おすすめ買取業者を見る

不要な骨董品が高く売れる!
長年使っていなかった
骨董品を簡単&手間なく
高価買取
してもらう方法をご紹介します。

イチオシ!オススメ骨董買取業者

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高い業者をご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • シミや汚れ、キズがあるものでも査定OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 出張費用、宅配キット無料
    • 着物やブランド品などと合わせてまとめ売りすると買取金額10%アップ
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取・店頭買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※宅配買取の品物返送時送料はお客様負担(着払い)
    福ちゃんは着物や切手、ブランド品、貴金属などの古物商品の買取を行っている総合リサイクル業者ですが、ブランド食器の買取には特に力を入れている様子です。
    中でも洋食器がメインとなっており、買取対象ブランドはどこよりも豊富なので、ブランド物の洋食器を売るならまずここを選んで間違いないでしょう。
    また、福ちゃんは骨董品や着物など鑑定の難しい品も扱っているので、食器の買取に関しても全く問題はないと思います。
    事実、福ちゃんのイメージモデルを務める中尾彬さん、池波志乃さんご夫妻も福ちゃんで食器買取をしているので買取価格の高さはお墨付きです。
    その他、福ちゃんでは骨董品などと合わせてまとめ売りすれば、買取金額が10%アップするキャンペーンも行っているので、より高価買取が期待できます!
  2. 日晃堂
    ★★★★★
    • ブランド食器なら使用済みやキズ・汚れのある物、箱無しでも買取OK
    • ひび割れや欠けがあっても買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • ブランド食器の買取金額10%アップキャンペーン実施中!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~20:00 年中無休
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    日晃堂は骨董品専門の買取業者ですが、ブランド洋食器・和食器からアンティーク食器などの陶器の買取も行っています。
    こちらのお店は骨董品を専門に扱っているという特徴から、特に有田焼などの和食器やアンティーク食器といった古美術的価値がある食器の買取が強いです。
    もちろん洋食器の鑑定技術も高いので、洋食器と和食器をまとめて売りたい時には非常におすすめの業者と言えます。
    現在はブランド食器の買取10%アップキャンペーンを行っているので、この機会を利用すれば何十万円という買取価格になる可能性もあります!
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    • 使用済みやキズ・汚れのある物でも買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料LINE査定あり
    • 出張費用無料
    • 女性のお客様のみ、女性査定員の指名が可能
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 365日・24時間受付
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)

福島県で外せない偉人が描かれた地方自治法の施行60周年記念貨幣

地方自治法の施行60周年を記念して、都道府県ごとに順次発行されていったのが地方自治法施行60周年記念貨幣です。
8年の年月をかけて発酵されていきましたが、福島県の場合には、もっとも最後である2016年に東京都ともに発行され、シリーズが完結しています。
後期の貨幣になってくるため、ほかの都道府県同様に美しい福島の風景がデザインされているところも特徴でしょう。

福島県の特徴としては、1000円に用いられた猪苗代湖の風景でしょう。
磐梯山のふもとにある猪苗代湖は、日本で4番目の大きさを誇る湖です。
福島県の中央部に位置しており、水質も非常に優れています。
水質日本一も何度も取っており、美しい姿を見せてくれる湖です。
そこに映る磐梯山は、日本百名山のひとつとして福島県を代表する山としても知られているでしょう。
会津磐梯山という名称でも知られており、地元では会津富士とも言われています。
その姿を記念硬貨で見られることで、福島県の地方自治法を記念していることがよくわかる作りです。

1000円に一緒にデザインされているのが、福島県で外すことができない偉人である野口英世でしょう。
福島県出身の細菌学者であり、黄熱病の研究で知られています。
子供のころに手を大やけどしてしまいますが、のちに手術を受けて指が使えるようになり、医師を目指すことになったのは有名な話です。
最終的には、黄熱病の研究と治療として訪れたガーナで自身も感染してしまい亡くなってしまいます。

500円には相馬馬追がデザインされました。
福島県の相馬氏や南相馬市でおこなわれている祭りのひとつであり、甲冑に身を包んだ騎馬武者が疾走していく豪快なところが注目を集めます。
その姿を500円硬貨で見ることができますが、旗指物の姿もわかり、豪華絢爛な姿で疾走する騎馬武者がいかに豪快なものなのかがわかるデザインです。
甲冑競場も描かれており、福島県を代表する祭りであることがよくわかるでしょう。

