おすすめ買取業者を見る

不要な骨董品が高く売れる!
長年使っていなかった
骨董品を簡単&手間なく
高価買取
してもらう方法をご紹介します。

イチオシ!オススメ骨董買取業者

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高い業者をご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • シミや汚れ、キズがあるものでも査定OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 出張費用、宅配キット無料
    • 着物やブランド品などと合わせてまとめ売りすると買取金額10%アップ
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取・店頭買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※宅配買取の品物返送時送料はお客様負担(着払い)
    福ちゃんは着物や切手、ブランド品、貴金属などの古物商品の買取を行っている総合リサイクル業者ですが、ブランド食器の買取には特に力を入れている様子です。
    中でも洋食器がメインとなっており、買取対象ブランドはどこよりも豊富なので、ブランド物の洋食器を売るならまずここを選んで間違いないでしょう。
    また、福ちゃんは骨董品や着物など鑑定の難しい品も扱っているので、食器の買取に関しても全く問題はないと思います。
    事実、福ちゃんのイメージモデルを務める中尾彬さん、池波志乃さんご夫妻も福ちゃんで食器買取をしているので買取価格の高さはお墨付きです。
    その他、福ちゃんでは骨董品などと合わせてまとめ売りすれば、買取金額が10%アップするキャンペーンも行っているので、より高価買取が期待できます!
  2. 日晃堂
    ★★★★★
    • ブランド食器なら使用済みやキズ・汚れのある物、箱無しでも買取OK
    • ひび割れや欠けがあっても買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • ブランド食器の買取金額10%アップキャンペーン実施中!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~20:00 年中無休
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    日晃堂は骨董品専門の買取業者ですが、ブランド洋食器・和食器からアンティーク食器などの陶器の買取も行っています。
    こちらのお店は骨董品を専門に扱っているという特徴から、特に有田焼などの和食器やアンティーク食器といった古美術的価値がある食器の買取が強いです。
    もちろん洋食器の鑑定技術も高いので、洋食器と和食器をまとめて売りたい時には非常におすすめの業者と言えます。
    現在はブランド食器の買取10%アップキャンペーンを行っているので、この機会を利用すれば何十万円という買取価格になる可能性もあります!
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    • 使用済みやキズ・汚れのある物でも買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料LINE査定あり
    • 出張費用無料
    • 女性のお客様のみ、女性査定員の指名が可能
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 365日・24時間受付
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)

地方自治法施行60周年を記念する神奈川県の貨幣

2012年に地方自治法施行60周年記念貨幣として、神奈川県も発行されました。
地方自治法施行60周年ということで、北海道と京都府、島根県からスタートしていきましたが、8年をかけて各都道府県の分が発行されています。
かなりの長きにわたり発行されたことで、これまで日本で発行された記念貨幣の中でも最大の発行量になりましたが、各都道府県でデザインが異なるため、名称はひとつであっても、まったく別の貨幣になっていったともいえるでしょう。

地方自治法施行60周年記念貨幣の神奈川県の特徴は、鎌倉がバックになっています。
すぐにわかるのは鶴岡八幡宮が高い知名度を誇っているからでしょう。
鎌倉幕府を源頼朝が樹立した時に造営したといわれています。
全国八幡社の中でもかなりの知名度を誇っており、三大八幡宮のひとつとも呼ばれるようになりました。
慶大は国の史跡に指定されているところも特徴です。
非常に巨大な大銀杏が有名でしたが、2010年に強風のため倒伏してしまいます。
ですが、若芽が出てきていることも確認され、再生への道が開けました。

鎌倉幕府ということでは、武家を象徴するイメージになってくるため、鶴岡八幡宮の前に流鏑馬がデザインされています。
馬上から弓を射る伝統技術でもあり、鶴岡八幡宮で神事としておこなわれているのが特徴です。
この二つを合わせてみても、すぐに神奈川県としてわかるデザインになっています。

