おすすめ買取業者を見る

不要な骨董品が高く売れる!
長年使っていなかった
骨董品を簡単&手間なく
高価買取
してもらう方法をご紹介します。

イチオシ!オススメ骨董買取業者

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高い業者をご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • シミや汚れ、キズがあるものでも査定OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 出張費用、宅配キット無料
    • 着物やブランド品などと合わせてまとめ売りすると買取金額10%アップ
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取・店頭買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※宅配買取の品物返送時送料はお客様負担(着払い)
    福ちゃんは着物や切手、ブランド品、貴金属などの古物商品の買取を行っている総合リサイクル業者ですが、ブランド食器の買取には特に力を入れている様子です。
    中でも洋食器がメインとなっており、買取対象ブランドはどこよりも豊富なので、ブランド物の洋食器を売るならまずここを選んで間違いないでしょう。
    また、福ちゃんは骨董品や着物など鑑定の難しい品も扱っているので、食器の買取に関しても全く問題はないと思います。
    事実、福ちゃんのイメージモデルを務める中尾彬さん、池波志乃さんご夫妻も福ちゃんで食器買取をしているので買取価格の高さはお墨付きです。
    その他、福ちゃんでは骨董品などと合わせてまとめ売りすれば、買取金額が10%アップするキャンペーンも行っているので、より高価買取が期待できます!
  2. 日晃堂
    ★★★★★
    • ブランド食器なら使用済みやキズ・汚れのある物、箱無しでも買取OK
    • ひび割れや欠けがあっても買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • ブランド食器の買取金額10%アップキャンペーン実施中!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~20:00 年中無休
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    日晃堂は骨董品専門の買取業者ですが、ブランド洋食器・和食器からアンティーク食器などの陶器の買取も行っています。
    こちらのお店は骨董品を専門に扱っているという特徴から、特に有田焼などの和食器やアンティーク食器といった古美術的価値がある食器の買取が強いです。
    もちろん洋食器の鑑定技術も高いので、洋食器と和食器をまとめて売りたい時には非常におすすめの業者と言えます。
    現在はブランド食器の買取10%アップキャンペーンを行っているので、この機会を利用すれば何十万円という買取価格になる可能性もあります!
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    • 使用済みやキズ・汚れのある物でも買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料LINE査定あり
    • 出張費用無料
    • 女性のお客様のみ、女性査定員の指名が可能
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 365日・24時間受付
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)

県庁舎としては全国初の観重要建造物として選ばれた宮崎県

宮崎県は九州地方の南東部に位置する日本の県となっています。
宮崎県といえば冷や汁や宮崎牛などが有名でしょう。
この他にもチキン南蛮といった王道なものからチーズ饅頭などといった変わったグルメが取り上げられています。
美しい景色もあり、また多くの観光スポットがある事から日本国内からの観光客はもちろんですが国外からの観光客も多く、賑わっているといってもいいでしょう。

宮崎県を代表する作品としましては夏目漱石の坊っちゃん、大河ドラマで有名な龍馬伝、西村京太郎作の高千穂伝説殺人事件など宮崎県を舞台とした作品が多くあります。
この他にも単発ドラマやアニメ・特撮の舞台としても描かれています。

様々な観光スポットを持っておりまた重要伝統的建造物保存地区が3箇所選定されている事から老若男女、年齢に関係なく色々な人から愛されている県と言えるでしょう。
また宮崎県といえば県庁本庁舎が景観重要構造物に指定された事で話題となりました。
なぜなら県庁舎としては全国初であり、まさに一つの快挙とも言えるでしょう。
また宮崎県の県庁舎は年間40万人を超えるスポットとしてもされており、今でも人気の観光スポットとしてあげられているほどです。
記念通貨の発行の経緯としましては宮崎県に観光に来た一つの想い出として地方自治法施工60周年記念貨幣発行に至りました。

五百円バイカラー・クラッド貨幣のデザインとしましては表面は宮崎県を代表する県庁本館がシンプルにデザインされています。
発行枚数は174万枚となっています。
千円銀貨幣に関しましては五百円通貨と同じく宮崎県庁本館がデザインされています。
また高千穂の町で有名な夜神楽の手力雄の舞がデザインされています。
夜神楽とは天孫降臨神話で知られており、毎年11月から翌年の2月にかけて町内の約20地区で行われます。
33の演目を夜を徹して舞い昭和53年には国の重要無形民俗文化財に指定されています。
千円通貨の発行枚数は十万枚となっています。

