おすすめ買取業者を見る

不要な骨董品が高く売れる!
長年使っていなかった
骨董品を簡単&手間なく
高価買取
してもらう方法をご紹介します。

イチオシ!オススメ骨董買取業者

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高い業者をご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • シミや汚れ、キズがあるものでも査定OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 出張費用、宅配キット無料
    • 着物やブランド品などと合わせてまとめ売りすると買取金額10%アップ
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取・店頭買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※宅配買取の品物返送時送料はお客様負担(着払い)
    福ちゃんは着物や切手、ブランド品、貴金属などの古物商品の買取を行っている総合リサイクル業者ですが、ブランド食器の買取には特に力を入れている様子です。
    中でも洋食器がメインとなっており、買取対象ブランドはどこよりも豊富なので、ブランド物の洋食器を売るならまずここを選んで間違いないでしょう。
    また、福ちゃんは骨董品や着物など鑑定の難しい品も扱っているので、食器の買取に関しても全く問題はないと思います。
    事実、福ちゃんのイメージモデルを務める中尾彬さん、池波志乃さんご夫妻も福ちゃんで食器買取をしているので買取価格の高さはお墨付きです。
    その他、福ちゃんでは骨董品などと合わせてまとめ売りすれば、買取金額が10%アップするキャンペーンも行っているので、より高価買取が期待できます!
  2. 日晃堂
    ★★★★★
    • ブランド食器なら使用済みやキズ・汚れのある物、箱無しでも買取OK
    • ひび割れや欠けがあっても買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • ブランド食器の買取金額10%アップキャンペーン実施中!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~20:00 年中無休
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    日晃堂は骨董品専門の買取業者ですが、ブランド洋食器・和食器からアンティーク食器などの陶器の買取も行っています。
    こちらのお店は骨董品を専門に扱っているという特徴から、特に有田焼などの和食器やアンティーク食器といった古美術的価値がある食器の買取が強いです。
    もちろん洋食器の鑑定技術も高いので、洋食器と和食器をまとめて売りたい時には非常におすすめの業者と言えます。
    現在はブランド食器の買取10%アップキャンペーンを行っているので、この機会を利用すれば何十万円という買取価格になる可能性もあります!
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    • 使用済みやキズ・汚れのある物でも買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料LINE査定あり
    • 出張費用無料
    • 女性のお客様のみ、女性査定員の指名が可能
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 365日・24時間受付
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)

西の主要エリア大阪府の地方自治法施行60周年記念貨幣について

日本には、二大都市と称される2つの都市があります。
ひとつは、いわずと知れた首都東京、そしてもうひとつは、西の要所である大阪府です。
近年では大阪都構想なるものも話題に挙げられるなど、東京都にも負けず劣らずの存在感を誇ってきています。
事実、中心的なエリアである大阪や梅田と呼ばれる地域は、近代発展の著しさが感じられてなりません。

また、独特の文化をもつ地域としても有名です。
方言や食文化、そして歴史まで、他の都道府県にはない味わい深さが特徴的です。
活気溢れるノリの良い気質は、大阪府を訪れたことがない人にも広く知られています。
また外国人の訪れる旅行先としても、近年注目を集めています。
国内外問わず、注目度の高まりが印象的です。

そんな大阪府の地方自治法施行60周年記念貨幣は、伝統的な仕上がりとなっています。
特に目を引くのは、鮮やかなカラーが印象的な千円銀貨幣でしょう。
カラーの良さを存分に活かし、大阪文化をリアルに表現しています。

採用されているデザインとしては、まず背景に大阪城が描かれています。
安土桃山時代に建てられた、ときの将軍豊臣秀吉のお城です。
現代でも立派に遺されており、大阪府の誇る代表的な観光名所のひとつとなっています。
伝統的な形状ながら、鮮やかなミントグリーンをした瓦屋根が何とも爽やかでなりません。
そんな大阪城が、カラーでリアルに再現されています。

そして手前には、もうひとつの大阪らしい存在である、文楽における人形浄瑠璃が描かれています。
現在、大阪府以外でも催されていますが、成立地は大阪府に他なりません。
日本の伝統芸能にして重要文化財ともなっているだけに、気品あるたたずまいを感じさせます。