鎌倉を中心にデザインされることになりましたが、500円では鎌倉大仏がモチーフになりました。
国宝でもあり、幕府と民衆の安寧を願うために守護仏として建立されたと考えられています。
大きさ的には11.5mであり、実物はそこまで大きいものとして捉えられませんが、建立された当時の姿のままになっているところは時代を感じるところでしょう。
これらのデザインを見ても、神奈川県をイメージできることからも地方自治法施行60周年にぴったりのものとなっています。

神奈川県川崎市でも古くから存在してきた古銭の歴史と価値

神奈川県の中でも面積は小さくても人口は最大クラスになってくるのが川崎市です。
全国の政令指定都市は20市ありますが、その中でも最も小さい面積しかありません。
神奈川県北東部に位置し、東京都も近いことが要因のひとつになっているのは確かでしょう。
7つの行政区を持つ都市で小さくても地域によってかなりの違いがあるといえます。
神奈川県は、旧相模国の地域を持ちますが、川崎市だけは旧武蔵国に含まれていることが、地理的な違いを生んでいるといえます。

東京のベッドタウンとしての性格がはっきりとしており、さまざまな通勤路線が通っています。
横浜市北部とも地域圏を形成しているのが特徴です。
それだけに、各区がひとつの地域として使われているというより、東京に対するサテライトシティとしての性格が強く表れているといえるでしょう。
これが川崎市のもつ一体性の希薄という部分につながっているといえます。

川崎市でも多く取引されていますが、古銭とは何かという部分から考えていかなければいけません。
もともとは物々交換で物は取引されていきますが、価値が一定ではないことが問題になっていきます。
そこで、通貨として貝が使われるようになったのが、貨幣のスタートと考えられているのです。
やがて、もっと強度があり、壊れたり偽物が作られたりしないように生まれた中国の文化である金属貨幣が使われるようになりました。
これが日本でも通貨文化になっていきます。

古銭がなぜ人気あるのかといえば、その希少性にあるでしょう。
古いものになってくるため、状態の優れたものはごくわずかしか残っていません。
時代が古くなればなるほど、その数は少なくなっていきます。
時代によっては、ほんのわずかしか作られなかったものもあり、コレクターとしては手に入れたいものになるでしょう。
こうした魅力があるからこそ、数多くの取り引きが成立し、現在のような大きな価値につながってきたといえるでしょう。

神奈川県でも多数取り扱われている骨董品の定義

さまざまなところで人気となり、テレビなどのメディアでも取り上げられるようになったのが骨董品です。
どうしても言葉が先行してしまう部分があるため、骨董品は何かといったところが出てきます。
実は明確な基準が存在しているわけではなく、古いものであれば骨董品という呼び方ができるのが現在の定義です。
ただし、アンティークと呼ぶ場合には、製造から100年という定義が存在するため、違いがあることには注意が必要でしょう。

実際に価値があるというのが重要になってきますが、時代とともに生き残ってきたものであるのは間違いありません。
再生産することができないため、数はどんどんと減少していくことになります。
コレクターにとっては、この希少性も重要な価値があり、これが価格を決めていく要素となるでしょう。
本当に多くのものが存在し、絵画のような美術品だけではなく、おもちゃなど大衆的に使われてきたものでも十分な価値があります。
家具なども重要なコレクションとなっていくでしょう。

骨董品を神奈川県でも高く取引していくためには、コンディションが重要です。
状態がいいものは高く売れるというのが基本になりますが、無理にきれいにしたりする必要はありません。
壊してしまうこともありますし、こすることで劣化を進めるといったことが起きるからです。
専門家による方法とは違い、なにを使うのかといった問題も出てくるのですから。
できれば購入したり、見つけたりした状態のまま査定に出すほうがいいでしょう。

いろいろと査定する基準がありますが、付属品はすべてそろえて査定に掛けることが基本です。
木箱などには裏書がしてあり、時代や作者を証明することに使われます。
他の小物に関しても必要だから付けられていることが大半です。
食器などは組になっていることもあるため、すべてそろえて査定に掛けることがポイントになってきます。
作られたときの状態に近くなってくるため、高くなるポイントになるからです。