おすすめ買取業者を見る

不要な骨董品が高く売れる!
長年使っていなかった
骨董品を簡単&手間なく
高価買取
してもらう方法をご紹介します。

イチオシ!オススメ骨董買取業者

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高い業者をご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • シミや汚れ、キズがあるものでも査定OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 出張費用、宅配キット無料
    • 着物やブランド品などと合わせてまとめ売りすると買取金額10%アップ
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取・店頭買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※宅配買取の品物返送時送料はお客様負担(着払い)
    福ちゃんは着物や切手、ブランド品、貴金属などの古物商品の買取を行っている総合リサイクル業者ですが、ブランド食器の買取には特に力を入れている様子です。
    中でも洋食器がメインとなっており、買取対象ブランドはどこよりも豊富なので、ブランド物の洋食器を売るならまずここを選んで間違いないでしょう。
    また、福ちゃんは骨董品や着物など鑑定の難しい品も扱っているので、食器の買取に関しても全く問題はないと思います。
    事実、福ちゃんのイメージモデルを務める中尾彬さん、池波志乃さんご夫妻も福ちゃんで食器買取をしているので買取価格の高さはお墨付きです。
    その他、福ちゃんでは骨董品などと合わせてまとめ売りすれば、買取金額が10%アップするキャンペーンも行っているので、より高価買取が期待できます!
  2. 日晃堂
    ★★★★★
    • ブランド食器なら使用済みやキズ・汚れのある物、箱無しでも買取OK
    • ひび割れや欠けがあっても買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • ブランド食器の買取金額10%アップキャンペーン実施中!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~20:00 年中無休
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    日晃堂は骨董品専門の買取業者ですが、ブランド洋食器・和食器からアンティーク食器などの陶器の買取も行っています。
    こちらのお店は骨董品を専門に扱っているという特徴から、特に有田焼などの和食器やアンティーク食器といった古美術的価値がある食器の買取が強いです。
    もちろん洋食器の鑑定技術も高いので、洋食器と和食器をまとめて売りたい時には非常におすすめの業者と言えます。
    現在はブランド食器の買取10%アップキャンペーンを行っているので、この機会を利用すれば何十万円という買取価格になる可能性もあります!
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    • 使用済みやキズ・汚れのある物でも買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料LINE査定あり
    • 出張費用無料
    • 女性のお客様のみ、女性査定員の指名が可能
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 365日・24時間受付
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)

埼玉県とはっきりわかる地方自治法施行60周年記念貨幣のデザイン

順次発行が続いてきた地方自治法施行60周年記念貨幣のうち、埼玉県は2014年の下半期に発行されることになりました。
8年をかけて発行が続いてきた中でも、後半になってくる埼玉県の記念通貨は、香川県、石川県とともに発行されています。
額面は1000円と500円で発行されており、各都道府県ごとに違いがあるため、バラエティに富んだ記念貨幣です。
中でも埼玉県は、独特の風景を織り込みながら、偉人である渋沢栄一をモチーフにしているところが特徴となりました。

渋沢栄一は、江戸末期に生まれ大正初期にかけてさまざまな経営にかかわってきた偉人です。
日本の資本主義は渋沢栄一がいなければ発展しなかったともいわれています。
中でも財閥を作らなかったことが大きな違いであり、私利を追わなかったといわれているところが、他の経営者との違いといえるでしょう。
後継者の育成も積極的におこなっていきますが、財産争いをさせないために持ち株会社まで作ったところは大きく評価されることになります。
実業界の中でも積極的に社会活動をしたことでも知られており、現代の多くの実業家から尊敬される偉人です。

一目でわかるデザインとして、埼玉県の川越の風景がデザインされているところも大きいでしょう。
川越は小江戸とも言われますが、現在でも古い町並みを残しており、当時の風情を感じることができます。
その中でも時の鐘をデザインに用いているのは、有形文化財に指定されており、埼玉県としても代表する建物であるといえるでしょう。
観光名所としてもシンボル的な位置にあり、埼玉県民であれば、だれでも知っている建物だからです。

