おすすめ買取業者を見る

不要な骨董品が高く売れる!
長年使っていなかった
骨董品を簡単&手間なく
高価買取
してもらう方法をご紹介します。

イチオシ!オススメ骨董買取業者

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高い業者をご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • シミや汚れ、キズがあるものでも査定OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 出張費用、宅配キット無料
    • 着物やブランド品などと合わせてまとめ売りすると買取金額10%アップ
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取・店頭買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※宅配買取の品物返送時送料はお客様負担(着払い)
    福ちゃんは着物や切手、ブランド品、貴金属などの古物商品の買取を行っている総合リサイクル業者ですが、ブランド食器の買取には特に力を入れている様子です。
    中でも洋食器がメインとなっており、買取対象ブランドはどこよりも豊富なので、ブランド物の洋食器を売るならまずここを選んで間違いないでしょう。
    また、福ちゃんは骨董品や着物など鑑定の難しい品も扱っているので、食器の買取に関しても全く問題はないと思います。
    事実、福ちゃんのイメージモデルを務める中尾彬さん、池波志乃さんご夫妻も福ちゃんで食器買取をしているので買取価格の高さはお墨付きです。
    その他、福ちゃんでは骨董品などと合わせてまとめ売りすれば、買取金額が10%アップするキャンペーンも行っているので、より高価買取が期待できます!
  2. 日晃堂
    ★★★★★
    • ブランド食器なら使用済みやキズ・汚れのある物、箱無しでも買取OK
    • ひび割れや欠けがあっても買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • ブランド食器の買取金額10%アップキャンペーン実施中!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~20:00 年中無休
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    日晃堂は骨董品専門の買取業者ですが、ブランド洋食器・和食器からアンティーク食器などの陶器の買取も行っています。
    こちらのお店は骨董品を専門に扱っているという特徴から、特に有田焼などの和食器やアンティーク食器といった古美術的価値がある食器の買取が強いです。
    もちろん洋食器の鑑定技術も高いので、洋食器と和食器をまとめて売りたい時には非常におすすめの業者と言えます。
    現在はブランド食器の買取10%アップキャンペーンを行っているので、この機会を利用すれば何十万円という買取価格になる可能性もあります!
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    • 使用済みやキズ・汚れのある物でも買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料LINE査定あり
    • 出張費用無料
    • 女性のお客様のみ、女性査定員の指名が可能
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 365日・24時間受付
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)

世界的評価を受けた岩手県の地方自治法施行60周年記念貨幣

地方自治法施行60周年で発行されることになった記念貨幣は、非常に美しいデザインになりました。
各都道府県ごとに作られることになりましたが、岩手県でも20011年下半期に発行されています。
記念硬貨として、平成24年5月にウイーンで開催された世界造幣局会議のMDCコイン・コンペディションでも高い評価を受けました。
もっとも美しい貨幣として、岩手県の地方自治法施行60周年記念貨幣が受賞したのです。
これによって1万枚の追加発行が決定したのは、他の県の通貨との違いとなっています。

発行枚数を見ると、1000円は10万枚でほかの県と同じで、500円は179万枚と200万枚には届いていません。
ですが、追加発行があったため、1000円だけがトータル11万枚となりました。
この措置が取られたのは岩手県だけであり、他の県の記念貨幣との大きな違いとなっています。
地域活性化という目的もあったため、4000セットに関しては同県で直接販売されました。

最も美しいと評価されることになった1000円銀貨は国宝でもある中尊寺が描かれています。
金色堂とも呼ばれる姿が再現されており、中尊寺にある蓮とともに素晴らしい姿が作りこまれているといえるでしょう。
この蓮は先続けてきたものではなく、四代泰衡の首級の入った桶の中から発見された種で、平成10年に開花されました。
約800年も前の蓮の種が開花できたということで大きな話題になっています。

500円のほうのデザインは、中尊寺金色堂をデザインしているものの、また違った風情を表しているのが特徴です。
新覆堂をデザインしていますが、これは昭和に入って新たに建設された方がデザインに用いられました。
旧覆堂も現存しており重要文化財になっています。
毛越寺曲水の宴がともにデザインされており、平安時代に栄えた地域の雰囲気を感じ取ることができる素晴らしい出来上がりを感じることができるでしょう。
500円は金融機関の窓口で額面価格で引き換えがおこなわれました。

