おすすめ買取業者を見る

不要な骨董品が高く売れる!
長年使っていなかった
骨董品を簡単&手間なく
高価買取
してもらう方法をご紹介します。

イチオシ!オススメ骨董買取業者

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高い業者をご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • シミや汚れ、キズがあるものでも査定OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 出張費用、宅配キット無料
    • 着物やブランド品などと合わせてまとめ売りすると買取金額10%アップ
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取・店頭買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※宅配買取の品物返送時送料はお客様負担(着払い)
    福ちゃんは着物や切手、ブランド品、貴金属などの古物商品の買取を行っている総合リサイクル業者ですが、ブランド食器の買取には特に力を入れている様子です。
    中でも洋食器がメインとなっており、買取対象ブランドはどこよりも豊富なので、ブランド物の洋食器を売るならまずここを選んで間違いないでしょう。
    また、福ちゃんは骨董品や着物など鑑定の難しい品も扱っているので、食器の買取に関しても全く問題はないと思います。
    事実、福ちゃんのイメージモデルを務める中尾彬さん、池波志乃さんご夫妻も福ちゃんで食器買取をしているので買取価格の高さはお墨付きです。
    その他、福ちゃんでは骨董品などと合わせてまとめ売りすれば、買取金額が10%アップするキャンペーンも行っているので、より高価買取が期待できます!
  2. 日晃堂
    ★★★★★
    • ブランド食器なら使用済みやキズ・汚れのある物、箱無しでも買取OK
    • ひび割れや欠けがあっても買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • ブランド食器の買取金額10%アップキャンペーン実施中!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~20:00 年中無休
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    日晃堂は骨董品専門の買取業者ですが、ブランド洋食器・和食器からアンティーク食器などの陶器の買取も行っています。
    こちらのお店は骨董品を専門に扱っているという特徴から、特に有田焼などの和食器やアンティーク食器といった古美術的価値がある食器の買取が強いです。
    もちろん洋食器の鑑定技術も高いので、洋食器と和食器をまとめて売りたい時には非常におすすめの業者と言えます。
    現在はブランド食器の買取10%アップキャンペーンを行っているので、この機会を利用すれば何十万円という買取価格になる可能性もあります!
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    • 使用済みやキズ・汚れのある物でも買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料LINE査定あり
    • 出張費用無料
    • 女性のお客様のみ、女性査定員の指名が可能
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 365日・24時間受付
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)

奈良県にて発行されている地方自治法施行60周年記念貨幣の特徴

近畿地方南部、海に面さない内陸県として奈良県が位置しています。
内陸県8県のうち、もっとも狭い約3,690キロ平米の規模となっていますが、かつての都平城京があったことでも知られており、歴史の上で重要な県といえます。
県内の特徴は、東大寺をはじめとした貴重な歴史的建造物が多数点在していることでしょう。
古都としての街並みを今なお保っており、旅行客にも人気があります。
そうした景観を維持するため、建物の高さ制限が設けられている点も特長的です。

そんな奈良県で発行されている地方自治法施行60周年記念貨幣は、やはり歴史を感じさせる仕様となっています。
近年の奈良県における一大行事といえば、平城遷都1300年が挙げられるでしょう。
一風変わったマスコットキャラクター「せんとくん」でも話題になった、歴史的節目を祝う行事です。
地方自治法施行60周年記念貨幣もまた、そんな平城遷都1300年にちなんだ絵柄が採用されています。

歴史をテーマにしているからといって、厳かで気軽に手にしにくいかといえばそうでもありません。
千円銀貨幣に至っては、平城宮跡の第一次大極殿正殿を前に、歴史的装束に身を包んだ人々が蹴鞠を楽しむほほえましい風景が描かれています。
さらに空には雲一つない青空、そして手前に奈良県の県花奈良八重桜が添えられるなど、さわやかな印象となっています。
千円銀貨幣はカラー仕上げなだけに、何とも鮮やかでなりません。
個人でコレクションをするだけでなく、旅行のお土産としても喜ばれるのではないでしょうか。

千円銀貨幣とは真逆で、クラッド貨幣については神聖な雰囲気が感じられます。
同じく平城遷都1300年にちなんだデザインなのですが、静かな水面をゆく遣唐使船の様子が描かれています。
また、東征伝絵巻の絵をモチーフとしているだけに、古代の空気感までもが窺えてなりません。
奈良県への興味がより深まるような、味わい深い貨幣といえるでしょう。

