おすすめ買取業者を見る

不要な骨董品が高く売れる!
長年使っていなかった
骨董品を簡単&手間なく
高価買取
してもらう方法をご紹介します。

イチオシ!オススメ骨董買取業者

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高い業者をご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • シミや汚れ、キズがあるものでも査定OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 出張費用、宅配キット無料
    • 着物やブランド品などと合わせてまとめ売りすると買取金額10%アップ
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取・店頭買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※宅配買取の品物返送時送料はお客様負担(着払い)
    福ちゃんは着物や切手、ブランド品、貴金属などの古物商品の買取を行っている総合リサイクル業者ですが、ブランド食器の買取には特に力を入れている様子です。
    中でも洋食器がメインとなっており、買取対象ブランドはどこよりも豊富なので、ブランド物の洋食器を売るならまずここを選んで間違いないでしょう。
    また、福ちゃんは骨董品や着物など鑑定の難しい品も扱っているので、食器の買取に関しても全く問題はないと思います。
    事実、福ちゃんのイメージモデルを務める中尾彬さん、池波志乃さんご夫妻も福ちゃんで食器買取をしているので買取価格の高さはお墨付きです。
    その他、福ちゃんでは骨董品などと合わせてまとめ売りすれば、買取金額が10%アップするキャンペーンも行っているので、より高価買取が期待できます!
  2. 日晃堂
    ★★★★★
    • ブランド食器なら使用済みやキズ・汚れのある物、箱無しでも買取OK
    • ひび割れや欠けがあっても買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • ブランド食器の買取金額10%アップキャンペーン実施中!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~20:00 年中無休
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    日晃堂は骨董品専門の買取業者ですが、ブランド洋食器・和食器からアンティーク食器などの陶器の買取も行っています。
    こちらのお店は骨董品を専門に扱っているという特徴から、特に有田焼などの和食器やアンティーク食器といった古美術的価値がある食器の買取が強いです。
    もちろん洋食器の鑑定技術も高いので、洋食器と和食器をまとめて売りたい時には非常におすすめの業者と言えます。
    現在はブランド食器の買取10%アップキャンペーンを行っているので、この機会を利用すれば何十万円という買取価格になる可能性もあります!
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    • 使用済みやキズ・汚れのある物でも買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料LINE査定あり
    • 出張費用無料
    • 女性のお客様のみ、女性査定員の指名が可能
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 365日・24時間受付
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)

鹿児島県は多くの観光名所を持っています

鹿児島県と言えば、坂本龍馬や西郷隆盛といった偉人が多く語り継がれる場所で、それに由来する観光名所も多くあります。
この他にも桜島やもののけ姫の舞台ともなった屋久島といった名所があり国内外問わず、鹿児島は観光のお客さんで賑わっています。

地方自治法施工60周年記念貨幣は鹿児島県でも発行されています。
五百円バイカラー・クラッド貨幣のデザインとしましては桜島が描かれています。
桜島は火山が活発であり、鹿児島に足を運ぶと必ず1回は噴火が見られるといわれているぐらいです。
また桜島が飛ぶ火山灰がよく飛び散るため鹿児島には「火山灰予報」というものもあります。
鹿児島にとって桜島は切っても切れないものであり、記念通貨にはうってつけのデザインとなっているでしょう。
166万枚が発行されました。

千円通貨に関しましては縄文杉と永田岳とヤクシマシャクナゲをデザインされています。
縄文杉とは鹿児島の屋久島というところにある三大杉の一つであります。
屋久島は鹿児島の本島から更に船にのって行かないといけない場所となっており多くの自然に囲まれた島となっています。
その中でも一番大きいものとされています。
見に行くには白谷雲水峡を片道8時間歩かないと見られない場所にあります。
永田岳は屋久島の西側にある山であり九州においては2番目に高い山とされている場所です。
ヤクシマシャクナゲは屋久島の高知に自生している植物です。
固有種であるため、屋久島でしか見られない植物となっています。

鹿児島県は大河ドラマ「篤姫」の舞台にもなりました。
また多くの偉人を輩出した県でもあり歴史好きなら誰でも言ってみたい場所とも言われています。
また屋久島は世界遺産に登録されています。
その為、今でも自然がしっかりと残されています。
三大杉の縄文杉だけでなく、屋久杉など樹齢数百年以上の杉も多くあります。
その為、多くの観光客が訪れ賑わっている鹿児島県。
その記念として地方自治法施工60周年記念貨幣を発行する経緯となりました。

