おすすめ買取業者を見る

不要な骨董品が高く売れる!
長年使っていなかった
骨董品を簡単&手間なく
高価買取
してもらう方法をご紹介します。

イチオシ!オススメ骨董買取業者

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高い業者をご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • シミや汚れ、キズがあるものでも査定OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 出張費用、宅配キット無料
    • 着物やブランド品などと合わせてまとめ売りすると買取金額10%アップ
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取・店頭買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※宅配買取の品物返送時送料はお客様負担(着払い)
    福ちゃんは着物や切手、ブランド品、貴金属などの古物商品の買取を行っている総合リサイクル業者ですが、ブランド食器の買取には特に力を入れている様子です。
    中でも洋食器がメインとなっており、買取対象ブランドはどこよりも豊富なので、ブランド物の洋食器を売るならまずここを選んで間違いないでしょう。
    また、福ちゃんは骨董品や着物など鑑定の難しい品も扱っているので、食器の買取に関しても全く問題はないと思います。
    事実、福ちゃんのイメージモデルを務める中尾彬さん、池波志乃さんご夫妻も福ちゃんで食器買取をしているので買取価格の高さはお墨付きです。
    その他、福ちゃんでは骨董品などと合わせてまとめ売りすれば、買取金額が10%アップするキャンペーンも行っているので、より高価買取が期待できます!
  2. 日晃堂
    ★★★★★
    • ブランド食器なら使用済みやキズ・汚れのある物、箱無しでも買取OK
    • ひび割れや欠けがあっても買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • ブランド食器の買取金額10%アップキャンペーン実施中!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~20:00 年中無休
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    日晃堂は骨董品専門の買取業者ですが、ブランド洋食器・和食器からアンティーク食器などの陶器の買取も行っています。
    こちらのお店は骨董品を専門に扱っているという特徴から、特に有田焼などの和食器やアンティーク食器といった古美術的価値がある食器の買取が強いです。
    もちろん洋食器の鑑定技術も高いので、洋食器と和食器をまとめて売りたい時には非常におすすめの業者と言えます。
    現在はブランド食器の買取10%アップキャンペーンを行っているので、この機会を利用すれば何十万円という買取価格になる可能性もあります!
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    • 使用済みやキズ・汚れのある物でも買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料LINE査定あり
    • 出張費用無料
    • 女性のお客様のみ、女性査定員の指名が可能
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 365日・24時間受付
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)

佐賀県の地方自治法施行60周年記念貨幣

コインコレクターやマニアのあいだで人気のあるコインはいくつもありますが、地方自治法施行60周年記念貨幣もその一つではないでしょうか。
アメリカを真似て始まったと言われているこの記念貨幣は日本全国の県がオリジナルデザインによる記念コインを発行しました。
九州佐賀県でも例外ではなく、地方自治法施行60周年記念貨幣を発行しましたが、果たして佐賀県発行のこの記念貨幣にはいったいどんなデザインが採用されたのでしょうか。

地方自治法施行60周年記念貨幣は千円銀貨幣と五百円バイカラー・クラッド貨幣があり、それぞれの県が自県の強みや魅力、特徴などが分かるようなデザインを採用しています。
高知県なら坂本龍馬、愛媛だとミカンなど、県の特色を上手くコインのデザインとして採用しているのです。
佐賀県はというと、同県を代表する人物である大隈重信の肖像と伊万里、有田焼を貨幣のデザインとして採用しています。

大隈重信については今さら詳しい説明は不要でしょう。
小中学校の歴史の授業でも必ず一度は習うことですし、歴史に名を残した偉大な人物ですから日本人なら知っていて当たり前の人物です。
佐賀藩士として幕末期を生き抜き、明治維新後はさまざまな要職に就いたことでも知られています。
内閣総理大臣にもなっていますし、早稲田大学の創始者としても有名です。
まさに佐賀が生んだ歴史的な人物の一人と言えるのではないでしょうか。

