おすすめ買取業者を見る

不要な骨董品が高く売れる!
長年使っていなかった
骨董品を簡単&手間なく
高価買取
してもらう方法をご紹介します。

イチオシ!オススメ骨董買取業者

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高い業者をご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • シミや汚れ、キズがあるものでも査定OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 出張費用、宅配キット無料
    • 着物やブランド品などと合わせてまとめ売りすると買取金額10%アップ
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取・店頭買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※宅配買取の品物返送時送料はお客様負担(着払い)
    福ちゃんは着物や切手、ブランド品、貴金属などの古物商品の買取を行っている総合リサイクル業者ですが、ブランド食器の買取には特に力を入れている様子です。
    中でも洋食器がメインとなっており、買取対象ブランドはどこよりも豊富なので、ブランド物の洋食器を売るならまずここを選んで間違いないでしょう。
    また、福ちゃんは骨董品や着物など鑑定の難しい品も扱っているので、食器の買取に関しても全く問題はないと思います。
    事実、福ちゃんのイメージモデルを務める中尾彬さん、池波志乃さんご夫妻も福ちゃんで食器買取をしているので買取価格の高さはお墨付きです。
    その他、福ちゃんでは骨董品などと合わせてまとめ売りすれば、買取金額が10%アップするキャンペーンも行っているので、より高価買取が期待できます!
  2. 日晃堂
    ★★★★★
    • ブランド食器なら使用済みやキズ・汚れのある物、箱無しでも買取OK
    • ひび割れや欠けがあっても買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • ブランド食器の買取金額10%アップキャンペーン実施中!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~20:00 年中無休
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    日晃堂は骨董品専門の買取業者ですが、ブランド洋食器・和食器からアンティーク食器などの陶器の買取も行っています。
    こちらのお店は骨董品を専門に扱っているという特徴から、特に有田焼などの和食器やアンティーク食器といった古美術的価値がある食器の買取が強いです。
    もちろん洋食器の鑑定技術も高いので、洋食器と和食器をまとめて売りたい時には非常におすすめの業者と言えます。
    現在はブランド食器の買取10%アップキャンペーンを行っているので、この機会を利用すれば何十万円という買取価格になる可能性もあります!
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    • 使用済みやキズ・汚れのある物でも買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料LINE査定あり
    • 出張費用無料
    • 女性のお客様のみ、女性査定員の指名が可能
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 365日・24時間受付
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)

桃太郎伝説で知られる岡山県の地方自治法施行60周年記念貨幣

近畿地方の兵庫県、中国地方の鳥取県、広島県、さらに瀬戸内海を挟んで四国香川県と隣接する岡山県は、丸みを帯びた形状が特徴的な県です。
県庁所在地は岡山市で、県南東部に位置しています。
四方からのアクセスに適した地形であることから、古代より文化圏や交通の要衝として栄えていたそうです。
瀬戸内の快適な気候も伴って、人々に過ごしやすい環境が整っていたことも影響しています。

見どころとしては、岡山城を望める名園後楽園が挙げられるでしょう。
元禄文化を代表する庭園となっており、整えられた池や芝、木々などが気品高い空気感を演出しています。
日本三名園に数えられるほか、国の特別名勝としても指定されています。

また、童話として広く知られる桃太郎と関連深いことでも有名です。
作中にでてくるきび団子は、岡山県の旧名である「吉備」の団子のことです。
事実、江戸時代より吉備国では地元土産品として「吉備団子」が作られていたので、関連の深さが連想されます。
童話誕生以降、岡山県が進んで桃太郎伝説を取り入れた吉備団子の宣伝をおこなったことでも、知名度が高まりました。

地方自治法施行60周年記念貨幣についてですが、上記のような岡山県を代表する存在をモチーフに作られています。
たとえば、千円銀貨幣は、手前に桃太郎像を、そして背景に、岡山後楽園をデザインしています。
後楽園についてはカラーで再現されているため、美しい緑の風景や静寂な池が何とも印象的でなりません。
また桃太郎だけでなく、お供となった犬・猿・きじも同時に描かれています。
貨幣1枚から、桃太郎の勇敢な物語を描いた童話の内容までもが伝わってきてなりません。

