨董品専門の買取業者ですが、ブランド洋食器・和食器からアンティーク食器などの陶器の買取も行っています。
    こちらのお店は骨董品を専門に扱っているという特徴から、特に有田焼などの和食器やアンティーク食器といった古美術的価値がある食器の買取が強いです。
    もちろん洋食器の鑑定技術も高いので、洋食器と和食器をまとめて売りたい時には非常におすすめの業者と言えます。
    現在はブランド食器の買取10%アップキャンペーンを行っているので、この機会を利用すれば何十万円という買取価格になる可能性もあります!
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    • 使用済みやキズ・汚れのある物でも買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料LINE査定あり
    • 出張費用無料
    • 女性のお客様のみ、女性査定員の指名が可能
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 365日・24時間受付
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)

貴重な歴史を有する島根県の地方自治法施行60周年記念貨幣

山陰地方の西部、本州西端近くで横長に伸びる県が島根県です。
広く日本海に面しているほか、主要な離島のひとつである隠岐の島と擁しています。
そんな海と関係の深い県であることから、やはり水産業が盛んとなっています。
2010年の調査においては、ベニズワイガニとブリの漁獲量が全国1位、またアジについても2位を記録しているほどです。

そして忘れてはならないのが、歴史的な観点からみる島根県です。
まず全国的に名高い文化財として、出雲大社が挙げられます。
日本の仏教における中心地となっており、神無月には全国の神様がこの出雲大社に集結するといわれています。
そのため、他県でいうところの神無月は、島根県のみ神有月と呼ばれることもあるそうです。

また、石見銀山遺跡についても貴重な歴史を有しています。
こちらについては、特に記憶に新しいかもしれません。
というのも、「石見銀山遺跡とその文化的景観」という定義において、2007年に世界文化遺産として登録されているためです。
戦国時代後期から江戸時代前期に最盛期を迎えた、かつての日本最大の銀山でした。
現在は閉山していますが、島根県大田市に今も遺産として管理されています。

地方自治法施行60周年記念貨幣においても、やはり島根県は歴史的な方向性からデザインが作られています。
前述の石見銀山もそのひとつで、千円銀貨幣の中心に、産出した銀にて当時作られた御取納丁銀があしらわれています。
銀貨に銀のデザインとなると、少し印象が淡くなりそうなところですが、背景に県花である牡丹を鮮やかに描いているので問題ありません。
落ち着きある、大人なデザインに仕上がっています。

もうひとつの地方自治法施行60周年記念貨幣である五百円クラッド貨幣も、やはり歴史に焦点を当てられています。
島根県雲南市の加茂岩倉遺跡から出土した、貴重な銅鐸を描いています。
さらに背景も、同遺跡で見つかった銅鐸の文様や絵画になっています。
小さな貨幣に、加茂岩倉遺跡の魅力がぎゅっと凝縮されている印象です。

複数の見どころ擁する島根県松江市と古銭保管のコツ

山陰地方日本海側で斜めに伸びる島根県の、離島を除いた北端に位置するのが松江市です。
複雑に入り組んだ海岸線のほか、宍道湖、大橋川に囲まれていることから、複雑な地形となっています。
水辺の景色が印象的なスポットを多く有するため、水の都とも呼ばれています。
それを理由に、水郷水都全国会議における第一回会議の舞台として選ばれたこともあるほどです。

有名な出雲大社は出雲市に位置していますが、松江市にもまた多くの歴史的遺産が点在しています。
たとえば、松江城についてです。
現在も県庁所在地として島根県の中心的な役割を担っていますが、かつてもまた松江城下町として栄えていました。
歴史を語る貴重な遺産にして、周囲に遮るもののない美しい景観を誇ることから、国の史跡に指定されています。

さらには、松江城天守が国宝に、そして出雲玉作史跡公園における玉作跡は国の史跡、出土品は重要文化財に選ばれているなど、県庁所在地としてだけでなく、歴史的観点からも貴重な市となっています。
遺跡のほか、神社や博物館、自然が堪能できる見どころも少なくありません。

重要文化財クラスの遺産ともなるとさすがに個人では手が出ませんが、古銭であれば気軽に歴史ロマンを楽しむことができます。
時代それぞれで異なるデザインには、歴史の背景すらイメージされてなりません。

ですが、そんな古銭を保管するときには少し注意が必要です。
保管方法ひとつで、価値を下げてしまうかもしれないためです。
おすすめは、市販のコレクション用ケースです。
手軽に手に入れられるケースとなると、少し頼りない印象かもしれませんが、安心してください。
高温多湿やカビ、錆といった問題を防ぐ上で効果的な存在となってくれます。

またクリーニングしたい場合には、重曹水を使った煮沸、超音波洗浄機による洗浄が有効です。
薬品や機械を使うのは少し不安かもしれませんが、これらは優しい刺激において汚れが落とせるのでおすすめです。

素人が苦労させられがちな骨董品の見極めポイントを知る

骨董品の価値を知る方法といえば、やはり鑑定士にみてもらうというのが基本です。
確かな知識と経験、肥えた目によって、骨董品の正確性高い価値を見極めてくれます。
ですが、本当に有名な鑑定士にみてもらうとなると、予約や予算などの問題もあり、素人にはなかなか依頼しにくく感じられてしまうものです。

より手軽な鑑定方法としては、買取店における査定が挙げられるでしょう。
鑑定とはまた少し毛色が異なりますが、同じくプロとしての知識や技術によって、相場に見合った買取価格を割り出してくれます。
納得いく金額を提示されるようであれば、そのまま手放すという選択肢もありでしょう。

では、骨董品の価値を知るには、やはりこういった専門家の力を借りなければならないのでしょうか。
最終的には鑑定してもらうといえ、ひとまず個人でも大まかな価値を知っておきたいところです。
ですが、安心してください。
個人でも、ある程度の価値を見極めることは可能です。

たとえば、作家名についてです。
同じような骨董品が2つ並んでいても、作家が違えば価値は大きく異なるかもしれません。
それこそ、数百円と数千万円といった違いすらでてくるほどです。
調べ方としては、共箱やふたの裏、作品の裏側などに、落款や銘を探してください。
有無を知るだけでも、期待値の設定は変わってくるでしょう。
さらに誰のものかまで知れれば、正確性も高まります。

また、古さもポイントとなってきます。
ただ古ければ良いというわけでもありませんが、古いものになればなるほど、現代に残っている確率は絞られます。
それにより、希少性も高まることでしょう。
骨董品業界では、この希少性が価値を大きく左右します。
落款や銘の近くに、制作年代が記されていることもあるので、チェックしてみましょう。

素材についても、注目点となってきます。
金や銀、象牙、血赤珊瑚といったものを使った骨董品は、数十~数百万円の価値になることも少なくありません。
上質な素材というのは、素人でも何となく察することができるものです。
見極めポイントのひとつとして、覚えておいてください。