また、伊万里焼のデザインが採用されているのもいかにも佐賀らしさが表れています。
美しい伊万里焼のデザインは非常に特徴的ですし、その独特の美しさに魅了される方は少なくありません。
今でも伊万里焼は多くの方から親しまれていますし、佐賀の特産と言っても過言ではありません。
また、古伊万里は世界中に熱烈なコレクターがいることでも知られています。
伊万里焼が佐賀発行の記念貨幣のデザインになるのは至極当然のことと言っても良いくらいなのです。

佐賀市の情報と希少価値の高い天正菱大判金

佐賀県の県庁所在地が佐賀市です。
同県における経済と行政、文化の中心地として栄えており、現在ではバルーンの街としても知られています。
さまざまな産業が発達した佐賀市では特に農業や漁業が基幹産業として盛んですし、重工業よりも軽工業のほうが発達してきた経緯もあります。
また、現在では自動車部品産業も目覚ましい発展を遂げていますし、かつての繊維産業になり替わる産業として期待されています。

観光地や名所も豊富ですから観光産業にも一定の力を入れています。
中心市街地周辺にも数々の名所がありますし、歴史情緒あふれる古き良き街並みも随所で目にすることができるでしょう。
自然景観の名所として知られる北山ダムはこのエリアでは人気のスポットになっていますし、美人の湯として知られる古湯温泉も古くから湯治場として栄えてきました。
佐賀インターナショナルバルーンフェスタに代表される魅力的なイベントが豊富なのも特徴と言えるでしょう。

古銭でもっとも高価なものと言えばまず思い浮かぶのが大判ではないでしょうか。
大判一枚でも驚くような価値がありますし、現在でも高値で取引されています。
その大判の中でも特に価値が高いと言われているのが天正菱大判金です。
この大判は特に希少価値が高いと言われていますし、発行数が非常に少なく市場に出回ることもほとんどありません。
それゆえに取引でも大きなお金が動くことがほとんどです。

もともとこの大判は豊臣秀吉が贈呈用として鋳造させたものですし、残存するものは地球上で6枚しか確認されていません。
どこかに眠っている可能性もありますが、たったの6枚しか確認されていないことから非常に価値が高いのです。
相場は5~7千万円と言われていますし、古銭専門オークションなどでは1億円以上の値で取引されることもあります。
まさに古銭のロマンを感じることのできる大判と言えるでしょう。
一枚でも見つけることができれば一夜にして大金持ち間違いありません。

骨董品を見分けるためのポイントとは

骨董品の価値を判断してもらうには鑑定のプロに依頼するしかありません。
素人には骨董品の価値など到底分からないでしょうし、熟練の鑑定眼を持つプロにお願いしてその価値を見定めてもらう必要があります。
しかし、骨董品に精通したプロフェッショナルであっても鑑定は非常に難しいと言われていますし、時には間違った鑑定をしてしまうことがあるとも言われています。
それはいったいどうしてなのでしょうか。

まず、有名な作品や人気のある作品などは模造品を造ろうとする不埒な輩も現れますし、中にはかなり精巧に作られたものもあります。
特に最初からプロの鑑定士を騙すつもりで造られた精巧なレプリカだとよほど注意して鑑定しても間違ってしまうことがあるのです。
実際、偽物なのに本物と区別できないような造りの模造品が流通していることもありますし、何人ものプロ鑑定士が判断できないような作品も世の中には存在しています。

骨董品を見分けるポイントはいくつかありますが、まずは刻印が挙げられます。
著名な作者だと刻印やサインを作品につけていることが多いですから、それを見ることで本物かどうかを確認することが可能です。
ほかの作品のサインと同じか、違いがないかなどを確認しましょう。
文字の癖に違いがあったりする場合には偽物だと判断することができます。
一方、サインも刻印もないような作品だと本物か偽物かを判断するのは極めて難しいと言えます。

次に年代です。
作者さえ分かればいつの時代に造られたものなのか分かりますし、作品の状態から本当にその時代のものかどうかを判断することができます。
保存状態によっても変わってきますが、古い作品の割には光沢がキレイすぎる、色が新しすぎるといった部分で見抜くことができます。
また、使われている素材である程度判断することもできるでしょう。
模造されたものだと当時では用意できない素材を使っていたりすることもありますから、そこで真贋を見極めることができます。