おすすめ買取業者を見る

不要な骨董品が高く売れる!
長年使っていなかった
骨董品を簡単&手間なく
高価買取
してもらう方法をご紹介します。

イチオシ!オススメ骨董買取業者

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高い業者をご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • シミや汚れ、キズがあるものでも査定OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 出張費用、宅配キット無料
    • 着物やブランド品などと合わせてまとめ売りすると買取金額10%アップ
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取・店頭買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※宅配買取の品物返送時送料はお客様負担(着払い)
    福ちゃんは着物や切手、ブランド品、貴金属などの古物商品の買取を行っている総合リサイクル業者ですが、ブランド食器の買取には特に力を入れている様子です。
    中でも洋食器がメインとなっており、買取対象ブランドはどこよりも豊富なので、ブランド物の洋食器を売るならまずここを選んで間違いないでしょう。
    また、福ちゃんは骨董品や着物など鑑定の難しい品も扱っているので、食器の買取に関しても全く問題はないと思います。
    事実、福ちゃんのイメージモデルを務める中尾彬さん、池波志乃さんご夫妻も福ちゃんで食器買取をしているので買取価格の高さはお墨付きです。
    その他、福ちゃんでは骨董品などと合わせてまとめ売りすれば、買取金額が10%アップするキャンペーンも行っているので、より高価買取が期待できます!
  2. 日晃堂
    ★★★★★
    • ブランド食器なら使用済みやキズ・汚れのある物、箱無しでも買取OK
    • ひび割れや欠けがあっても買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • ブランド食器の買取金額10%アップキャンペーン実施中!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~20:00 年中無休
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    日晃堂は骨董品専門の買取業者ですが、ブランド洋食器・和食器からアンティーク食器などの陶器の買取も行っています。
    こちらのお店は骨董品を専門に扱っているという特徴から、特に有田焼などの和食器やアンティーク食器といった古美術的価値がある食器の買取が強いです。
    もちろん洋食器の鑑定技術も高いので、洋食器と和食器をまとめて売りたい時には非常におすすめの業者と言えます。
    現在はブランド食器の買取10%アップキャンペーンを行っているので、この機会を利用すれば何十万円という買取価格になる可能性もあります!
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    • 使用済みやキズ・汚れのある物でも買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料LINE査定あり
    • 出張費用無料
    • 女性のお客様のみ、女性査定員の指名が可能
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 365日・24時間受付
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)

琵琶湖をテーマにした滋賀県の地方自治法施行60周年記念貨幣

全都道府県の中でも特に特徴的な滋賀県は、近畿地方北部に位置しています。
滋賀県の特徴は、日本地図をおおざっぱに見るだけでも簡単に察することができるでしょう。
県中心部に堂々と鎮座する、琵琶湖が存在感を放っているためです。
そのため滋賀県の旧名は、近つ淡海という意味の「近江」に、そして別称として湖国といった名称があてられています。
琵琶湖こそが、滋賀県の象徴的存在となっているのです。

そんな理由から、やはり地方自治法施行60周年記念貨幣に関しても琵琶湖をテーマにしたものとなっています。
たとえば千円銀貨幣は、まさに琵琶湖づくしとも呼べるような構図です。
まず、滋賀県という県名の上部左端には、琵琶湖全体のシルエットが描かれています。
他県であれば間違いなく県そのもののシルエットがもちいられそうなところですが、滋賀県についてはやはり琵琶湖なのです。

次に背景ですが、水平線まで続く広大な湖面と、幻想的な浮御堂がリアルに描かれています。
海のような広大さと、湖ならではの静けさ、この2点合わさる風景は、まさに琵琶湖ならではです。
広く海に面した日本とはいえ、この趣はそうそう味わえません。

インパクトある琵琶湖のシルエットと広大な湖面風景、この2点の手前には印象ががらりと異なるかわいらしいモチーフが配置されています。
親子の水鳥が、仲睦まじく水面に浮いている様子です。
この水鳥はカイツブリという鳥で、滋賀県の県鳥に指定されています。
琵琶湖のインパクトとかわいらしいカイツブリの親子が織りなすギャップは、貨幣という小さなスペースにもかかわらず見事なストーリー性を表現してなりません。

もうひとつの地方自治法施行60周年記念貨幣である五百円クラッド貨幣については、少々マニアックな出来栄えとなっています。
千円銀貨幣に近い風景デザインをもちいることが多いのですが、滋賀県のものは何と3匹の魚だけで構成されています。
琵琶湖の固有種である、ビワコオオナマズとニゴロブナです。
本物の滋賀県ファン、琵琶湖ファンにのみ伝わるようなマニアックさが、コレクターにはたまらないのではないでしょうか。