福島県福島市でも人気のある古銭

福島県の県庁所在地でもある福島市は、同地域の中核都市として知られています。
非常に古い都市であり、江戸時代より前から存在していました。
福島城が大きな存在で、城下町として形成されていきます。
名前としては福島城ですが、実は古墳時代から何らかの建物が存在していたことがわかっており、地理的に重要性があったことは間違いありません。
室町時代前期には、伊達持宗が大仏城で挙兵していく伊達持宗の乱が起きます。
この時の大仏城がのちに福島城となりました。

地理的な条件を見てみると、福島県の中でも北東部であり、猪苗代湖から北東に位置しています。
東京へは意外と遠くはなく、260kmの位置にあるのも重要でしょう。
東北自動車道でつながっている地域であり、距離以上に時間がかかりません。
夏は風の弱い地域で、かなりの猛暑になることも珍しくない反面、冬季は強風が吹くわりに積雪量が多くなります。
それも福島市内でも積雪量に下がることも珍しくないため、かなりの気象差が現れる市街地を持っているのです。

福島市でも人気のある古銭といえば、穴船といわれているものでしょう。
種類が膨大にありますが、その中でも中央部に穴が開いているものを指しています。
見た目でもわかりやすい古銭ですが、もともと作るときに必要なために開けられました。
数がとても多いだけではなく、種類が多く中には希少なものも存在することから高額になりやすい性格を持っています。

古紙幣や大判・小判といったものもありますが、買取り市場として安定しているのは、数がはっきりしており、高額なものもある古銭でしょう。
有名なところでは慶長大判金があります。
大きな古銭であり、回収されたり鋳潰したりしたこともあって、現存数が限られていることで3,000万円もの金額になることがある人気の古銭です。
歴史的な古銭も人気の的であり、博多御公用丁銀も有名どころでしょう。
朝鮮出兵の報酬などに使われたことで知られており、わずかなものしか残っていないため、300万円以上で取り引きされています。

山形県でも大切な骨董品の保管や手入れ

骨董品で重要になってくるのは、その状態を維持することにあります。
価値を下げないようにするためには、状態が優れていることがあげられますが、福島県でも骨董品の品質維持は簡単ではありません。
キレイな状態で管理をしていくことは、骨董品を扱う命題ではありますが、種類ごとに変わってきますし、コツもつかんでいく必要があるでしょう。

絵画はとにかく紫外線が天敵です。
日光だけではありません。
蛍光灯の光も紫外線を含んでいます。
色痩せしていくことになりますし、材質も劣化していくため、普段は黒い布をかぶせて収納するのが一番です。
ただし、乾燥は絵の具が割れてしまいますし、湿度が高くなればカビが出てきます。
上にものを乗せたりしないように管理する必要もあるでしょう。
同じように日光が苦手なのか茶道具です。
すぐに素材の劣化を始めてしまうため、湿度管理とともに考えていく必要があります。

湿度には耐えられるだろうと思ってしまうのが陶器です。
実は日光にも弱く湿度にも強いとは言えません。
素材的に考えると強そうに見えますが、温度変化を与えると、釉薬と膨張率が違うところに問題が発生します。
ほんのわずかな量ではありますが、繰り返していくことで負担がかかりひび割れてしまうことになるでしょう。
日光による色あせも価値を失うことになってしまいます。
掛け軸も同様で、日光に弱く湿度にも耐えられません。
扱いはかなり丁寧にしておかなければ、品質はどんどんと下がるでしょう。

宝飾品の場合、非常に精巧なものがポイントになります。
そこで、クリーニングキットなどを使うことがありますが、材質に遭わない可能性もあるため、できるだけ柔らかい布で表面をふき取る程度がいいでしょう。
宝石部分にも力を掛けないようにして、手の脂などをつけないようにするのがポイントです。
どういったものでも同じですが、素手で扱わず、マスクをすることがコツになってきます。
平気だろうと思ったことが材質の劣化につながるため、定期的に陰干しをしながら、日光を遮断できる環境で補完するのが重要です。