おすすめ買取業者を見る

不要な骨董品が高く売れる!
長年使っていなかった
骨董品を簡単&手間なく
高価買取
してもらう方法をご紹介します。

イチオシ!オススメ骨董買取業者

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高い業者をご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • シミや汚れ、キズがあるものでも査定OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 出張費用、宅配キット無料
    • 着物やブランド品などと合わせてまとめ売りすると買取金額10%アップ
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取・店頭買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※宅配買取の品物返送時送料はお客様負担(着払い)
    福ちゃんは着物や切手、ブランド品、貴金属などの古物商品の買取を行っている総合リサイクル業者ですが、ブランド食器の買取には特に力を入れている様子です。
    中でも洋食器がメインとなっており、買取対象ブランドはどこよりも豊富なので、ブランド物の洋食器を売るならまずここを選んで間違いないでしょう。
    また、福ちゃんは骨董品や着物など鑑定の難しい品も扱っているので、食器の買取に関しても全く問題はないと思います。
    事実、福ちゃんのイメージモデルを務める中尾彬さん、池波志乃さんご夫妻も福ちゃんで食器買取をしているので買取価格の高さはお墨付きです。
    その他、福ちゃんでは骨董品などと合わせてまとめ売りすれば、買取金額が10%アップするキャンペーンも行っているので、より高価買取が期待できます!
  2. 日晃堂
    ★★★★★
    • ブランド食器なら使用済みやキズ・汚れのある物、箱無しでも買取OK
    • ひび割れや欠けがあっても買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • ブランド食器の買取金額10%アップキャンペーン実施中!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~20:00 年中無休
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    日晃堂は骨董品専門の買取業者ですが、ブランド洋食器・和食器からアンティーク食器などの陶器の買取も行っています。
    こちらのお店は骨董品を専門に扱っているという特徴から、特に有田焼などの和食器やアンティーク食器といった古美術的価値がある食器の買取が強いです。
    もちろん洋食器の鑑定技術も高いので、洋食器と和食器をまとめて売りたい時には非常におすすめの業者と言えます。
    現在はブランド食器の買取10%アップキャンペーンを行っているので、この機会を利用すれば何十万円という買取価格になる可能性もあります!
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    • 使用済みやキズ・汚れのある物でも買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料LINE査定あり
    • 出張費用無料
    • 女性のお客様のみ、女性査定員の指名が可能
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 365日・24時間受付
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)

三重県をテーマにした地方自治法施行60周年記念貨幣とは

近畿地方南東部において、伊勢湾、熊野灘という海のラインに沿うように位置しているのが三重県です。
海産資源に恵まれており、三重県の代名詞である伊勢えびはじめ、カツオやトラフグ、カキなどさまざまな海の幸を堪能できます。
魚介類を主体にした旅館やホテルも多く置かれており、観光地としても国内外から人気を博しています。

グローバル視点でみる三重県としては、2016年の伊勢志摩サミットが記憶に新しいのではないでしょうか。
いわゆるG7サミットのことであり、日本はじめ、フランス・イギリス・アメリカ・ドイツ・イタリア・カナダ、そして欧州連合の各代表が集い議題について討論しました。
これにより、世界各国から大きな注目を集めたため、三重県を訪れたことのない外国人でも県名を知っている人は増えたことでしょう。

三重県の地方自治法施行60周年記念貨幣には、そんなG7ともかかわりのあるデザインが採用されています。
そのため、日本人以外でも思い出深い品として楽しめるのではないでしょうか。
三重県の地方自治法施行60周年記念貨幣のひとつ、千円銀貨幣においては、伊勢神宮宇治橋がデザインされています。
歴史深い伊勢神宮には各国首脳も揃って訪れていたため、知名度も高いことでしょう。
また伊勢神宮は、宗教的な観点からみても重要な遺産に他なりません。
そのため、荘厳な空気すら漂う銀貨幣に仕上がっています。
その他、伊勢神宮鳥居と宇治橋と合わせて、橋の足元を流れる五十鈴川を描いている点もポイントです。

そして、もうひとつの地方自治法施行60周年記念貨幣であるバイカラー・クラッド貨幣についてもやはり三重県らしさが漂っています。
伊勢神宮と同様に歴史深いスポットとして世界的に知られる、熊野古道伊勢路を刻んでいます。
三重県の熊野古道は、堂々の世界遺産となっており、毎年国内外から多くの観光客が訪れています。
山深さを象徴するような、奥行きあるデザインになっており、再現度も高いです。
どちらの貨幣も、きっとお気に入りに加えられることでしょう。