500円バイカラー・クラッド貨幣のほうには、1000円とは対照的な現代建築物として埼玉スタジアム2002が用いられました。
サッカースタジアムとしてワールドカップでも使われた競技場です。
サッカースタジアムとしては、日本で多く見られる旧時代型の競技場ではなく、世界的にも現代なスタイルを用いた競技場となっています。
こちらも県民であれば一目でわかるデザインといえるでしょう。

古銭は埼玉県さいたま市でも銀行よりも専門店で

埼玉県の県庁所在地となったさいたま市は、まだまだ新しい都市です。
政令指定都市のひとつですが、10の行政区を設置していることからも、多くの合併によって形成されたことがわかります。
中央部に位置していますが、もともとは浦和市と大宮市、与野市が存在し合併して誕生しました。
岩槻市を取り込み非常に大きな都市になっていきますが、同時に計画されていた上尾市との合併は見送られています。

都市圏として考えた場合、東京と非常に近く、電車で30分程度で都心部に到達します。
そのため商業やサービス業での発展が著しく、製造業などの割合が極端に低い地域です。
かつては大きな工場も点在していたものの、現在ではほとんど見かけることがありません。
自然が残っている地域も限られてきており、巨大な都市形成が進んでいることがわかります。
多くの企業の本社も置かれており、東京に次ぐ副都心としての機能を形成しつつあるといえるでしょう。

古くから形成されてきた都市であるさいたま市周辺では、古銭もいろいろと取引されてきました。
価値があるものもありますし、ほとんど無価値になってしまうものまでさまざまです。
処分方法もいろいろとありますが、お金として考えた場合、銀行での交換も考えていくところでしょう。
ただし、一般の銀行ではなく、日本銀行でしか取り扱っていないことがほとんどです。
その中でも種類は限定されており、18種類しか通貨として交換することができません。

価値として考えていくと、貨幣になってくるため、額面で取り引きされていくことになります。
当然のことですがいくら古い古銭であっても違いはありません。
価値と額面は別のものになるからです。
価値を考えていくのであれば、取り引きは専門店でおこなうのがポイントになってきます。
貨幣だけではない価値が需要と供給の中で生まれてくるからです。
数十倍どころか額面の百倍以上にもなることがあるのですから、査定を受けてみるべきでしょう。

高額取引される骨董品を埼玉県でも見分けるポイントは

埼玉県でもさまざまな骨董品が取引されてきました。
中には驚くような価格で取引されているものを見かけることもあるはずです。
それだけの価値があるかどうか、判断しなければ手を出すことはできないでしょう。
直感的に良いものと思って購入することもありますが、高額になっていけば、だんだんと直感でも手がさせなくなっていきます。
高額査定される理由を埼玉県でも考えていかなければいけません。

さまざまな理由が出てきますが、高値の理由のひとつが、だれが作ったものなのかといったことです。
その人が本当に作ったものであれば、本物であるということになります。
そうなれば、高額査定が出てくるようになるでしょう。
作家物と呼ばれることがありますが、落款が推されているものや、日付や刻印、銘、サインといったものが入っていることが重要です。
そのためには、箱が必要になったりすることもありますが、そのままでは読めないことも少なくないため、専門的な知識を持っている人間の力が必要でしょう。

骨董品としての時期も大切です。
だれが作ったのかにもかかわりますが、いったいいつのものなのかによって価値が変わってきます。
理由は希少性です。
古くなればそれだけ現存しているものが少なくなってくるため、必然的に価値が上がっていきます。
いつ生産されたものなのかはっきりさせることが必要なポイントです。
ただし、古いものだから絶対に高価になるというわけでもありません。
これは偽物として大量に作られているといったこともあるからです。

同時に重要なのが何を使って作られているのかといった素材の価値になります。
高級素材を使っていることは、基本的に高価になると考えていいでしょう。
その当時希少だったもので作られたといったこともありますし、現代で見ても高額になることも珍しいことではありません。
中には時代考証的に不可能なものもあり、偽物と判断することができることさえあるため、時期が重要な意味を持つでしょう。
時代をはっきりさせることができる情報もポイントになるのは間違いないところです。