おすすめ買取業者を見る

不要な骨董品が高く売れる!
長年使っていなかった
骨董品を簡単&手間なく
高価買取
してもらう方法をご紹介します。

イチオシ!オススメ骨董買取業者

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高い業者をご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • シミや汚れ、キズがあるものでも査定OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 出張費用、宅配キット無料
    • 着物やブランド品などと合わせてまとめ売りすると買取金額10%アップ
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取・店頭買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※宅配買取の品物返送時送料はお客様負担(着払い)
    福ちゃんは着物や切手、ブランド品、貴金属などの古物商品の買取を行っている総合リサイクル業者ですが、ブランド食器の買取には特に力を入れている様子です。
    中でも洋食器がメインとなっており、買取対象ブランドはどこよりも豊富なので、ブランド物の洋食器を売るならまずここを選んで間違いないでしょう。
    また、福ちゃんは骨董品や着物など鑑定の難しい品も扱っているので、食器の買取に関しても全く問題はないと思います。
    事実、福ちゃんのイメージモデルを務める中尾彬さん、池波志乃さんご夫妻も福ちゃんで食器買取をしているので買取価格の高さはお墨付きです。
    その他、福ちゃんでは骨董品などと合わせてまとめ売りすれば、買取金額が10%アップするキャンペーンも行っているので、より高価買取が期待できます!
  2. 日晃堂
    ★★★★★
    • ブランド食器なら使用済みやキズ・汚れのある物、箱無しでも買取OK
    • ひび割れや欠けがあっても買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • ブランド食器の買取金額10%アップキャンペーン実施中!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~20:00 年中無休
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    日晃堂は骨董品専門の買取業者ですが、ブランド洋食器・和食器からアンティーク食器などの陶器の買取も行っています。
    こちらのお店は骨董品を専門に扱っているという特徴から、特に有田焼などの和食器やアンティーク食器といった古美術的価値がある食器の買取が強いです。
    もちろん洋食器の鑑定技術も高いので、洋食器と和食器をまとめて売りたい時には非常におすすめの業者と言えます。
    現在はブランド食器の買取10%アップキャンペーンを行っているので、この機会を利用すれば何十万円という買取価格になる可能性もあります!
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    • 使用済みやキズ・汚れのある物でも買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料LINE査定あり
    • 出張費用無料
    • 女性のお客様のみ、女性査定員の指名が可能
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 365日・24時間受付
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)

長野県の豊かな自然を表現した地方自治法施行60周年記念貨幣

記念貨幣には、一度はまると抜け出せなくなるような魅力があります。
それこそ、貨幣としての価値は二の次にして、コレクターに好まれてならないおもしろさが感じられてなりません。
イベントやその土地、土地の歴史を表現しており、その時期その場所以外で買えないような希少性を伴うものまであるなど、コレクター心をくすぐってならないのです。

長野県の地方自治法施行60周年記念貨幣は、中でも魅力的な記念貨幣といえるでしょう。
貨幣であるため、大きさは手のひらに十分収まる程度です。
にもかかわらず、そこには長野県の雄大な自然や空気まで感じられるような世界が詰め込まれているのです。
記念貨幣を好む人であれば、チェックしておいて損はないでしょう。

たとえば、カラーの千円銀貨幣です。
銀貨であるにもかかわらず、緻密な色彩まで施しているところに、何ともこだわりが感じられてなりません。
描かれているのは、国の特別名勝・特別天然記念物にも指定されている上高地の風景です。
初夏の鮮やかな木々の緑、雪の残る穂高連峰、さらには涼やかな流れが印象的な梓川など、長野県らしさが詰め込まれています。
さらには、上高地を象徴する吊り橋である河童橋も架けられており、見るたびに旅行しているような気分すら味わえることでしょう。

同記念貨幣には、もう一種、五百円バイカラー・クラッド貨幣というものもあります。
多くの県における地方自治法施行60周年記念貨幣では、千円銀貨幣に似たデザインになっていますが、長野県のものは異なります。
一風変わって静けさが漂う、国宝善光寺本堂と、説話「牛に引かれて善光寺参り」の場面を表す角に布をかけた牛が刻まれています。

クラッド貨幣は、実際の五百円玉にも似た雰囲気となっています。
一見すると普通の貨幣、だけどよく見ると貴重な記念貨幣である、そんな絶妙さがコレクター心をくすぐってならないといったところでしょう。
千円銀貨幣より発行枚数が多く、手に入れやすいのもポイントです。

