おすすめ買取業者を見る

不要な骨董品が高く売れる!
長年使っていなかった
骨董品を簡単&手間なく
高価買取
してもらう方法をご紹介します。

イチオシ!オススメ骨董買取業者

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高い業者をご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • シミや汚れ、キズがあるものでも査定OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 出張費用、宅配キット無料
    • 着物やブランド品などと合わせてまとめ売りすると買取金額10%アップ
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取・店頭買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※宅配買取の品物返送時送料はお客様負担(着払い)
    福ちゃんは着物や切手、ブランド品、貴金属などの古物商品の買取を行っている総合リサイクル業者ですが、ブランド食器の買取には特に力を入れている様子です。
    中でも洋食器がメインとなっており、買取対象ブランドはどこよりも豊富なので、ブランド物の洋食器を売るならまずここを選んで間違いないでしょう。
    また、福ちゃんは骨董品や着物など鑑定の難しい品も扱っているので、食器の買取に関しても全く問題はないと思います。
    事実、福ちゃんのイメージモデルを務める中尾彬さん、池波志乃さんご夫妻も福ちゃんで食器買取をしているので買取価格の高さはお墨付きです。
    その他、福ちゃんでは骨董品などと合わせてまとめ売りすれば、買取金額が10%アップするキャンペーンも行っているので、より高価買取が期待できます!
  2. 日晃堂
    ★★★★★
    • ブランド食器なら使用済みやキズ・汚れのある物、箱無しでも買取OK
    • ひび割れや欠けがあっても買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • ブランド食器の買取金額10%アップキャンペーン実施中!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~20:00 年中無休
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    日晃堂は骨董品専門の買取業者ですが、ブランド洋食器・和食器からアンティーク食器などの陶器の買取も行っています。
    こちらのお店は骨董品を専門に扱っているという特徴から、特に有田焼などの和食器やアンティーク食器といった古美術的価値がある食器の買取が強いです。
    もちろん洋食器の鑑定技術も高いので、洋食器と和食器をまとめて売りたい時には非常におすすめの業者と言えます。
    現在はブランド食器の買取10%アップキャンペーンを行っているので、この機会を利用すれば何十万円という買取価格になる可能性もあります!
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    • 使用済みやキズ・汚れのある物でも買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料LINE査定あり
    • 出張費用無料
    • 女性のお客様のみ、女性査定員の指名が可能
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 365日・24時間受付
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)

躍動感が目を引く岐阜県の地方自治法施行60周年記念貨幣

地方自治法施行60周年記念貨幣は、各県を象徴する図柄が描かれた貨幣です。
カラータイプの千円銀貨幣とバイカラー・クラッド貨幣の2種類があり、それぞれクオリティが高く、実用ではなくぜひ持ち続けたいような仕上がりとなっています。
各県をイメージできるような自然や食、施設の様子は、ただそれを見るだけで旅行への意欲を駆り立てられるほどでしょう。

岐阜県の地方自治法施行60周年記念貨幣は、中でも躍動感に溢れるでき栄えとなっています。
それこそ、今にも動き出しそうなクオリティと表現しても過言ではないでしょう。
旅行への意欲どころか、ただコインを眺めるだけでも現地を訪れたような気分になれるかもしれません。

そんな躍動感に注目するなら、千円銀貨幣がおすすめです。
図柄には、岐阜県を代表する豊かな清流長良川の水面、そして舟から鵜飼をおこなう鵜匠が採用されています。
舟の上で火を焚き、そこに集まる鮎を鵜に捕らせる独特の漁法は、他県ではなかなかお目にかかれない特別さでしょう。
さらには、鵜のしなやかな動きや細やかな水面、そして鵜匠、火の雰囲気までもがとてもリアルに再現されています。
手に入れ甲斐の十分にある、逸品といえるのではないでしょうか。

もう一方のバイカラー・クラッド貨幣については、また雰囲気ががらりと変わります。
水辺の風景であった千円銀貨幣とは反対で、岐阜県の民家を描いています。
もちろん、民家といっても現代的な家々が描かれているというわけでもありません。
岐阜県が誇る世界文化遺産、白川郷の合掌造りです。

