おすすめ買取業者を見る

不要な骨董品が高く売れる!
長年使っていなかった
骨董品を簡単&手間なく
高価買取
してもらう方法をご紹介します。

イチオシ!オススメ骨董買取業者

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高い業者をご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • シミや汚れ、キズがあるものでも査定OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 出張費用、宅配キット無料
    • 着物やブランド品などと合わせてまとめ売りすると買取金額10%アップ
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取・店頭買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※宅配買取の品物返送時送料はお客様負担(着払い)
    福ちゃんは着物や切手、ブランド品、貴金属などの古物商品の買取を行っている総合リサイクル業者ですが、ブランド食器の買取には特に力を入れている様子です。
    中でも洋食器がメインとなっており、買取対象ブランドはどこよりも豊富なので、ブランド物の洋食器を売るならまずここを選んで間違いないでしょう。
    また、福ちゃんは骨董品や着物など鑑定の難しい品も扱っているので、食器の買取に関しても全く問題はないと思います。
    事実、福ちゃんのイメージモデルを務める中尾彬さん、池波志乃さんご夫妻も福ちゃんで食器買取をしているので買取価格の高さはお墨付きです。
    その他、福ちゃんでは骨董品などと合わせてまとめ売りすれば、買取金額が10%アップするキャンペーンも行っているので、より高価買取が期待できます!
  2. 日晃堂
    ★★★★★
    • ブランド食器なら使用済みやキズ・汚れのある物、箱無しでも買取OK
    • ひび割れや欠けがあっても買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • ブランド食器の買取金額10%アップキャンペーン実施中!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~20:00 年中無休
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    日晃堂は骨董品専門の買取業者ですが、ブランド洋食器・和食器からアンティーク食器などの陶器の買取も行っています。
    こちらのお店は骨董品を専門に扱っているという特徴から、特に有田焼などの和食器やアンティーク食器といった古美術的価値がある食器の買取が強いです。
    もちろん洋食器の鑑定技術も高いので、洋食器と和食器をまとめて売りたい時には非常におすすめの業者と言えます。
    現在はブランド食器の買取10%アップキャンペーンを行っているので、この機会を利用すれば何十万円という買取価格になる可能性もあります!
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    • 使用済みやキズ・汚れのある物でも買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料LINE査定あり
    • 出張費用無料
    • 女性のお客様のみ、女性査定員の指名が可能
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 365日・24時間受付
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)

高知県の地方自治法施行60周年記念貨幣のデザイン

地方自治法施行60周年記念貨幣をご存知の方もおられるかもしれません。
文字通りこれは地方自治法が施行されて60周年という節目を記念して発行されたコインとなり、全国各地の県が独自のデザインの記念貨幣を発行しています。
高知県でも地方自治法施行60周年記念貨幣を発行していますし、古銭やコインマニアのあいだでは高い人気を誇っています。
なお、発行されたコインは千円銀貨幣と五百円バイカラー・クラッド貨幣の二種類となります。

高知県の地方自治法施行60周年記念貨幣にデザインとして採用されているのは坂本龍馬です。
坂本龍馬と言えば土佐、高知を代表する偉人の一人ですし、幕末期にさまざまな活躍をした人物として知られています。
高知県にとってはまさに郷土の誇りであり、高知の人間は皆小さな頃から坂本龍馬の話を聞かされて育つと言われています。
薩長同盟を成し遂げるなど日本の夜明けに貢献した幕末の偉人坂本龍馬をデザインとして採用したのはある意味当然かもしれません。

また、坂本龍馬だけでなく桂浜もコインのデザインに用いています。
桂浜は高知市浦戸にあり、かつては月の名所とも言われていました。
現在では観光地にもなっていますし、県外から訪れた方の多くは桂浜にも足を運んでいます。
また、この桂浜には先述した坂本龍馬の大きな銅像が建っていることも知られています。
よくテレビや雑誌などで観る坂本龍馬の銅像はこの桂浜にあるのです。