宮崎県は海外からも人気なので古銭などの骨董品が熱い

宮崎市は宮崎県の南東部にある都市であり、景観重要構造物としても選ばれた県庁所在地があるところでも有名です。
九州・沖縄地方では7番目に多い人口が多く活気があり、数多くの観光資源を持っている事から国内だけでなく国外からの観光客も訪れる場所となっています。
宮崎市に在住している著名人としましては元プロ野球選手の片岡選手、タレント、政治家として活躍された東国原英夫がいます。
また業界の著名人としましてはピアニストの野田あすかや小説家の新藤卓広が在住しています。

宮崎市と言えば多くのご当地グルメがある事で有名です。
特に有名なのがチキン南蛮です。
甘酢の染み込んだチキンに甘めのタルタルソースをたっぷりつけたチキン南蛮は宮崎県民がこよなく愛するソウルフードとなっています。
また、宮崎と言えば地鶏がとても有名です。
居酒屋に行けば必ずといってもいいほどメニューにあり、噛めば噛むほどに味が出てきます。
酒飲みには欠かせない1品となっています。

宮崎県の宮崎市にある県庁は景観重要構造物として選ばれ、記念通貨のデザインにもなりました。
また古銭などの買取をする店も多数存在しています。
何故なら宮崎県は国外からの観光客が多く訪れます。
記念通貨を含めて、大判や小判の小銭は海外の人からとても人気があり需要が多くあるからです。
しかし古銭は時期によって価格が大きく変動してしまいますので買取を依頼する場合にはタイミングが重要になってきます。
古銭は定期的なブームが起こります。
大河ドラマ・時代劇など古銭を見る機会というのは実は多くあります。
その為、一旦下火となったとしても数年後には改めて古銭ブームが起こるようになっているんです。
この時に買取依頼をすると価格があがる可能性もあります。
この他にも大きなイベントの開催時期にも高値で売れる可能性がありますのでその時期をしっかりと見極める事が大切になってきます。
もちろん古銭の状態によっても左右されますので保存状態も良好に保つ必要があります。

骨董品の保存方法は非常にシビアです

普通の人では想像もしないぐらいの価値がつく骨董品は保存状態によって買取価格は変動されます。
骨董品は主に美術品や芸術品としての価値が重要視されるので素人ではわからないような変化でも価格というのは一気に変動をします。
骨董品の保存方法は種類によって変わってきます。

掛け軸であれば温度が高いと絵画や掛け軸の塗料や紙が傷んでしまい劣化を進行させてしまいます。
また温度が高いという事はカビや虫の発生による害もあります。
掛け軸を保存する上では高温条件は避けるべきでしょう。
逆に温度が低くても問題ないのかというとそうではなく、水分が含まれている骨董品などは極端に温度が下がると亀裂が入ってしまう可能性があります。

陶器や磁気を使用した材料や、木由来の材料に大きな影響を与えるのが湿度です。
湿度が低すぎますと水分が奪われてしまい陶器類はひび割れを起こしてしまったり裂け目が生じたりする可能性が出てきます。
逆に湿度が高いと水分を吸ってしまうのでカビの原因にもなります。
また、水分が多いと黄ばんだりする事もありますので湿度にも気をつけなければなりません。

そしてどの骨董品にも言えるのが直射日光に当てない事です。
光に含まれている紫外線は、掛け軸、陶器など全ての骨董品を劣化させる大きな要因となっています。
主に変色をしている骨董品などは直射日光が原因と言えるでしょう。

後は、十分なスペースがあるかどうかです。
骨董品の重ね置きは厳禁です。
お互いが接触しないように十分なスペースが必要となります。
また木箱に入れる場合もクッション材などを入れて隙間がないようにしましょう。
移動する時、取り出すときに隙間のせいでひび割れてしまう可能性も十分あるからです。
もしある事情で骨董品を受け継いだり、手に入れたりしたけど正しく保存ができないとなれば早めに売るのが得策と言えるでしょう。
骨董品は長期的に持っていれば価値があがる可能性は十分にありますが、ただしく保存ができないと価値が一気に下がりますので品質維持が厳しいのであれば早めに手放すのがよいでしょう。