おすすめ買取業者を見る

不要な骨董品が高く売れる!
長年使っていなかった
骨董品を簡単&手間なく
高価買取
してもらう方法をご紹介します。

イチオシ!オススメ骨董買取業者

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高い業者をご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • シミや汚れ、キズがあるものでも査定OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 出張費用、宅配キット無料
    • 着物やブランド品などと合わせてまとめ売りすると買取金額10%アップ
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取・店頭買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※宅配買取の品物返送時送料はお客様負担(着払い)
    福ちゃんは着物や切手、ブランド品、貴金属などの古物商品の買取を行っている総合リサイクル業者ですが、ブランド食器の買取には特に力を入れている様子です。
    中でも洋食器がメインとなっており、買取対象ブランドはどこよりも豊富なので、ブランド物の洋食器を売るならまずここを選んで間違いないでしょう。
    また、福ちゃんは骨董品や着物など鑑定の難しい品も扱っているので、食器の買取に関しても全く問題はないと思います。
    事実、福ちゃんのイメージモデルを務める中尾彬さん、池波志乃さんご夫妻も福ちゃんで食器買取をしているので買取価格の高さはお墨付きです。
    その他、福ちゃんでは骨董品などと合わせてまとめ売りすれば、買取金額が10%アップするキャンペーンも行っているので、より高価買取が期待できます!
  2. 日晃堂
    ★★★★★
    • ブランド食器なら使用済みやキズ・汚れのある物、箱無しでも買取OK
    • ひび割れや欠けがあっても買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • ブランド食器の買取金額10%アップキャンペーン実施中!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~20:00 年中無休
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    日晃堂は骨董品専門の買取業者ですが、ブランド洋食器・和食器からアンティーク食器などの陶器の買取も行っています。
    こちらのお店は骨董品を専門に扱っているという特徴から、特に有田焼などの和食器やアンティーク食器といった古美術的価値がある食器の買取が強いです。
    もちろん洋食器の鑑定技術も高いので、洋食器と和食器をまとめて売りたい時には非常におすすめの業者と言えます。
    現在はブランド食器の買取10%アップキャンペーンを行っているので、この機会を利用すれば何十万円という買取価格になる可能性もあります!
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    • 使用済みやキズ・汚れのある物でも買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料LINE査定あり
    • 出張費用無料
    • 女性のお客様のみ、女性査定員の指名が可能
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 365日・24時間受付
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)

深い歴史を持つ香川県と地方自治法60周年記念貨幣

1947年に地方自治法が施行されてから、2007年で60周年を迎えることになりました。
地方自治法施行60周年記念貨幣は、これを記念して作られた貨幣です。
地方の過疎化が叫ばれる昨今、地域の活性化が日本経済を救うと言われています。
地方自治法60周年記念貨幣は、地域が活性することを願い、発行されることになりました。

デザインのテーマとなっているのは地域の活性化と日本です。
60周年記念貨幣は1000円銀貨と500円硬貨の2種類が発行されており、表面には各都道府県に関係するデザインが、裏面には共通したデザインが施されています。
裏目のデザインは、1000円銀貨が雪月花、500円硬貨は地方自治の文字が刻まれており、日本らしさが分かる逸品になっています。

香川県の60周年記念貨幣、1000円銀貨の表面には栗林公園がデザインされています。
香川県高松市にある栗林公園は国の特別名勝に指定される庭園で、400年以上の歴史を有する大名庭園でもあります。
前身となる栗林荘は松平家の下屋敷として228年間も使用され続けていました。
公園の南庭へと移ると、小普陀の石組は室町時代に作庭されたとされており、深く愛され続けている庭園であることが分かります。

500円硬貨の表面にデザインされているのは金刀比羅宮です。
金刀比羅宮の歴史非常に古く、平安時代にまで遡ります。
1163年には崇徳天皇が参籠したことが分かっています。
それから戦国時代、江戸時代、明治以降から現代にかけて存続し、地域の人々から愛され続けています。