岩手県の宮古市で古銭買取を考えるならチェックしておくポイント

岩手県は南北に長い地形を持っています。
西側は奥羽山脈が通り、東側は太平洋を望む地形となりますが、三陸海岸など特徴的な部分を持っていることでも知られている地域です。
その三陸海岸を代表する都市になるのが宮古市になります。
漁業資源が豊かなのは三陸海岸独特の地形もあり、観光資源としても役立っていることは間違いありません。
地形的な部分で考えると、北上盆地とは距離がある上、平地としても独立しているため、別の地域圏になっていることがわかります。

三陸海岸のリアス式海岸で見ると北端であり、非常に特徴的な地形を持っている地域です。
宮古湾が形成されているのは、市街地も覆う重茂半島の存在がポイントになってきます。
高台になっているため、電波塔も設置されており、観光としても素晴らしい景観を持っている半島です。
本州最東端の位置になってくるため、宮古市自体が最東端の市として観光に関してもかなり力を入れています。
函館戦争で宮古湾海戦がおこなわれた場所です。
近代史の海戦としては非常に珍しく、海賊映画さながらに新政府軍が敵艦に乗り込み白兵戦で船を奪取しようとしましたが失敗しています。

宮古市には、いろいろな古銭買取業者がありますが、買取りしてもらうためには事前にチェックしておくことも重要です。
古銭買取を考える場合、正しい評価ができることがポイントになってくるでしょう。
主力商品として古銭を考えている場合には、安心して取引ができるはずです。
もちろんこれまでにどれぐらい取り引きをしてきたのが重要になってくるため、チェックしておかなければいけません。

査定員が在籍しており、熟練しているかどうかも重要です。
そこまで判別ができなくても、査定をしっかりしているかどうかも判別のポイントになってきます。
販売できるルートを持っていることも重要ですが、見た目ではわからない部分もあるはずです。
自社でホームページを持っている場合には、どんな商品をいくらで販売しているかでも判別することができるでしょう。
話しを聞くだけなら無料なことは間違いないのですから、まずは問い合わせしてみて判断してみるのが重要です。

岩手県でも人気が高まる骨董品

時代とともにさまざまなものが生まれ使われていきます。
もう二度と作られていかないようなものもあり、特に古いものに関しては、その時代を表すようなものもたくさんあり、高額で取引されることも珍しくありません。
お宝といってもいいようなものもたくさん出てくることもあって、多くの人気を集めています。
日本だけではなく、世界各国に収集家が存在しており、市場は大きく広がっているのですからチャンスがあれば査定にかけてみるべきです。

骨董品もいろいろなものがあり、ひとまとめにできるようなものではありません。
アンティークと呼ばれることもありますが、実にさまざまです。
人気が高まってきているのは、家具類でしょう。
実際に多くの種類があるのは、それだけ生活の中で使われてきたものだからです。
民芸品とも呼ばれることがありますが、時間とともに独特の変化を遂げて味わいの異なるものもたくさんあります。
国産メーカーのものなどになれば、さらに高額になることがあるでしょう。

もっと細かく見ていくと、ちゃぶ台や足踏みミシン、文机なども人気が出てきました。
生活環境の中にさりげなく置くことができるというのもありますが、実際に使い勝手を考えても、アンティークな家具を置いて使うという人が増えています。
足踏みミシンのように、現在のものとは性能が違うと思う人もいますが、実は速度の調整も自分の思うままにできるため、実用性も持っているのです。
アンティークなボディを生かしながら、電動化してしまうという人もいるため、人気が高いといえるでしょう。

本当にさまざまなものがありますが、壊れやすいランプシェードなども人気です。
だからこそ、査定を受ける場合にはいろいろと考えておかなければいけないことも出てきます。
移動中に壊れてしまったりすれば、元も子もありません。
高額査定を引き出すことを考えても出張査定を考えてみる方がいいでしょう。
状態を悪化させたりすることもありませんし、査定が気に入らなければ断ることもできますし、自分の手間も減らせるため、岩手県でもおすすめといえるでしょう。