奈良県で古銭の高価買取を目指すなら

縦に長い形状の奈良県の北端付近に、奈良市は位置しています。
県庁所在地にもかかわらずなぜ端なのか、少し不思議に思えるかもしれませんが、すぐ北には京都や大阪といった大都市もあるため、各所への移動に適した位置に他なりません。
奈良県の県庁所在地を担っており、約36万人の人々が暮らしています。

奈良市の玄関口である奈良駅周辺には、奈良公園や東大寺など、徒歩でも訪れられるような名所が集結しています。
かつての都であった平城京が置かれていただけに、当時の賑わいが想像できてなりません。
また忘れてはならないのが、奈良公園の風景でしょう。
公園内には、野生の鹿がごく普通の生息しており、奈良市の象徴的な景観となっています。
日本人はもちろん、外国人観光客にも人気のスポットです。

都市名の由来は、奈良市の地形に影響を受けているといわれています。
内陸県である奈良県の奈良市は、平坦でならしたような地形をしています。
この「ならし」という表現から、奈良になったといわれているそうです。
現代は「奈良」ですが、かつては「那羅」「寧楽」「平城」などの表記も使われていました。

歴史深い奈良市であるだけに、各家庭でも伝統を重んじている家が多いのではないでしょうか。
もし古銭を大事にしているようであれば、価値を再確認してみてはいかがでしょう。
ものによっては、小さな古銭が大きな資産に化けるかもしれません。

より高く売るコツとしては、たとえば保存状態が挙げられます。
同じ古銭でも、きれいな状態であるか、それとも錆や汚れがあるかで価値は変わってきます。
日ごろからお手入れをおこなう、温度や湿度の管理を徹底するといった心がけで、古銭の価値は守られます。

また、査定に出す以前に自分で価値を理解しておくということも重要です。
買取店は、転売を商売としているため、安く買い取れた方が得に違いありません。
そのため、やはり少しでも安く買いたいというのが本音でしょう。
だからこそ、相場より安く見積もられたときに指摘できるよう、自分でも価値を知っておくことが重要となるのです。

大事な骨董品を売却!少しでも高く売りたいときの交渉テクニック

買取に期待がもてるような骨董品となれば、きっとそれなりの金額で購入したことでしょう。
それにより、愛着が湧いて長く鑑賞や実用において楽しんだという人も、多いのではないでしょうか。
そうなってくると、手放すときは少しでも高い評価をつけてもらいたいものです。

ですが、基本的に売り手側が価値を高めるというのは難しいです。
骨董品の価値を決めるのは鑑定士や査定士に他ならないわけですから、口出し無用といったところなのです。
とはいえ、まったく手立てがないかといえば、そうでもありません。
専門知識をもつ鑑定士なども、結局は人です。
心を込めて、そしてかしこく交渉をおこなうことで、査定アップにも期待がもてるかもしれません。

まず基本となるのが、最初に出してもらった見積もりで売らないということです。
交渉をすることで査定アップが期待できるにもかかわらず、提示額をそのまま鵜呑みにするのはおすすめできません。
そうした理由から、郵送買取より直接話ができる店舗持ち込みが効果的です。

次に、相場について詳しく聞き込むということです。
最終的な金額を決めるのは、鑑定士、もしくは査定士に他なりません。
ですが、基本的には市場の相場を基準とします。
そのため、この相場がどういった状況になっているか聞いてみましょう。
できるだけ安く買い取りたいとはいえ、プロである以上基本的にうそはつけません。
相場と見積もりのずれが大きいようなら、再度交渉してみても良いでしょう。

最初の見積もりを鵜呑みにしないという方法と似ていますが、じっくり話し込むというのも大事です。
慌てて買取を確定しようとすると、店側に都合のいい額に近い金額が提案されるでしょう。
ですが、しっかりコミュニケーションをとりながら品物への思い入れや魅力を語れば、印象も変わってくるかもしれません。
相手の思うつぼにならないよう、じっくり話してください。
このとき、丁寧に接するというのも重要です。
あなた自身の印象ひとつで、骨董品自体のイメージも変わってくるためです。