おすすめ買取業者を見る

不要な骨董品が高く売れる!
長年使っていなかった
骨董品を簡単&手間なく
高価買取
してもらう方法をご紹介します。

イチオシ!オススメ骨董買取業者

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高い業者をご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • シミや汚れ、キズがあるものでも査定OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 出張費用、宅配キット無料
    • 着物やブランド品などと合わせてまとめ売りすると買取金額10%アップ
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取・店頭買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※宅配買取の品物返送時送料はお客様負担(着払い)
    福ちゃんは着物や切手、ブランド品、貴金属などの古物商品の買取を行っている総合リサイクル業者ですが、ブランド食器の買取には特に力を入れている様子です。
    中でも洋食器がメインとなっており、買取対象ブランドはどこよりも豊富なので、ブランド物の洋食器を売るならまずここを選んで間違いないでしょう。
    また、福ちゃんは骨董品や着物など鑑定の難しい品も扱っているので、食器の買取に関しても全く問題はないと思います。
    事実、福ちゃんのイメージモデルを務める中尾彬さん、池波志乃さんご夫妻も福ちゃんで食器買取をしているので買取価格の高さはお墨付きです。
    その他、福ちゃんでは骨董品などと合わせてまとめ売りすれば、買取金額が10%アップするキャンペーンも行っているので、より高価買取が期待できます!
  2. 日晃堂
    ★★★★★
    • ブランド食器なら使用済みやキズ・汚れのある物、箱無しでも買取OK
    • ひび割れや欠けがあっても買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • ブランド食器の買取金額10%アップキャンペーン実施中!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~20:00 年中無休
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    日晃堂は骨董品専門の買取業者ですが、ブランド洋食器・和食器からアンティーク食器などの陶器の買取も行っています。
    こちらのお店は骨董品を専門に扱っているという特徴から、特に有田焼などの和食器やアンティーク食器といった古美術的価値がある食器の買取が強いです。
    もちろん洋食器の鑑定技術も高いので、洋食器と和食器をまとめて売りたい時には非常におすすめの業者と言えます。
    現在はブランド食器の買取10%アップキャンペーンを行っているので、この機会を利用すれば何十万円という買取価格になる可能性もあります!
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    • 使用済みやキズ・汚れのある物でも買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料LINE査定あり
    • 出張費用無料
    • 女性のお客様のみ、女性査定員の指名が可能
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 365日・24時間受付
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)

一目で茨城県とわかる地方自治法施行60周年記念貨幣

地方自治法の施行60周年を記念するかたちで発行されたのが地方自治法施行60周年記念貨幣です。
都道府県ごとに違ったデザインで作られていくことになりますが、それぞれに違った雰囲気を見ることができるのは大きな違いになって表れました。
茨城県の記念通貨に関しても、独特なデザインを持っているところがポイントです。
特に茨城県の場合には、2009年下半期に発行されたもので、デザイン的にも後期のものと異なります。

茨城県の1000円銀貨のデザインは、筑波山がバックに描かれているところが特徴です。
東野筑波ということで西の富士山とともに称されることもある美しい姿が特徴といえるでしょう。
茨城県の中でも非常に美しい姿を持っていることでも知られており、シンボル的な役割も持っています。
古くから神域としても知られており、万葉集にも読まれ日本百名山のひとつにも登録されている名峰です。

もうひとつのデザインは、世界に誇る技術として知られるようになったH-IIロケットです。
茨城県には筑波研究学園都市がありますが、現在の独立行政法人宇宙航空研究開発機構の前身であった宇宙開発事業団がありました。
ここで開発されたのが、H-IIロケットで純国産として初めて作られたロケットになりました。
人工衛星用のロケットであり、主要技術のすべてが国内で開発されたことは大きな転機になったといえるでしょう。
実際に宇宙航空研究開発機構の筑波宇宙センターには実物があります。

500円には、茨城県の水戸市にある国の史跡名勝に指定されている偕楽園と美しく咲く梅がデザインされました。
兼六園と後楽園に並ぶ日本三大名園のひとつであり、茨城県を代表する景観を誇っています。
梅の名所としても知られていますし、一緒にデザインされた好文亭は偕楽園内に建てられており歌会や茶会も催されている重要な施設になっているといえるでしょう。
このデザインだけでも、これが茨城県であることがよくわかるものとなっています。