一方五百円バイカラー・クラッド貨幣については、落ち着いた印象となっています。
後楽園の風景と、それら越しに臨める岡山城があしらわれています。
バイカラーのシンプルな貨幣と、落ち着きある景観が何ともマッチしている印象です。
歴史の重みすら伝わってくる、一点といえるでしょう。

岡山県岡山市の特色と人気の古銭和同開珎について

岡山市は、岡山県の中央南部あたりに位置する政令指定都市です。
特徴的なのが、市域についてです。
一見、縦に長い長方形の市にもみえますが、実はそれだけでもありません。
児島湾を挟んで、児島半島の北側一部についても岡山市に属しています。
児島半島はほとんどが玉野市であるため、独特な境界線の引き方が印象的に感じられます。

中心的な市であるだけに、岡山県を代表する名所も多数擁しています。
かつて吉備国であった頃の中心地となった岡山城や、日本三大名園として名高い後楽園など、見ごたえがあります。
かといって、観光客でごった返しているのかといえば、そうでもありません。
完成な田園や中山間地域が広がる郊外部も擁しており、生活の上でも魅力が感じられます。

名産としては、各種フルーツが挙げられるでしょう。
それも一般的なものでなく、高級なブランドフルーツです。
マスカット・オブ・アレキサンドリア、シャインマスカット、ニューピオーネなど、県内のみならず全国に発送されるような人気果物が多く作られています。

ブランドによって人気が高まるのは、古銭においても同様です。
古いからこその価値を有する古銭ですが、種類次第でまたさらなる価値すらつけられます。
中でも代表的なものとして、和同開珎が外せません。
日本が独自に鋳造した貨幣の初代であり、高い希少性を誇ります。
またさらに和同開珎の仲間である「皇朝十二銭」については、さらなる価値に至ることもあります。

たとえば1626年に水戸藩で作られた二水永は、2~4万円の値がつけられています。
そして1668年に亀戸で鋳造された島屋文は、さらに高い25~30万円ともなります。
さらに、状態や年代、セットの揃い具合なども合わさると、500万円以上の値がつくことすらあるそうです。

当時の鋳造技術はまだ安定的でなかったため、貨幣それぞれで仕様が異なるため、ものによって価値が大きく変わってくるのです。
もし手元に和同開珎やその仲間があるようなら、改めて特徴を見つめ直してみても良いかもしれません。

岡山県の誇る骨董品備前焼きと高名な作家について

岡山県には、県を代表する名高い焼き物が伝わっています。
岡山県備前市周辺で作られている、備前焼です。
少しでも焼き物や骨董品に詳しい人であれば、多くの人が名前を知っていることでしょう。
日本六古窯のひとつにも数えられており、日本の焼き物文化を語る上で外せません。

歴史は古く、平安時代の須恵器にルーツをもっています。
それが鎌倉時代初期に入ると、還元焔焼成により焼き締め陶が焼かれるようになり、さらに後期に入ると酸化焔焼成を使った茶褐色の陶器へと変化していきました。
現代でも一般的である茶褐色の備前焼は、この頃すでに完成されていたのです。
ただ当時は、観賞用としてではなく主に実用をメインとしていました。
落としても割れない頑丈さが売りであり、水瓶や擂鉢として重宝されていたそうです。

現代においても、実用と観賞用共に人気を博しています。
釉薬を使わない、自然の質感を色濃く残した良い意味で荒々しい陶器は、目の肥えた骨董品ファンもうならせてなりません。
もちろん、頑丈さにおいても魅力的です。

備前焼は、近代でも複数の高名な作家にて生み出され続けています。
たとえば、酒器において名高い中村六郎氏です。
酒器の神様とも称されており、徳利をはじめとした酒席でもちいる陶器をメインに作っていた作家です。
野性味があり、それでいて味わい深い質感を個性としています。

備前焼は、備前市伊部地区で盛んに作られているため、伊部焼きともいわれます。
そんな伊部の名産である伊部ゆのみやぐい呑みで有名な作家に、金重素山氏がいます。
人間国宝兼重陶陽氏の実弟にして、岡山県文化賞と文化庁長官表彰、さらに、勲四等旭日小綬章といった名誉ある叙勲を受ける高名な作家です。

また、個性的な作家として石井不老氏も忘れてはなりません。
岡山県重要無形文化財保侍者にして、「不老の赤焼」を完成させています。
赤の楽茶碗、般若心経の宝瓶といった代表作があり、朝霧焼きの技法を得意としています。