おすすめ買取業者を見る

不要な骨董品が高く売れる!
長年使っていなかった
骨董品を簡単&手間なく
高価買取
してもらう方法をご紹介します。

イチオシ!オススメ骨董買取業者

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高い業者をご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • シミや汚れ、キズがあるものでも査定OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 出張費用、宅配キット無料
    • 着物やブランド品などと合わせてまとめ売りすると買取金額10%アップ
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取・店頭買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※宅配買取の品物返送時送料はお客様負担(着払い)
    福ちゃんは着物や切手、ブランド品、貴金属などの古物商品の買取を行っている総合リサイクル業者ですが、ブランド食器の買取には特に力を入れている様子です。
    中でも洋食器がメインとなっており、買取対象ブランドはどこよりも豊富なので、ブランド物の洋食器を売るならまずここを選んで間違いないでしょう。
    また、福ちゃんは骨董品や着物など鑑定の難しい品も扱っているので、食器の買取に関しても全く問題はないと思います。
    事実、福ちゃんのイメージモデルを務める中尾彬さん、池波志乃さんご夫妻も福ちゃんで食器買取をしているので買取価格の高さはお墨付きです。
    その他、福ちゃんでは骨董品などと合わせてまとめ売りすれば、買取金額が10%アップするキャンペーンも行っているので、より高価買取が期待できます!
  2. 日晃堂
    ★★★★★
    • ブランド食器なら使用済みやキズ・汚れのある物、箱無しでも買取OK
    • ひび割れや欠けがあっても買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • ブランド食器の買取金額10%アップキャンペーン実施中!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~20:00 年中無休
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    日晃堂は骨董品専門の買取業者ですが、ブランド洋食器・和食器からアンティーク食器などの陶器の買取も行っています。
    こちらのお店は骨董品を専門に扱っているという特徴から、特に有田焼などの和食器やアンティーク食器といった古美術的価値がある食器の買取が強いです。
    もちろん洋食器の鑑定技術も高いので、洋食器と和食器をまとめて売りたい時には非常におすすめの業者と言えます。
    現在はブランド食器の買取10%アップキャンペーンを行っているので、この機会を利用すれば何十万円という買取価格になる可能性もあります!
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    • 使用済みやキズ・汚れのある物でも買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料LINE査定あり
    • 出張費用無料
    • 女性のお客様のみ、女性査定員の指名が可能
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 365日・24時間受付
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)

京都府の歴史を堪能できる地方自治法施行60周年記念貨幣

地方自治法施行60周年記念貨幣は、よくありがちなただの記念貨幣ではありません。
イベントや時期を記念するものではなく、各都道府県それぞれの特色をあしらった、長きに渡り楽しめるような仕様となっています。
それこそ、親子代々受け継いでもなお、子孫に愛でてもらえるような、そんな魅力すらあるでしょう。
その点、京都府の地方自治法施行60周年記念貨幣はどのようなデザインが採用されているのでしょうか。

京都府は、かつて都も置かれていた歴史深い土地です。
日本の象徴のような街であることから、外国人観光客にも人気の旅行先となっています。
日本=京都、そんなイメージすらもっている人も多いかもしれません。
そういった背景もあり、京都府で発行された地方自治法施行60周年記念貨幣は、歴史を感じさせるデザインとなっています。

まず千円銀貨幣についてですが、国宝である源氏物語絵巻の一場面をそのままデザインとして採用しています。
歴史遺産の雰囲気そのままに、何とも貴重に感じられてなりません。
シーンとしては、光源氏の孫にあたる匂宮が、秋の夕暮れどきに、久しぶりに中君のもとを訪れて琵琶を弾く、そんな一場面となっています。
歴史遺産の風合いを貨幣サイズで堪能できるというのは、とても贅沢に感じられるでしょう。
千円以上の価値が、かならずあるに違いありません。

もう一方の地方自治法施行60周年記念貨幣であるバイカラー・クラッド貨幣も、同じく源氏物語絵巻のシーンを採用しています。
違う図柄を使用する都道府県が多い中、同じ資料を使用している京都府は独特に感じられるでしょう。
とはいえ、もちろんまた別のシーンとなっています。
匂宮と六君が婚姻を交わした三日目の朝に、匂宮が初めて陽の光の中で六君を見て、その美しさに心惹かれるといった場面です。
やわらかいタッチの絵柄と金属の硬貨のアンバランスさが、何とも味わい深い印象です。
千円銀貨幣とはまた違った魅力があるので、2つとも手に入れても良いかもしれません。

