おすすめ買取業者を見る

不要な骨董品が高く売れる!
長年使っていなかった
骨董品を簡単&手間なく
高価買取
してもらう方法をご紹介します。

イチオシ!オススメ骨董買取業者

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高い業者をご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • シミや汚れ、キズがあるものでも査定OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 出張費用、宅配キット無料
    • 着物やブランド品などと合わせてまとめ売りすると買取金額10%アップ
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取・店頭買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※宅配買取の品物返送時送料はお客様負担(着払い)
    福ちゃんは着物や切手、ブランド品、貴金属などの古物商品の買取を行っている総合リサイクル業者ですが、ブランド食器の買取には特に力を入れている様子です。
    中でも洋食器がメインとなっており、買取対象ブランドはどこよりも豊富なので、ブランド物の洋食器を売るならまずここを選んで間違いないでしょう。
    また、福ちゃんは骨董品や着物など鑑定の難しい品も扱っているので、食器の買取に関しても全く問題はないと思います。
    事実、福ちゃんのイメージモデルを務める中尾彬さん、池波志乃さんご夫妻も福ちゃんで食器買取をしているので買取価格の高さはお墨付きです。
    その他、福ちゃんでは骨董品などと合わせてまとめ売りすれば、買取金額が10%アップするキャンペーンも行っているので、より高価買取が期待できます!
  2. 日晃堂
    ★★★★★
    • ブランド食器なら使用済みやキズ・汚れのある物、箱無しでも買取OK
    • ひび割れや欠けがあっても買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • ブランド食器の買取金額10%アップキャンペーン実施中!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~20:00 年中無休
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    日晃堂は骨董品専門の買取業者ですが、ブランド洋食器・和食器からアンティーク食器などの陶器の買取も行っています。
    こちらのお店は骨董品を専門に扱っているという特徴から、特に有田焼などの和食器やアンティーク食器といった古美術的価値がある食器の買取が強いです。
    もちろん洋食器の鑑定技術も高いので、洋食器と和食器をまとめて売りたい時には非常におすすめの業者と言えます。
    現在はブランド食器の買取10%アップキャンペーンを行っているので、この機会を利用すれば何十万円という買取価格になる可能性もあります!
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    • 使用済みやキズ・汚れのある物でも買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料LINE査定あり
    • 出張費用無料
    • 女性のお客様のみ、女性査定員の指名が可能
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 365日・24時間受付
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)

北海道の地方自治法施行60周年貨幣

さまざまな記念通貨がありますが、地方自治法施行60周年記念貨幣は、47都道府県の図柄をあしらったかたちで作られました。
それぞれの都道府県をイメージして作られているところが大きな特徴になるでしょう。
日本の地方自治法施行を記念して作られているところがよくわかります。
バイメタル硬貨である500円は、偽造対策として用いられています。
世界各国でも記念硬貨などに使われることが多い手法です。
1000円は銀貨が用いられましたが、一気に発行されたわけではなく、順次発表されたところが特徴です。

北海道は、初回分として2008年に発行されました。
この方法は、アメリカ合衆国の50州の図柄によって作られた25セント硬貨と同じ手法を取っています。
日本では、8年かけて数件ずつ発行することが決められており、最終的に94種類となることからも、日本の記念硬貨としては、最多のものになりました。
北海道の場合には、主要国首脳会議が開催されており、この記念硬貨としても題材に用いられているところが特徴といえるでしょう。

1000円は洞爺湖とタンチョウが図柄として作られており、20008年7月に発行されています。
発行枚数は10万枚とほかの都道府県と変わりません。
500円は同時に発行されたのではなく、2008年の12月10日に洞爺湖と北海道庁旧本庁舎の図柄になっているのが違いです。
発行枚数は210万枚と、ほかの都道府県に比べて枚数が多く、地方自治法施行60周年貨幣の中でも最も多い数量となりました。
200万枚を超えたのは、同時に発行されている京都の500円の205万枚しかありません。

1000円と一部の500円ではプルーフ仕上げがおこなわれたところも特徴です。
この仕上げ方法をおこなったのは、カラーコインとして発売したところも大きいでしょう。
結果として額面よりも発売金額が上回ることとなりました。
プレミアム貨幣と呼ばれているのも、この差額が存在するからです。
この代金には発送費用と消費税も含まれていたのは大きなポイントとなりました。

