おすすめ買取業者を見る

不要な骨董品が高く売れる!
長年使っていなかった
骨董品を簡単&手間なく
高価買取
してもらう方法をご紹介します。

イチオシ!オススメ骨董買取業者

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高い業者をご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • シミや汚れ、キズがあるものでも査定OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 出張費用、宅配キット無料
    • 着物やブランド品などと合わせてまとめ売りすると買取金額10%アップ
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取・店頭買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※宅配買取の品物返送時送料はお客様負担(着払い)
    福ちゃんは着物や切手、ブランド品、貴金属などの古物商品の買取を行っている総合リサイクル業者ですが、ブランド食器の買取には特に力を入れている様子です。
    中でも洋食器がメインとなっており、買取対象ブランドはどこよりも豊富なので、ブランド物の洋食器を売るならまずここを選んで間違いないでしょう。
    また、福ちゃんは骨董品や着物など鑑定の難しい品も扱っているので、食器の買取に関しても全く問題はないと思います。
    事実、福ちゃんのイメージモデルを務める中尾彬さん、池波志乃さんご夫妻も福ちゃんで食器買取をしているので買取価格の高さはお墨付きです。
    その他、福ちゃんでは骨董品などと合わせてまとめ売りすれば、買取金額が10%アップするキャンペーンも行っているので、より高価買取が期待できます!
  2. 日晃堂
    ★★★★★
    • ブランド食器なら使用済みやキズ・汚れのある物、箱無しでも買取OK
    • ひび割れや欠けがあっても買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • ブランド食器の買取金額10%アップキャンペーン実施中!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~20:00 年中無休
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    日晃堂は骨董品専門の買取業者ですが、ブランド洋食器・和食器からアンティーク食器などの陶器の買取も行っています。
    こちらのお店は骨董品を専門に扱っているという特徴から、特に有田焼などの和食器やアンティーク食器といった古美術的価値がある食器の買取が強いです。
    もちろん洋食器の鑑定技術も高いので、洋食器と和食器をまとめて売りたい時には非常におすすめの業者と言えます。
    現在はブランド食器の買取10%アップキャンペーンを行っているので、この機会を利用すれば何十万円という買取価格になる可能性もあります!
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    • 使用済みやキズ・汚れのある物でも買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料LINE査定あり
    • 出張費用無料
    • 女性のお客様のみ、女性査定員の指名が可能
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 365日・24時間受付
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)

石川県をイメージできる地方自治法施行60周年記念貨幣のデザイン

2007年に発行が発表され、2008年からスタートしていったのが地方自治法施行60周年記念貨幣です。
8年間をかけて47都道府県すべてのデザインが発行されました。
順次発行されていく中で、石川県は後半にあたる2014年の下半期に発行されています。
どの都道府県でもイメージされるような風景が作られていきましたが、石川県もかなり強いイメージを残すデザインとなりました。

石川県で使われたのは、金沢市にある兼六園です。
イメージ的にもぴったりなのは、国の特別名勝に指定されるほどの庭園であるというところになるでしょう。
日本の三大名園のひとつであり、ミシュラン観光ガイドで最高の3つ星にも選ばれています。
それほどの庭園となってくるため、地方自治法施行60周年記念としても、ぴったりでしょう。

兼六園と名付けられたのは、その風景が宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望と6つの景観を持っているためです。
そのため、季節によっても趣が変わってくるのが特徴であり、さまざまな姿を楽しむことができます。
地方自治法施行60周年記念貨幣の1000円に描かれているデザインは、徽軫灯籠と雪吊りがあるだけではなく、非常に美しく姿をライトアップさせている夜景になっているところが特徴でしょう。
昼間の兼六園も美しい姿を見ることができますが、夜のライトアップはまた違った表情を感じることができるのです。
特に徽軫灯籠は兼六園を代表とする景観を作る大事なものであり、足が二股になっているところに特徴があります。

500円には石川県の北部に伸びる能登半島の各地でおこなわれてきたキリコ祭りが描かれました。
大きな灯篭を使うことが特徴の祭りであり、国の記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財に指定されるほどです。
キリコとは切籠と漢字で書くことからも巨大なキリコ灯籠のことで、地域によってかたちも違います。
この祭りを石川県の南部にある木場潟方から見る風景となっているのも、石川県をイメージできる風景といえるでしょう。

