おすすめ買取業者を見る

不要な骨董品が高く売れる!
長年使っていなかった
骨董品を簡単&手間なく
高価買取
してもらう方法をご紹介します。

イチオシ!オススメ骨董買取業者

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高い業者をご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • シミや汚れ、キズがあるものでも査定OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 出張費用、宅配キット無料
    • 着物やブランド品などと合わせてまとめ売りすると買取金額10%アップ
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取・店頭買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※宅配買取の品物返送時送料はお客様負担(着払い)
    福ちゃんは着物や切手、ブランド品、貴金属などの古物商品の買取を行っている総合リサイクル業者ですが、ブランド食器の買取には特に力を入れている様子です。
    中でも洋食器がメインとなっており、買取対象ブランドはどこよりも豊富なので、ブランド物の洋食器を売るならまずここを選んで間違いないでしょう。
    また、福ちゃんは骨董品や着物など鑑定の難しい品も扱っているので、食器の買取に関しても全く問題はないと思います。
    事実、福ちゃんのイメージモデルを務める中尾彬さん、池波志乃さんご夫妻も福ちゃんで食器買取をしているので買取価格の高さはお墨付きです。
    その他、福ちゃんでは骨董品などと合わせてまとめ売りすれば、買取金額が10%アップするキャンペーンも行っているので、より高価買取が期待できます!
  2. 日晃堂
    ★★★★★
    • ブランド食器なら使用済みやキズ・汚れのある物、箱無しでも買取OK
    • ひび割れや欠けがあっても買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • ブランド食器の買取金額10%アップキャンペーン実施中!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~20:00 年中無休
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    日晃堂は骨董品専門の買取業者ですが、ブランド洋食器・和食器からアンティーク食器などの陶器の買取も行っています。
    こちらのお店は骨董品を専門に扱っているという特徴から、特に有田焼などの和食器やアンティーク食器といった古美術的価値がある食器の買取が強いです。
    もちろん洋食器の鑑定技術も高いので、洋食器と和食器をまとめて売りたい時には非常におすすめの業者と言えます。
    現在はブランド食器の買取10%アップキャンペーンを行っているので、この機会を利用すれば何十万円という買取価格になる可能性もあります!
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    • 使用済みやキズ・汚れのある物でも買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料LINE査定あり
    • 出張費用無料
    • 女性のお客様のみ、女性査定員の指名が可能
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 365日・24時間受付
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)

地方自治法施行60周年を記念して作られた群馬の通貨

地方自治法施行60周年を記念して発行が始まったのが、地方自治法施行60周年記念貨幣です。
平成20年度からスタートしていくことになりましたが、8年という長きにわたり順次発行されたのが特徴となりました。
1000円は銀貨であり500円はバイカラー・クラッド貨幣になったのも特徴で、1000円ではカラーコインとして都道府県を代表する図柄がデザインされていったのは大きな特徴といえるでしょう。

群馬県の地方自治法施行60周年記念貨幣は、2013年上半期に発行されています。
後期に発行されたものは、都道府県の風景がデザインされているものが多くなりますが、群馬県の地方自治法施行60周年記念貨幣は富岡製糸場東繭倉庫が描かれました。
世界遺産としても登録された富岡製糸場がデザインされたことで、一目見ても群馬県であることがわかります。

富岡製糸場は、日本の生糸工場として明治政府が創設し他工場です。
最大の輸出品として大事な産業でしたが、西洋式の技術によって作っていくことで、さらに大きな規模を目指した近代化の象徴的な施設となったのです。
蚕の品種改良などもおこなわれるようになり、群馬県で養蚕業は驚くほどの発展を見せることになっていきます。
工場としては昭和62年に操業停止となったものの、建物はしっかりと管理されて残されたことで現存したことで重要文化財にも指定され世界遺産にも登録されることになったのです。

