おすすめ買取業者を見る

不要な骨董品が高く売れる!
長年使っていなかった
骨董品を簡単&手間なく
高価買取
してもらう方法をご紹介します。

イチオシ!オススメ骨董買取業者

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高い業者をご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • シミや汚れ、キズがあるものでも査定OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 出張費用、宅配キット無料
    • 着物やブランド品などと合わせてまとめ売りすると買取金額10%アップ
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取・店頭買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※宅配買取の品物返送時送料はお客様負担(着払い)
    福ちゃんは着物や切手、ブランド品、貴金属などの古物商品の買取を行っている総合リサイクル業者ですが、ブランド食器の買取には特に力を入れている様子です。
    中でも洋食器がメインとなっており、買取対象ブランドはどこよりも豊富なので、ブランド物の洋食器を売るならまずここを選んで間違いないでしょう。
    また、福ちゃんは骨董品や着物など鑑定の難しい品も扱っているので、食器の買取に関しても全く問題はないと思います。
    事実、福ちゃんのイメージモデルを務める中尾彬さん、池波志乃さんご夫妻も福ちゃんで食器買取をしているので買取価格の高さはお墨付きです。
    その他、福ちゃんでは骨董品などと合わせてまとめ売りすれば、買取金額が10%アップするキャンペーンも行っているので、より高価買取が期待できます!
  2. 日晃堂
    ★★★★★
    • ブランド食器なら使用済みやキズ・汚れのある物、箱無しでも買取OK
    • ひび割れや欠けがあっても買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • ブランド食器の買取金額10%アップキャンペーン実施中!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~20:00 年中無休
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    日晃堂は骨董品専門の買取業者ですが、ブランド洋食器・和食器からアンティーク食器などの陶器の買取も行っています。
    こちらのお店は骨董品を専門に扱っているという特徴から、特に有田焼などの和食器やアンティーク食器といった古美術的価値がある食器の買取が強いです。
    もちろん洋食器の鑑定技術も高いので、洋食器と和食器をまとめて売りたい時には非常におすすめの業者と言えます。
    現在はブランド食器の買取10%アップキャンペーンを行っているので、この機会を利用すれば何十万円という買取価格になる可能性もあります!
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    • 使用済みやキズ・汚れのある物でも買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料LINE査定あり
    • 出張費用無料
    • 女性のお客様のみ、女性査定員の指名が可能
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 365日・24時間受付
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)

沖縄県は本当に歴史のある県

沖縄と言えば、首里城、恩納村、ちゅら海水族館、国際通りなど多くの観光名所があり常に賑わっている場所と言えるでしょう。

沖縄の地方自治法施行60周年貨幣のデザインは五百円バイカラー・クラッド貨幣は沖縄県の伝統行事である那覇大綱挽とエイサーがデザインされています。
那覇大綱挽とは那覇祭りのメインイベントであり。
1600年頃から始まったと言われている歴史ある伝統行事となっています。
国際58号線で全長200m(これはギネスにも登録されています)の大綱を東西に分かれてダイナミックに挽き合います。
多くの市民から愛されているだけでなく、観光イベントの一つとしても取り上げられています。
また無病息災のお守りと言われる枝綱を持ち帰る事もできます。
エイサーとは沖縄の盆踊りみたいなものです。
主に各地域の青年会が踊り、その型も地域によって変わってきます。
太鼓を使う「太鼓エイサー」や太鼓を使わない「手踊りエイサー」などがあります。
これが五百円記念通貨のデザインとなっています。

千円銀貨幣のデザインとしましては沖縄県の木造建築である首里城(正殿)と組踊をデザインされています。
首里城は琉球王国時代の王宮であり多くの歴史がある城となっています。
仲間由紀恵が主演されていたテンペストというドラマの舞台となっています。
世界遺産に登録されており、国内からだけでなく国外からも多くの人が集まるスポットとなっています。
組踊は沖縄の伝統芸能とされています。
琉球王朝が繁栄していた18世紀の初頭に中国と密な関係にあった沖縄は中国の使者を接待する為に作られたと言われています。
歴史のある伝統芸能であり、国の重要無形文化財にも指定されています。