鹿児島県は偉人の宝庫

鹿児島市は九州の南部にある市であり、鹿児島県の県庁所在地でもあります。
西岸の市街地から桜島を望む景観はイタリアにあるナポリからヴェズーヴィオ火山を望む風景に似ています。
その為、鹿児島の風景を「東洋のナポリ」と称して観光に来る人もいます。

鹿児島と言えば西郷隆盛、大久保利通などの銅像がある事で有名です。
また薩摩藩時代に街区黒人擬似の宿泊場所として作られた異人館や鹿児島城、島津の本邸として有名な仙巌園などがあります。
また多くの神社もあり薩摩藩の名君島津が祀られていたり西南戦争の戦死者が祀られている神社もあります。
大河ドラマの篤姫の舞台ともなっていることでも有名です。
そして鹿児島のグルメと言えば黒豚が有名です。
特に柔らかさ、甘味を引き出してくれるしゃぶしゃぶがベストな食べ方と言われており、鹿児島に行けば必ず食べたいグルメとされています。
この他にも白くまくんというスーパでも売っているアイスがありますが、これも鹿児島の名物であり甘味処はもちろん定食屋にもおいてあるぐらいです。

数多くの歴史の舞台となった鹿児島は多くの骨董品があり、それを買い取る店も多いです。
特に古銭などが高価買取をしているところが多いです。
ただ買取業者が多く、どこを選べばいいかわからない、古銭を買い取ってもらいたいがどこにすればいいかわからない場合はバイセルという業者を選ぶといいでしょう。
査定額がほかの業者と比べても高く、サービスの質が高いと言われています。

また、日本全国にサービス拠点を持っているのでどの地域でも対応することが可能となっています。
買取大手になりますと販売網・流通ルートが強固になるので、その分査定額をあげる事が可能となっています。
古銭に関しましてはバイセルが最大手とも言えるので売ろうと考えている方はここでの査定をおすすめできます。
また出張訪問や郵送宅配にも対応しています。
無料の宅配キットで郵送するだけで査定できるので手間なく売ることができるのも最大手のバイセルの一つの武器と言えるでしょう。

骨董品の整理で注意しないといけないことと価値を下げない方法

骨董品は最近作られたブランド品とは違い歴史があります。
その為長い年月が経っておりすでにボロボロになっているか、劣化している事も多々あります。
ダイヤモンドや宝石などであれば古くても劣化しにくですが、木彫りや掛け軸といったものから茶道具など実用性のある骨董品ほど劣化しやすいと言われています。
その中でも絵画は特に劣化しやすいと言われています。
その理由としましては紙の素材でできているからです。
温度だけでなくい、湿気や紫外線を少しでも受けると絵画はすぐに劣化してボロボロになってしまいます。
日本のような環境では絵画を保存しておくことが現在難しいとなっています。
保存方法としましては、日本で言うと秋な春といった涼しい季節の状態を常に保っておくことが大切です。
掛け軸も同じような保存方法が適しているといってもいいでしょう。

陶器や、茶道具などは吸水性の高い道具となっています。
実用性があるため食器として使っていると食材の色がつく事も多々あります。
特に、売る予定もない、骨董品として扱うつもりもないのであれば問題ありませんが、骨董品として保存しておきたい場合は使用することは避けて保存に徹する方がいいでしょう。
陶器のお手入れ方法としましては煮沸が有効的です。
状態などにもよりますが陶器類などは塗がしっかりとしているので煮沸をしても問題ありません。
煮沸を行うことにより土の目が詰まるだけではありません。
消毒効果もありますので臭いや汚れも落ちますので一番良いお手入れだと思います。
また実用品として使っていたとしても電子レンジ用に使用するのは割れる危険があるためやめておいたほうがいいでしょう。
茶道具・陶器の美しさ・繊細さを楽しむ使い方をするといいでしょう。

この他にも綺麗な木箱に入れておき定期的に状態を見ておくといいでしょう。
湿度・温度や日光などの紫外線に配慮をして骨董品の価値を維持できるように保管しておく事をおすすめします。