札幌で古銭を高値で売却するために

札幌市は北海道の中で最大の都市であり、唯一政令指定都市に指定されています。
日本最大の政令指定都市としても知られており、人口で見た時には横浜、大阪、名古屋に次ぐ人口になっているところがポイントです。
北海道全体で見ても、人口の3割にも及ぶことは、広大な面積から考えれば、人口集中が起こっていることがわかります。
プライメイトシティの典型例といわれますが、2位になる都市を大きく引き離している都市を指す言葉です。
それだけ機能が集中しているともいえるでしょう。
北海道という立地を考えれば、地形的な問題でどうしても人口密集地にできる場所が限られたという地理的な部分が大きな要因ともいえます。

札幌という市名は、豊平川に対してもともと住んでいたアイヌの人たちが名付けた言葉だといわれています。
語源としてはいろいろな説があり、どれも結びついてくるところがはっきりとした決め手になってこない部分です。
豊平川が水無し川になりやすかったことや、芦原が広大にあったことを指すアイヌの人たちの言葉からとられたと考えられているからです。
縄文時代より存在していたことがわかっていますが、それほど重要な拠点だったということになるでしょう。

札幌で古銭の売却を考えるのであれば、やはり店舗はしっかりと検索しておかなければいけません。
どんなところで売却するのかによって、価格は大幅に変化します。
市場としての価値もありますが、店舗ごとに買取り価格は変動してくるため、現在どのような価格帯で買取っているのかを知ることが大切です。
特に力を入れているような種類がわかれば、効果的に活用ができるでしょう。

古銭の買取りの場合、必ず相場が存在しているところも注目しておかなければいけません。
種類にもよりますが、額面以上に価値の高いものも存在しますし、貴金属相場から影響を受けることもあります。
単純にいくらぐらいと思うのではなく、相場の変動もチェックしておくと売却で失敗してしまうようなことを防げるでしょう。
特に大幅変動しているものは要チェックといえます。

北海道で骨董品を高額で買取ってもらうなら

北海道にもさまざまな骨董品を扱っている業者が存在しています。
どうせ買取りに出すのならば、少しでも高額にしていきたいのは間違いありません。
ここで注意しなければいけないのは、一定の相場はあるものの、買取業者によって大きな差がついてくるところでしょう。
状況によっては10倍近くになってしまうこともあるのは、しっかりと販売ルートを持っているかどうかによるからです。
販売できるものであれば、業者はすぐに欲しいと思いますし、ルートが確立できていないのであれば、在庫になってしまうことから安く買わなければいけないということになるでしょう。

ここで考えていかなければいけないのが、買取り専門店なのかどうかです。
買取り専門店の場合、北海道でも骨董品を買取った後に市場で販売することが基本となってきます。
専門店に販売することもありますが、当然ワンステップ増えることになってくるため、値段はどうしても上がりません。
これが販売と両方をおこなっている場合、マージンを取られることがないため、効率的な販売ができます。
コレクターなどに直接働きかけて販売するといったこともおこなっていくため、高額になりやすい傾向があるでしょう。

出張買取をしているところも、高額になりやすいポイントです。
骨董品は、移送中に壊してしまうことも出てきます。
保存状態が絶対的な条件となるため、自分で持ち込むよりも出張買取のほうが効果的です。
同じように保存状態も優れていなければいけません。
普段から気をつけておくべきですが、なかなかわからない部分も出てくるでしょう。
そこでできるだけ早く売ってしまうということも考えておくべきポイントです。
劣化は日々進むことを考えれば、管理できないぐらいなら売ってしまったほうがお得といえます。

付属品があるかどうかも大事なポイントです。
完全にそろっていて初めて高額になると考えて間違いはありません。
そのためにも、信頼できる買取店を探すことが必要でしょう。
本当に話しができているのか、真贋の目利きができるかどうか、技量的に重要になってくるポイントが多数あるからです。
適正な価格を提示してくれているかどうか、信頼できるところを探すのが、一番高額になるでしょう。