冬場の豪雪にも耐えられる独特の茅葺き屋根は、先人の知恵が詰めこまれており、深みのある存在感を感じさせてなりません。
また手前には県花であるれんげの花もさりげなくあしらっており、どっしりとした合掌造りとかわいらしい植物とのコントラストが何とも絶妙です。
バイカラーの、スタイリッシュな銀貨です。
岐阜県らしい、そして日本らしい風景は、目にするたび心を和ませてくれるに違いありません。

岐阜県岐阜市の特徴と古銭買取時に知っておくべき知識

岐阜市は、岐阜県の中でもやや小さめの南西寄りに位置する市です。
面積約204キロ平米は、北部の広大な市と比べるとかなり控えめな印象です。
ですが、すぐ南部で愛知県に隣接しており、また他の主要市へのアクセスにも適していることから、人口密度キロ平米あたり約1,980人を誇る堂々の中核市となっています。

かつては城下町として栄えた歴史的にも重要な地域ですが、現在は近代的なイメージの強い雰囲気が広がっています。
特に岐阜駅周辺ともなると、オフィスや商業施設が立ち並んでおり、都会的な暮らしを送ることに適しています。
とはいえ、三大都市の一角である名古屋と比べると落ち着いた雰囲気であるため、愛知県名古屋市で働く人のベッドタウンとしても重宝されています。

長良川・武儀川・津保川といった河川が豊富な地域としても目を引きます。
県面積を考えるとかなり多い印象であり、水辺の景色を楽しみたい人は魅力感じることでしょう。
中でも長良川は、日本三大清流のひとつに数えられるほどの美しさを有しており、全国的にも有名です。
長良川でおこなわれる鵜飼は、岐阜県岐阜市の風物詩として欠かせません。

都会的な地域である岐阜市とはいえ、古銭買取店まで豊富かといえばそうでもありません。
全国同様、少しこだわって探さなければなりません。
ですが、だからといってリサイクルショップやネットオークションを利用するのはおすすめできません。
古銭の正しい価値を査定してくれるのは、やはり専門業者に他ならないためです。
事前に予定を立てて、専門店を探して訪れましょう。

また、売るタイミングというのも大切です。
古銭はいずれも骨董品であるため、歴史的価値を有するでしょう。
ですが、希少価値ひとつで価格は大きく左右されます。
たとえば、ほとんど見つかっていない人気の古銭なら高額査定であるものの、大量に発見されており、さらにコレクターが一度に大量に売っているようなものは、希少価値が下がってしまいます。
そのため、特別に高価なものを除いては、早めに査定に出すことをおすすめします。

意外に知らない人も多い?骨董品とアンティークの違いとは

骨董品とアンティークというそれぞれの言葉に、聞き馴染みがある人は少なくないでしょう。
後者は外国語がもとになっていますが、すでに日常的に使う言葉のひとつとして、浸透しているのではないでしょうか。
ですが、これらはいずれも似た言葉に他なりません。
そのため、どのような違いがあるのかまで知っている人は、そう多くないでしょう。

まず結論として、基本的な意味は同じと考えて良いでしょう。
何を隠そう、アンティークとはフランス語における「骨董品」を意味する言葉であるためです。
ですが、アンティーク=骨董品かといえば、断言できないのが実際のところです。
アンティークは骨董品であるという定義は存在しません。

ですが、アンティークでない骨董品というものを考えることは可能です。
たとえば、ヴィンテージに分類されるアンティークは、主に1950~1970年代のものに使われます。
さらにジャンクもまたアンティークに属しますが、この場合少し欠陥がみられるものを当てはめるのが一般的です。

また、数千万円や数億円といった金額が毎回動くような海外オークションにおいては、アンティークの中でも特に高価な家具はジェヌインと呼ぶそうです。
綴りは、「genuine」となります。
これには「本物の」という意味が伴っており、アンティークの中のアンティークといった意味合いで使われています。

こうした理由から、アンティークとは骨董品の中でもある程度の質があり、かといってとびぬけた価値というわけでもないものと表現できるでしょう。
レトロで貴重な印象を、わりと庶民派な感覚で楽しめるもの、それこそがアンティークなのです。
また近年においては、19世紀末期から大量生産された、実用性を重視したアンティークこそが「アンティーク」であるという考えもあるようです。
ある程度古い品でありつつ、実用面でも重宝するような品でしょう。
いずれにおいても、骨董品の中でも比較的身近なものこそが、アンティークであると定義して問題なさそうです。