地方自治法施行60周年貨幣の経緯としましては、平成24年度を迎えて沖縄が日本の政権下に復帰し40年が経つからです。
元々は一つの独立した国でありましたが、様々な事があり日本の政権下に入り平成24年には40年が経ち、その記念として作られたと言われています。

沖縄市には多くの古銭買取店がある。その中でもプレミアのある古銭とは

沖縄市は沖縄本島の中部にある沖縄県第2の都市となっており、那覇市についで2番目に人口が多い市と言われています。
また、沖縄は鉄道が少ない事で有名ですがその中でも鉄道のない市としては日本一人口が多いと言われています。

沖縄の名所はほとんど那覇市にありますが、沖縄市に多くの名所や祭事・催事があります。
名所としましてはコザ・ミュージックタウンや沖縄子どもの国、また倉敷ダムや南東植物楽園など多くの名所があり沖縄市も観光客で賑わっています。
また沖縄マラソンがあったり、沖縄国際カーニバルなどの祭り事なども行っています。

沖縄市出身の有名人としましてはDAPAMPのISSAや腹話術師のいっこく堂やISSAの姉の里中茶美がいます。
またプロバスケット選手も多く輩出している県でもあります。
沖縄のグルメとしましてはソーキそば・サーターアンダギーやゴーヤーチャンプルーなどがあり、沖縄市は名物を取り扱う老舗店が多くありグルメ通にも愛されている市でもあります。

沖縄には多くの古銭買取店があります。
特にその中でもプレミア価格の買取が行われるものがあり、それが社会の授業でも習い、時代劇にも登場したりするので誰でも見たことがある「和同開珎」というものです。

日本が独自に造った貨幣という事もあり非常に貴重なもので最低でも数万円で手に入る可能性もありますが場合によっては500万以上する場合もある超高額な古銭なんです。
ここまでの差が出る理由としましては穴銭自体が本当に古い時代のものであり良い状態で残っているものが少ないからです。

また当時の日本には安定して貨幣を造る技術はなかったので様々な書体で作られて、レアシールのような貨幣ができてしまったからです。
非常に価値があり、そのような貨幣がオークションに出品されると、一般人では手が出せない値段で取引をされます。
また和同開珎には11個の仲間の貨幣が存在しています。
和同開珎と同様にどれも工学で最高で200万園という価格で取引されたものもあるそうです。

沖縄を代表する壺屋焼の魅力と買取ポイント

壺屋焼とは素朴でありながら力強い雰囲気が特徴であり器もどっしりとした重量感の陶器です。
沖縄県那覇市の壺屋地区・読谷村周辺で焼かれており沖縄の伝統的な壺屋焼です。
琉球の方言で沖縄の焼き物の事は「やちむん」と呼び、その代表格が壺屋焼です。
庶民の日用品ではありますが、美しく彩色されています。
一見素朴に見える陶器でありますが、非常に人気があり、また価値がありますので中には数十万円で取引される壺屋焼があるとされています。
また壺屋焼の名工と言えば、人間国宝にも選ばれている金城次郎氏が有名でしょう。
2匹の魚がダイナミックに描かれており「魚文」現代でも人気があり壺屋焼と言えば魚文と言われるぐらいです。
この他にもエビや船といった沖縄らしいモチーフが人気となっています。

壺屋焼の買取を行う上での査定ポイントとしましては汚れや欠けといったものがないのはもちろんですが、魚文や海老文は高額の査定の可能性があります。
また陶磁類は新しいものよりも古いものが評価される傾向があります。
また、どれにおいても共通して言えますが作者がわかっているものや作陶された窯がわかると評価があがり買取査定額があがる可能性があります。
付属品の有無、箱や説明文がもし残っていればその分査定額がアップします。
この他にも作者の知名度も重要であり名工や人間国宝の金城次郎氏作のものであれば超高額で買い取ってくれる可能性があります。

壺屋焼の取引相場価格としましては、基本的には数千円から1万円程度と言われています。
この価格が高いか安いかは人それぞれではありますが基本的に「買い取ってくれない」という事はないでしょう。
また作者の知名度によっても買取価格は変動されますし、人気の高い魚文や海老文であれば十数万円、数百万円の値がつくこともありますので買取を考えている場合はデザインなども重要視するといいでしょう。
実用性と装飾製を兼ね備えた壺屋焼は「用の美」を体現した沖縄を代表した焼き物と言えるでしょう。