滋賀県の県庁所在地大津市と人気古銭を紹介

滋賀県は、中央に琵琶湖を置く縦に長い長方形のような形状です。
湖を中心とした特徴的な県であることから、各地域を湖東・湖西・湖南・湖北といった具合に分けています。
他県民からすれば、かなり珍しく感じられることでしょう。
その中でも大津市は、湖西寄りのやや南側に位置しています。
琵琶湖の南西に沿うように約465キロ平米が広がっており、県庁所在地としての役割を果たしています。

大規模な湖に隣接しているとなると、気になるのが水害ではないでしょうか。
こと日本は、全国各地津波や大雨など何かと水の災害が起こりやすい国です。
滋賀県ともなればなおさらかもしれません。
ですが大津市に関してはその真逆で、全国的にみても災害にあまり遭っていないという歴史を有しています。
水害のみならず、地震や戦争被害についても少なかったそうです。

それにより特徴となっているのが、多くの文化財や史跡、名勝が現存しているということです。
1350年以上の歴史をもつ古都だけに、いずれも見ごたえが感じられてなりません。
世界文化遺産の延暦寺や、園城寺、日吉大社など、日本の奥深さを感じさせる古社寺に恵まれています。

災害に遭いにくい土地であったことは、各家庭の資産においても良い影響を与えていることでしょう。
先祖代々受け継がれる貴重な骨董品なども、比較的良い保存状態で受け継がれているかもしれません。
もし古銭を持っているのであれば、魅力的な資産価値があることも期待できます。
人気古銭ともなれば、高い評価で査定されるかもしれないためです。

たとえば「[日本銀行券A号]二宮1円」は、高い期待値を設定できます。
通常は150円くらいが相場ですが、珍しい通し番号やエラープリントのものであれば、10~50万円に上る場合もあります。
レアリティの向上により、価値が跳ね上がるのです。

また、謎めいた魅力をもつ「元和通宝」も高評価です。
江戸時代に慶事記念用に作られたといわれており、現存数が少なく同じく10~50万円ほどの査定に期待できます。
とにかく、古銭はレアリティによって人気が大きく左右されます。
珍しい古銭が代々伝わっているようであれば、効率的な資産形成方法として売却を検討しても良いかもしれません。

扱いの難しい陶器や磁器におけるお手入れのコツ

日本の良さが凝縮されたような、味わい深い陶磁器を好む人は、少なくないでしょう。
上質な骨董品ともなると、硬い質感であるにもかかわらず、なぜかやわらかくそして生命力すらも感じさせます。
日本国内はもちろん、海外の目の肥えた人々にも古くから高い人気を誇ります。
観賞用としてはもちろん、実際の食器などとしても重宝できます。

ですが、上質な骨董品を実用するともなれば、お手入れについても気を遣わなくてはなりません。
特に食器の場合、食べ物の汚れや色素が染みついてしまうと、せっかくの上質さも台無しとなってしまいます。
日ごろから、正しいやり方でお手入れをしておきたいところです。
焼き物は色や水分を吸収しやすい場合もあるので、徹底した心がけをおこなってください。

まずひとつに、使用前の注意点をご紹介します。
前述の通り、焼き物は成分が染み込みやすい傾向にあります。
素材の土が、粗いためです。
そこでおすすめとなるのが、ぬるま湯で軽く洗ったのり、お米のとぎ汁で30分以上煮沸するという方法です。
米のでんぷん質により、陶器表面の細かな穴や割れ目が塞がれて、汚れの浸透を防止してくれるのです。
ただ、温度変化に弱い陶磁器については煮沸によって傷んでしまう可能性もあるので、種類によって検討してください。

使用後の汚れ落としにも、気を遣いましょう。
とにかく、陶磁器は繊細な焼き物です。
そのため、普通の丈夫な食器より丁寧に扱わなければならないのです。
まず最初に、適度な温度のぬるま湯で表面を軽く洗い流しましょう。
その後、薄めた中性洗剤を染み込ませたスポンジで、優しく汚れ落としをしてください。
このとき、やわらかいスポンジでソフトに洗うのがポイントです。

また保管についても注意しましょう。
使わず、ただ保管しておくだけでも傷むのが、陶磁器の特徴です。
洗ったあとはしっかり水気をふき取って、風通しの良いところで保管してください。
理由は、吸水性が高いためです。
磁器についてはそうでもありませんが、それでもやはり水気は嫌います。
風通しを考えて、管理してください。