古銭や紙幣を石川県金沢市でも業者に買取ってもらうためには

日本の大名の中で、最大規模になっていく加賀藩があったのが現在の石川県金沢市です。
巨大都市として成長していくことになりますが、人口だけを見ても、江戸・大坂・京都に次ぐ都市でした。
名古屋と比肩する都市であり、今でも歴史的な遺産が数多く残っています。
長い歴史を持っている都市のひとつであり、文化形成も進んでいきました。
伝統工芸も数多く残っており、庶民文化も数多く受け継がれてきています。
ユネスコの創造都市に2009年には認定されました。

日本海側の独特の気候を持っており、年中湿度が高い地域です。
雲が発生しやすく、天気が崩れやすいことから、弁当忘れてもカサ忘れるなという言葉も伝わっています。
それほど急変することもありますが、冬場には雪も降る日が多く、雷に関しては全国の県庁所在地の中でも最も多くなっている都市です。
天気が安定する時期が少なく、4月から5月、10月をのぞけば、かなり不安定な時期となるでしょう。
日本海側から風が吹き込むため、思っているほどの積雪にはなりません。

歴史の古い金沢市では、数多くの古銭や紙幣が見つかることもあります。
取り引きも活発におこなわれていきますが、買取りの方法も知らなければ取引にはならないでしょう。
古銭や紙幣の場合、買取り専門の業者に問い合わせするところからスタートです。
出張買取を依頼することもできるため、まずは電話での問い合わせがいいでしょう。
価値もわからないものが多くなるため、相談だけでも問題はありません。

査定をしてもらってから、売るか売らないか判断します。
査定が気に入らないものであれば、売らなくても一向に問題はありません。
納得できた時だけ取引は成立します。
査定が取引ではないからです。
取り引きを成立させるためには、契約書にサインをしなければならず、これで買取り金額を受け取れば完了となります。
枚数にもよりますが、よほど珍しいものでも1時間もあれば査定は終了するといえるでしょう。
大まかな流れですが、持ち込むこともできますし、郵送での査定といった方法もあるため、自分にあったかたちを選ぶのが一番です。

物置に眠っている骨董品は石川県でも判別からスタート

物置をのぞいてみると、なんだかわからないような置物が眠っていることがあります。
石川県でも珍しいことではないでしょう。
これが一体何なのか、さっぱりわからないけど、長く保管されているような状態であれば、骨董品として価値があることも出てきます。
本物なのか偽物なのか、その前に価値があるものかどうかを考えていかなければいけません。

本物かどうかを見分けていくポイントとしては、刻印やサインがあるかどうかです。
物置から出てきた置物は、そのままの状態になっていることが多くみられますが、箱があったり、裏面に刻印がされていたりする可能性があるでしょう。
少なくても、自分が作ったものという証をしているだけ違いがあります。
これがあるだけでも、だれかの作品ということになり、価値が出てくる可能性が出てくるからです。
ただし、本物なのかどうかは、専門家の鑑識眼がなければ判別は難しいでしょう。

生産された年代も重要です。
これは製作者の問題ともかかわってきますが、いつ作られたのかによって、非常に高額になる可能性が出てきます。
制作者がわからなくても、古いものであれば希少性だけで高額になることも珍しくありません。
問題は何で判別するのかという分になってきますが、作り方や素材でわかることもあります。
製作者の刻印やサインでも判別できることが出てきます。
陶磁器で作られているものは、見た目だけでも時代がはっきりすることがあるため、迷ったときには、買取り専門店などで鑑別してもらう方がいいでしょう。

大事なこととして、素材を忘れてはいけません。
制作者がわからなくても、元の素材が高額であれば、必然的に取引されていくことになります。
象牙やヒスイ、金銀などの貴金属がありますが、これだけでもかなり高額なことがわかるはずです。
デザイン的にたいした価値がないような場合でも、素材の価値は変わることがありません。
素材の場合にも偽物であることもありますので、査定にかけてみることが大切です。