古銭の歴史を京都府京都市にて振り返る

京都市は、京都府南東部に広がる約828キロ平米を誇る府庁所在地です。
大阪、そして兵庫県神戸市と並ぶいわずと知れた関西の要所となっており、約147万人の人々で賑わう政令指定都市に他なりません。
府内有数の大きさであり、8つの市に加え、滋賀県、大阪府とも一部で隣接しています。
かつての首都平安京であった頃の名残すら感じられる、古さと新しさを兼ね備える魅力的な都市といえるでしょう。

京都市といえば、やはり観光地としてのイメージが色濃いでしょう。
国内はもちろん、海外からの観光客が歩く姿も頻繁に目にできます。
特に目玉となっているのが、古くから遺る寺社仏閣です。
清水寺や仁和寺、上賀茂神社、また金閣寺として知られる鹿苑寺など、見ごたえある古代建築が多数残っています。
京都市内にあるこれら重要な建築、そして宇治市内と滋賀県大津市にある計17の文化財については、世界遺産にも登録されています。
他にも、日本に現存する国宝の約20%、重要文化財の約14%が京都市内にあるなど、他の都市とはまた違った特別な存在感を放っています

京都市まで足を運ぶとなると大変ですが、京都市外にいながらでも手軽に歴史を味わえる方法があります。
それは、古銭です。
手のひらサイズの小さな存在ですが、そこには歴史の重みが詰め込まれており、何ともロマンを感じられてなりません。

代表的なものでは、たとえば和同開珎があります。
日本で初めて作られた流通貨幣として知られており、このころより納税の規則も作られ始めました。
ですが日本書紀においては、また別の説が紹介されています。
貨幣を使用した最古の記録は683年とされており、富本銭がもちいられていたと記されています。
中央の四角い穴と四隅の漢字が印象的な古銭ですが、こちらは富と本の2文字が上下に刻まれています。

以後も、日本で初めて作られた金銭である開基勝宝や、平安時代に流通した隆平永宝や富寿神宝等9つの古銭など、さまざまな古銭が誕生していきます。
時代によってさまざまな古銭が使われていただけに、それぞれに年代ごとの重みが窺えてなりません。
意味や背景を知った上で収集を楽しめば、一層の満足度が感じられることでしょう。

骨董品の価値をチェック!素人にも見極められるポイントって?

素人にとって、骨董品の鑑定は容易でありません。
精巧な贋作というものも少なくなく、専門知識はもちろんのこと、豊富な実績や経験も伴わなければ適切な判断は難しいです。
それこそ、鑑定歴何十年という著名な人物でさえ、見誤ることすらあるほどです。
では、素人に骨董品を見極めることは無理なのでしょうか。

まったく不可能かといえば、そうでもありません。
ポイントを押さえて見極めることで、ある程度素人でも判断することができます。
近年は、専門番組も組まれるほどに骨董品は脚光を集める存在となっています。
そこまで詳しくない人でも、深く楽しみたいと考えているケースも多いのではないでしょうか。
ポイントを押さえて、ぜひ個人でもその世界にはまってみてください。

たとえば、印をチェックするという方法です。
価値のある骨董品というのは、著名な作家が作っています。
そして著名作家は、自分の作品に特有の印を入れるケースがほとんどです。
手書きのサインのほか、落款や刻印をもちいることもあります。
そのため、まずはこれをチェックしてください。
作家物であれば、ただそれだけでも価値が期待できます。
まずは基本のチェックポイントといえるでしょう。

次に、生産年代についてです。
もちろん、古ければ古いほど良いというわけでもありませんが、その年の生産数が少ないものであれば、希少性が伴い価値が上がりやすいです。
主には、付属品や共箱によって確認することができます。
作家を知ることにもつながるので、重要視してください。

また、素材そのものが価値をもつ骨董品の場合、何によって作っているかも大事になってきます。
特に影響しやすいのは、象牙や珊瑚、ヒスイ、金銀といった素材です。
これらは上質なものであれば価値が高いため、偽物も少なくありません。
本物の質感に近いかどうかを確かめることで、価値の高さを見極められるでしょう。

シンプルな方法ですが、これら素材、年代、作家物かどうかというのはプロも注目するポイントです。
素人目で分かるケースもあるので、チェックしてみる価値は大いにあるといえるでしょう。