500円には、工女が描かれました。
1000円にも用いられましたが、富岡製紙には全国から工女が集められ働いていたことが特徴です。
明治政府は工場としての技術中枢としながら、全国から工女を集めていくことで、のちに持ち帰らせて秘宝の技術発展を促しました。
さまざまな地域で葉酸がおこなわれ製糸業として発展していくことになったのは、富岡製糸場が果たした役割が大きかったといえるでしょう。
それだけに、このデザインを見るだけでも群馬県であることがイメージされていくのです。

古くから栄えた群馬県前橋市で見つかる古銭を処分する前に

群馬県の中核市であり県庁所在地になってくるのが前橋市です。
もともとは厩橋と呼ばれていた地域が江戸時代に前橋と改称されました。
明治になると製糸業で大きくなり、戦後は工場が多数誘致されていくことによって、都市を形成していくことになります。
関東平野の北西部に位置することから、赤城山南麓のふもとに広がっていく地域であり、利根川とも隣接することから非常に水資源豊富な地域です。

前橋市といえば、高崎市との関係が有名でしょう。
行政に関して言えば、前橋が中心ではありますが、経済圏としては中心が高崎にあるといわれます。
これは行政と商業の成り立ちの違いであり、二つに分けて発展したことが要因です。
特に話を複雑にしている要因が、一時期高崎に県庁が移転されていたこともある点でしょう。
明治初期の話ではありますが、経済圏としてみれば隣接地域であり、相互作用で成長していったのは間違いありません。

前橋市でも古銭などが見つかると処分に困ることが出てきます。
引っ越しなどでも出てくることがありますが、どうやって処分するのか迷ってしまいます。
古い地域にもなってくることから大量に出てくる場合もありますが、捨てる前に買取業者に相談してみるのがいいでしょう。
出張買取などをおこなうところも増えてきているため、大量でも問題はありません。
自分で運ぶ必要もないため便利です。

ごみとして考えれば処分することもできます。
金属資源として処分する方法になりますが、これは得策ではありません。
歴史的な価値が低くても、市場に流通していればそれなりの価値が生まれてくるようになるでしょう。
高額で取引されているものもありますので、まずは査定を受けてみるのが一番です。
価値を考えてみてから、処分をどうするのか検討してみたほうが間違いはありません。
リサイクルショップなどに処分する方法もありますが、正しい価値を判断するためには、専門家の鑑定を利用するほうが確実です。

群馬県でも骨董品の査定額を決めているポイントは

多くのメディアでも取り上げられるようになり、取り引きも進んできたのが骨董品です。
査定番組などもあり、どんな価値があるのか一喜一憂することもあるはずです。
ですが、一体なにが基準になっているのかはっきりとしないこともあるでしょう。
これは群馬県でも変わりませんが、さまざまな基準が存在し、そこから金額などが決定されていくことになります。
わかりにくい部分もあることが混乱の原因にはなりますが、もっとはっきりした理由もあるため抑えておく必要があるでしょう。

骨董品の鑑定として最も重要なのが、本物か偽物かです。
いろいろな方法で鑑定されていくことになりますが、時代考証的にありえない素材が使われていたりすることもあるでしょう。
模造品としてできの悪いものもありますが、あまりに出来が良く、偽物の本物として扱われるような例もあったりします。
真贋を専門に分析するところがあったりするため、一般的に偽物とされてしまえば、本物としての価値を失うと考えていいでしょう。
絵画のように1人の画家に対して専門チームがあるような場合もあります。

ものとしての価値を考えると、技法や種類といったことが重要になってくるでしょう。
美術品としてもポイントになってきますが、どの年代で作られたのかはっきりとわかるものを提示することが重要となってくるため、付属品などはそろえておくことが重要です。
ここから希少性を割り引きだすことができるようになり、需要とのバランスで査定を決めることになっていくでしょう。
需要が高まれば価値も高まっていくため、査定は変動することになるのも重要です。

より高い査定を引き出すためには、状態が重要になってきます。
キレイなもののほうが保存状態は優れているとされるため、価値は高いと判断されるでしょう。
ところが、骨董品の場合には、磨いたりすると逆に傷をつけたりすることがあるため、保存環境を整えておく必要も出てきます。
方法がわからないときには、できるだけ早めに査定を受けてしまうというのも大事な方法になってくるでしょう。