なお、五百円バイカラー・クラッド貨幣のデザインにも坂本龍馬の肖像がデザインとして用いられています。
ほかの県だと千円銀貨幣と五百円バイカラー・クラッド貨幣とでデザインを変えていることが多いのですが、高知県では一貫して坂本龍馬をデザインに採用しているのです。
このあたりは高知という土地がいかに坂本龍馬を敬愛しているか、尊敬しているかが窺えます。
土佐から旅立ち日本の夜明けに尽力し、歴史にその名を刻み込んだ郷土の誇りなればこそでしょう。

高知市と豆板銀の情報

高知市は高知県の県庁所在地です。
市役所や県庁のすぐ近くには高知のシンボルでもある高知城がそびえていますし、人気の観光地となっています。
もともと高知はさまざまな豪族が支配していた土地でしたが、戦国期に長宗我部一族によって完全に平定されました。
しかし、関ヶ原合戦の際に長宗我部氏は豊臣方に与してしまい、それが原因で一族は断絶となってしまいます。
その後、山之内氏が土佐に入り高知を治めるのでした。

高知と言えば誰もが真っ先に思い浮かぶのは坂本龍馬の存在ではないでしょうか。
幕末期に憎み合っていた長州藩と薩摩藩に同盟を組ませ、船中八策などを発案した偉人として有名です。
多くの歴史ファンを現在でも魅了し続けている人物と言えるでしょう。
観光名所の多くも坂本龍馬や幕末の志士にまつわる場所が多く、竜馬記念館や歴史観、生家なども観光所として人気があります。
また、高知と言えばカツオの一本釣りが有名ですね。

江戸時代には豆板銀という銀貨が流通していたことをご存知でしょうか。
恐らく歴史好きな方でもあまり知られていないでしょうし、コインコレクターでもないと知らないでしょう。
江戸時代に流通した銀貨の一種で、パッと見はまったく銀貨のようには見えません。
これを古銭だと言われても誰も信じられないでしょうが、これはもともと秤量貨幣として発行され毎日の相場によって価格が上下するような性質の貨幣だったのです。

豆板銀は変わった貨幣の形をしていますから、先ほど言ったようにパッと見は貨幣に見えません。
一見すると出来の悪いおはじきのようにも見えますし、まさかこれが古銭だとは誰も思わないでしょう。
大判や小判よりも発行枚数は多いと言われていますから自宅に眠っている方ももしかするといるかもしれません。
ただ、豆板銀といってもその種類は実に豊富で、形状もさまざまなのが現実です。
大きさ、銀の含有量などもそれぞれ異なりますし、複雑な形をしたものもあります。

骨董品には定義が存在する

骨董品は古いものという認識の方が大半でしょうし、明確な定義などなくとりあえず古いものなら何でも骨董品となってしまうと思っている方も多いのではないでしょうか。
しかし、これは間違いで骨董品には明確な定義が存在します。
100年を経過した手工芸品や美術品、工芸品などが骨董品となりますから、それ以外のものは明確には骨董品とはならないのです。
これは少々目から鱗な情報だったのではないでしょうか。

では、100年を経過していない工芸品や美術品は骨董品として認められないのか、となると決してそんなことはありません。
あくまでこれは定義であり、実際には100年経っていないようなものでも骨董品として認められることはあります。
先ほどの定義はあくまでベースとしての考えであり、状況によっては骨董品として認められることは多々あるのです。
日本ではそのような感じですが、実は欧米だとこのあたりはかなり厳しくなっています。

古い品物に関する定義においては日本よりも遥かに欧米のほうが細かく厳しいです。
先ほど挙げた100年を経過した工芸品や美術品であるということが骨董品かどうかを定めるときに遵守されていますし、明確に定義に従った査定が行われているのが現実です。
欧米においては製造から100年経っているものをアンティーク、100年経っていないものをジャンク、古い年代物であるものの価値がないものをラビッシュと呼んで区別しています。

骨董品には定義がある、というお話でしたが、骨董品買取を専門とする業者はあまり定義については気にしていない傾向にあります。
特に日本の買取業者だと定義を気にせずに査定をして価値を見定めてくれるケースが大半ですから、とりあえず古いもの、古くて価値がありそうなものなら相談してみると良いでしょう。
100年経っていないようなものでも業者によってはきちんと対応してくれるでしょうし、ものによってはかなりの値打ちとなるかもしれません。