三重県津市で古銭買取を検討するときのポイント

三重県には、日本一の街があります。
それは、県庁所在地についてです。
三重県の県庁所在地は津市となっており、日本で一番短い都市名となっています。
同様に、同名をもちいられた駅名「津」もまた日本一短い駅です。
そんなユニークな側面から記憶しているという人も、少なくないことでしょう。

津市の位置は、縦に長い三重県のちょうど中心付近を斜めに走るような場所となっています。
東の伊勢湾、西の奈良県とそれぞれ隣接している、約710キロ平米の比較的広い市です。

近畿地方の東端にして、東海地方の西端あたりの位置づけであるため、表記によってそれぞれの地方に分類されます。
そのため、大阪と名古屋、いずれの都市部にも訪れやすく、ベッドタウンとしても適している印象です。
津市は県庁所在地であるため、JR東海、近畿日本鉄道、伊勢鉄道といった鉄道の便も整っているので、なおのことでしょう。

東海地方に近いため、特有の食文化が印象的です。
津市が発祥とされている食べ物には、天むすや味噌かつ、ひつまぶしなどがあります。
そうです、何と名古屋名物でお馴染みのこれらこそが三重県津市を代表する食べ物となっているのです。
名古屋の食べ物と認識している人からすると、かなり意外に感じられるでしょう。
その他、いちご大福や芸濃ずいきといった食べ物も有名です。

津市内はじめ各大都市へのアクセスもしやすいだけに、古銭を売る際の店選びにおいても便利に感じられるでしょう。
ではいったい、どのような買取店を選べば良いのでしょうか。
古銭買取の満足度は、店選びに尽きるとさえ表現できるので、ぜひこだわってください。

たとえば、専門の鑑定士がいる店舗です。
アルバイトスタッフやマニュアルに従うだけの社員などでは、正確な査定が難しいです。
その点、専門の鑑定士なら正しい価値を見出して評価してくれることでしょう。

また、実績のチェックについても大切です。
多くの人が利用しているということは、満足度が高いに違いありません。
また運営歴が長いところであれば、なお良いでしょう。
優良店でなければ、すぐに淘汰されるのが実際のところです。
設立年や実績の紹介をチェックして、気持ちの良い対応をしてくれるお店を選んでください。

どう違う?骨董品の鑑定と査定をそれぞれ考える

骨董品を趣味にしているなら、鑑定や査定といった言葉をよく耳にするのではないでしょうか。
骨董品の価値は、これらを経てこそつけられます。
個人でどれだけいい物と思っていても、鑑定や査定の結果が低ければ現金価値には繋がりません。
そのため、骨董品を売買する上で、なくてはならない作業となってきます。

ですが、ここで気になるのが2つの違いではないでしょうか。
どちらも価値を決める作業に他なりませんが、同じ意味であればわざわざ2つの呼び名は必要ないといったところなのです。
骨董品を本格的に楽しむのであれば、かならずこれらの違いは知っておくべきでしょう。

まず、鑑定についてですが、こちらは本物であるか贋作なのか、真贋を見極める作業となります。
骨董品は、小さなものでとてつもない価値をつけるような物もあるなど、お金が大きく動く存在です。
そのため、精巧な贋作を作るようなケースも少なくないのです。
現代において作られた物ならまだしも、骨董品が作られた同年代に登場した贋作ともなれば、古びた感じも似た印象となるため見極めはかなり難しいでしょう。
結果、価値の低いものに高い評価をつけてしまうかもしれません。
鑑定では、そういった部分を見極める作業がおこなわれます。

またもうひとつ、市場価値を見出すというのも鑑定の大事な仕事です。
本物であっても贋作であっても、気になるのは売却したときの金額でしょう。
だいたいの相場を割り出すこともまた、鑑定なのです。
鑑定士の実績などによっては、その値段のままで取引されるようなこともあるでしょう。

一方で査定も、似たような作業に他なりません。
ですが、鑑定以上に現実的であるのが実際のところです。
というのも、市場価値をもとに、実際買取業者がいくらで買い取るかの最終的な判断を下すタイミングとなるためです。
つまり、鑑定では価値を、そして査定では価格を見極めるといった具合といえるでしょう。
鑑定と査定、いずれも大切な見極め作業なので、それぞれの違いをぜひ覚えておいてください。