茨城県でも押さえておきたい古銭の洗浄

関東地方の太平洋側にある茨城県の県庁所在地になってくるのが水戸市です。
大都市制度として作られた特例市のひとつであり、現在は廃止されたことで施工時特例市として経過措置が水戸市でも取られました。
水戸徳川家で有名な土地であり、水戸黄門や偕楽園があることでも知られていますが、なによりも特産として納豆が有名でしょう。
納豆早食い世界大会もおこなわれるほどの知名度を誇ります。
明治以降に生産が盛んになったものであり、水戸納豆としても有名になりました。

茨城県という名称も実は水戸市周辺からきています。
県庁がおかれた水戸市の場所が旧茨城群であり、ここから茨城県という名前になりました。
それほど重要な年になってくるのは間違いありません。
実との地名の由来は水運の戸口であったといわれています。
那珂川が水運輸業の重要拠点であったことが、地名に由来しているポイントですが、現在は存在していません。

人気の古銭も水戸市では盛んに取引されていますが、綺麗な状態を維持することが高額取引のポイントになってくるのは変わらないところです。
そこで、自分で洗浄するという方法も出てきます。
洗浄することで、コレクションとしては見栄えが良くなるでしょう。
これだけでも違いが出てきますし、取り引きを考えても大切です。
ただし、材質によっては柔らかく傷がつきやすい場合もありますし、変質してしまうこともあるため注意が必要です。

洗浄方法は素材によっても変わってきます。
金貨のように柔らかい素材は軽くからぶきする程度にしなければいけません。
銀貨は専用クリーナーを使うといいでしょう。
細かな部分も綺麗にすることができます。
銅かは漂白剤が有効ですが、しっかりと落とさないと侵食されてしまうことが注意点です。
ニッケルなども専用のクリーナーが重要ですが、とにかく優しく取り扱うことがポイントになってくるでしょう。
錆やよごれを落とすどころかかけてしまったりすれば、価値を失ってしまうことになるからです。

茨城県でも人気の高い掛け軸の歴史と保存

骨董品は、人間のもつ美観を刺激してくれることが多いでしょう。
美しいものは、自分の手のうちに置きたいと思ってしまうことも出てきます。
そんな骨董品の中でも高い人気を誇るのが掛け軸になるでしょう。
素晴らしい芸術性を持っており、さまざまなかたちで愛されてきました。
昔は普通に使われてきたものではありますが、茨城県でも洋間が増えてきた現在では、掛け軸は骨董品として扱われることのほうが多いでしょう。

もともと、掛け軸は長い絵画として表装して飾るために作られてきました。
一定の形状があるように見えますが、実はかなり自由なものであり、とても長いものもあれば、短いものもあったりします。
中国の北宋時代に使われ始めたと考えられており、丸めて桐箱で保管できるようになっているのも重要でしょう。
日本には飛鳥時代にはあったと考えられていますが、骨董品としてこの時代のものが市場に出てくることはほとんどありません。
鎌倉後期には、水墨画の隆盛とともに多くの物が作られるようになりました。

掛け軸は室町時代となり大きく変化していきます。
茶の湯で使われるようになり、爆発的に人気が高まるからです。
熱狂的に収集されるようになり、数も極端に増加するようになります。
江戸時代になると文人画といったところでも流行し始めていき、技術的にも向上が見られるようになりました。
これまでになかったような豪華なものが見られるようになりますが、日本画の過渡期になる明治から大正時代には需要が大幅に減少していきます。
戦争や西洋化の波も大きな影響を与えることになりました。

現在の掛け軸は、茨城県でも取り引きが進むように骨董品としての価値が高いといっていいでしょう。
収集家も多くみられるようになり、海外でも注目を集めています。
買取りの相場も上昇してきているのは、収集というかたちが大きなポイントになってきているのは間違いありません。
それだけに状態が重要であり、湿度が少なく、日光に当たらない環境で補完することが大切です。
虫くいの問題などもありますので、定期的な陰干しを含め、管理が重要になってくるでしょう。