長野県長野市で古銭買取を効率的におこなうポイント

長野市は、長野県の北部中央あたりに位置する面積の広い市です。
面積約835キロ平米の中に、約37万人もの人々が暮らしています。
県名がそのまま市名になっていることからも窺える通り、長野市は長野県の県庁所在地です。
全国的な知名度においては、オリンピックで有名ではないでしょうか。
1998年の長野オリンピック、そして長野パラリンピックでは、長野市内にメイン会場が置かれており、全国、さらには世界から注目を寄せられました。

冬季オリンピック舞台になったことからも分かる通り、長野市は豪雪地域でありスキー場が多く展開されています。
日本海側気候に伴い、特に北部では顕著です。
良質な雪が安定的に積もるため、毎年シーズンになると全国から愛好家が訪れています。
ですが、一方で犀川以南の南部には太平洋側気候の特色が伴うため、雪はあまり積もりません。
過去最深積雪も1946年に記録された80センチであるため、雪国に不慣れな人でも比較的過ごしやすいでしょう。

そんな長野県長野市で古銭収集を趣味にするなら、少し注意しなくてはなりません。
寒暖差の激しさは、古銭の状態に影響する場合も少なくないためです。
ではいったい、どのようなポイントを押さえて楽しむべきなのでしょうか。

まず外せないのが保管方法でしょう。
温度や湿度にあまり影響されないような場所で、保管してください。
古銭専用の箱などが用意できれば、何よりです。
また、中には価値の高いものも存在します。
盗難に遭わないよう、頑丈に施錠できる場所や箱がおすすめです。
これにより、売却時にも高い評価を得られるような良い状態が保てます。

長野県長野市特有の古銭といえば、長野オリンピック記念硬貨が代表的でしょう。
前述でも紹介している、長野市が舞台になったオリンピックの記念硬貨です。
決して単価は高くありませんが、9種類のバリエーションがあるため、種類の見極めが大切です。
特におすすめは、複数硬貨のセット売却です。
コレクターにとっての価値がより高まるので、バリエーションがあるなら揃えて査定に出しましょう。

骨董品の汚れ落としを長野県にて考える

古き良き古民家も多く残る長野県だけに、代々受け継ぐ骨董品を大事にしているような家庭も多いのではないでしょうか。
もちろん、骨董品愛好家として新たに収集して楽しんでいるという人もいるかもしれません。
ですが、骨董品の扱いというのは決して簡単ではありません。
そもそも古いわけですから、トラブルは起こりやすい状態です。
その上実用としてもちいるなら、より一層気を遣わなくてはなりません。

数ある骨董品の中でも、特に汚れを考えなければならないものがあります。
それは、食器です。
飾るだけでなく、実際の器としても使いたい、そんな人は、毎回のお手入れが欠かせません。
とはいえ、食器としての用途は決して間違いでないわけですから、かつての制作者もきっと喜んでいることでしょう。
正しいお手入れ方法を覚えて、楽しんでください。

ですが、そこまで難しく考える必要もないのが実際のところです。
普段の食器洗い、プラスひと工夫程度で気軽に実践できます。
まず基本として、食洗器は使わないでください。
機械の力で強力に洗うというのは、繊細な骨董品にとってあまりよくありません。
丁寧に手洗いできれいにしましょう。

たとえば、塩素系漂白剤をもちいた方法です。
ゴム手袋装着ののち、洗面器に水を張って塩素系漂白剤を適量加えましょう。
そして、骨董食器を1~2秒ほどだけつけます。
あとは、柔らかい布で拭き取ります。
食器をいたわりつつ、なおかつ強力な汚れ落としができるので、しつこい汚れにも効果的です。

こびりつき汚れについては、これだけで落とせないこともあります。
その場合、使用済みの歯ブラシなどを使いましょう。
同じくゴム手袋装着ののち、歯ブラシの先端に塩素系漂白剤をつけます、そしてブラシ部分で汚れを磨いて、すぐに水ですすぎます。
ポイントは、すぐにすすぐということです。
塩素系漂白剤が長時間付着すると、味わいまで劣化させる原因ともなりかねません。
汚れが落ちたら、スピーディーに洗い流してください。