香川県というと、真っ先に讃岐うどんを思い浮かべる人も多いかもしれませんが、それ以外にもにんにくやレタス、セロリ、ブロッコリーといった農産物も名産品となっています。
また、瀬戸内海で取れる豊富な魚介類も人気が高いです。
深い歴史を持つ香川県、その魅力のひとかけらが地方自治法施行60周年貨幣に刻まれているというわけです。
近畿地方からもほど近い香川県、魅力も満載ですので、一度足を運んでみるのも良いかもしれません。

高松市と古銭買取

香川県の県庁所在地でもある高松市は、瀬戸内海に面している港町です。
四国地方と本州を結ぶ玄関口のような役割を担っており、四国全域における経済の中心地でもあります。
江戸時代には水戸徳川家の分家である高松松平家が治めており、当時から城下町として栄えていました。
以前は高松城が街の象徴のような存在でしたが、明治に破却され、その後2004年には高松シンボルタワーが誕生し、現在はこちらがランドマークになっています。

高松市には国の特別名勝にも指定されている栗林公園や、瀬戸内海に位置する屋島などもあります。
特に栗林公園については歴史も深く、400年以上もの間、大名庭園として人々から愛され続けており、地方自治法施行60周年記念1000円銀貨にもこの公園がデザインされています。
香川といえば讃岐うどんも有名ですが、この讃岐という地名は現在の香川県に位置しています。
奈良時代前後から讃岐という地名が登場することからも、香川県の歴史の深さがうかがえます。

古銭の買取価格は、時期によって変動することになりますので、買取のタイミングは見極める必要があります。
買取相場が高くなるタイミングは市場の需要が高まる時期になりますので、市場の動向を観察しておくと良いかもしれません。

具体的に需要が高まるタイミングとしては、古銭ブームが訪れた時や、記念硬貨に関係するイベントが開催される時期、景気が良くなってきている時期などが考えられます。
古銭ブームについてはいつ訪れるかは定かではありませんが、他のタイミングについてはある程度予測することが可能です。

たとえばオリンピックなどの記念貨幣が新たに発行される可能性が高いイベントならば、それに伴って以前のオリンピック記念貨幣などの需要も高まることが予想されます。
景気については、景気が良くなることで愛好家にお金が入ると、古銭を買おうとする需要が高まり、古銭の買取価格も高まる可能性が高いです。
古銭買取は時期を見計らって行うと良いかもしれません。

骨董市で掘り出し物を見つけるには?

地域ごとによっても異なりますが、骨董市は比較的どの地域でも定期的に開催されていますので、まずはご自身が住んでいる地域の情報をチェックしてみると良いでしょう。
小規模な骨董市ならば文化センターなどで行われることもあり、地域の掲示板に広告が張り出されることも多いです。
何から始めれば良いか分からないといった際には、情報収集から始めてみましょう。

骨董市の開催される時間帯については、朝方から日中にかけて開かれることが多いです。
中にはお昼頃から始まることもありますが、基本的には朝から始まることが多いです。
掘り出し物があるかどうかを確かめるには、とにかく自分の足で回ってみるしかありません。
それも、良い品ほど早くに売れてしまうものですから、できれば骨董市が開始されるのと同時に入場できることが望ましいです。
骨董品の熱烈なファンの中には、開始1時間前から入場を待っているという人もいます。

骨董市は一見すると何も気にせずに買い物をするだけのようにも見えますが、気を付けるべきマナーはあります。
たとえば品物の扱いについてです。
骨董品は新品ではなく、雑に扱ってしまうと壊れてしまうことも考えられます。
修復した後の品物の場合には特に脆くなっている可能性が高いです。
そのため、品物を見る際には手に取って見るのも良いですが、優しく扱うように心掛けなければいけません。
また、触る前には必ず店主に一声かけてから手に取るのがマナーです。

この他にも、衣服やバッグ、リュックなどが品物に引っ掛からないように注意する必要もあります。
骨董品には割れ物が多く、ちょっとした衝撃でも傷がついてしまうものですので、衣服などが引っ掛からないように注意深く歩くようにしましょう。

掘り出し物を見つけるためにも、まずは情報収集から、そして次に早い時間からの来場を心掛けてみてください。
マナーにも充分注意して、お眼鏡に適う品物を見つける喜びをぜひ味わってみてください。