鮮やかさが魅力の千円銀貨幣とは対照的に、もうひとつの地方自治法施行60周年記念貨幣であるクラッド貨幣は落ち着いた雰囲気に仕上げられています。
仁徳天皇陵古墳をダイナミックに描いており、崇高な印象です。
古墳そのものだけでなく、周囲の木々まで再現されているのがポイントでしょう。
いずれの地方自治法施行60周年記念貨幣も、大阪府らしさを感じさせてなりません。

二大都市の一角大阪市と寛永通宝の魅力について

縦に長い形状の大阪府において、ほぼ中心西寄りに位置しているのが大阪市です。
府内でも有数の大きさを誇っており、約225キロ平米の面積となっています。
都心9区を中心に複数の区域に分かれており、それぞれに特色を有しています。
その中でも北区、浪速区においては発展が著しく、高層ビルや先端施設が多数立ち並んでおり、もはや近未来感すら感じられてなりません。
人口密度はキロ平米あたり約12,000人にも及んでおり、全国の都市でもトップクラスの賑わいを誇ります。

古くから天下の台所とも謳われている通り、食文化の発展した都市でもあります。
お好み焼きやたこ焼き、串カツなど、所狭しと飲食店が並んでおり、大阪市民はもちろん、観光客の舌をも楽しませてなりません。
小麦粉を使った料理が多いことから、粉ものの街としても知られています。

また、交通網の整った都市でもあります。
JRや地下鉄、阪神電鉄、近鉄、京阪、阪急など、それこそ車がなくても気軽に生活が送れるほどです。
温暖化対策や安全向上、地域発展を理由に、車移動を減らして公共の乗り物を役立てるという企業も増えてきているようです。

歴史的にみても魅力的な大阪市だけに、時代劇の舞台になることも少なくありません。
そんな時代劇で使われる貨幣として、寛永通宝が有名です。
長期に亘り流通され続けた通貨だけに、古銭の代表格のような位置づけでもあるでしょう。
寛永3年に作られたという説が有力であり、江戸時代、そして幕末にかけて鋳造され続けました。

中央に四角い穴が開いており、いわゆる穴銭に分類されます。
古銭には穴が四角のものが少なくありませんが、これは加工が比較的簡単であったためといわれています。
現代でこそ硬貨の穴は丸が基本ですが、現代の技術あってこそに他ならないのです。

古銭としての価値は、あまり高くないのが実際のところです。
貴重な古銭に他なりませんが、比較的多く見つかっているためです。
ただ、中でも希少性の高い島屋文や二水永といった種類については、プレミアが期待できます。

どんな特徴があるの?中国骨董品の買取相場をチェック

数ある骨董品の中でも、中国で作られたいわゆる中国骨董品は、高い価値を有しています。
緻密かつ華やかな独特のデザインは、他国にはまずない個性といえるでしょう。
日本人においても、愛好家は少なくありません。
ではいったい、どのような買取相場となっているのでしょうか。

中国骨董品を語る上では、基準を知ることが大切です。
まず近年入ってきた中国骨董品については、比較的抑えめの相場となっています。
一方でかなり高く見積もられるのが、20年以上前に入ってきたものです。
理由は、2007年に中国の国家文物局が改訂した、「中国文物の海外持ち出し基準」が影響しているためです。
これに伴い、20年以上前のものは、従来品の数倍にも及ぶ買取相場となっています。

また、日本で中国骨董品を購入するのは日本人だけでもありません。
実は、中国の人々もまた好んで購入しています。
中国にはコピー品が多く出回っているため、こだわって骨董品を手に入れたいと思っても偽物をつかまされる可能性があるそうです。
一方で日本には、実績のある鑑定士が見極めた、良質な品が多く売られています。
さらには、近年外国人旅行者への配慮も理由となっています。
海外からの観光客が楽しみやすいよう、案内表示や旅行プランなど、あらゆる点で工夫が凝らされています。
こうした理由から、いわゆる爆買い中国人が増加することで、ますます需要は高まってきているのです。

査定のポイントとしては、たとえば作家名が挙げられます。
中国骨董品そのものも去ることながら、中国のどの作家が作ったものかという点も、重要な査定ポイントに他なりません。
そのため、もし手持ちの中国骨董品の売却を検討しているのであれば、事前に作家名を調べておくと良いでしょう。
鑑定士への、大きなアピールとなるはずです。

その他、コンディションや付属品といった、基本的な点も重要となってきます。
古さという魅力を有する骨董品ですが、やはり状態が良いに越したことはないのです。
そのため、売却を検討しはじめたら、早い段階で査定に出すことをおすすめします。