おすすめ買取業者を見る

不要な骨董品が高く売れる!
長年使っていなかった
骨董品を簡単&手間なく
高価買取
してもらう方法をご紹介します。

イチオシ!オススメ骨董買取業者

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高い業者をご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • シミや汚れ、キズがあるものでも査定OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 出張費用、宅配キット無料
    • 着物やブランド品などと合わせてまとめ売りすると買取金額10%アップ
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取・店頭買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※宅配買取の品物返送時送料はお客様負担(着払い)
    福ちゃんは着物や切手、ブランド品、貴金属などの古物商品の買取を行っている総合リサイクル業者ですが、ブランド食器の買取には特に力を入れている様子です。
    中でも洋食器がメインとなっており、買取対象ブランドはどこよりも豊富なので、ブランド物の洋食器を売るならまずここを選んで間違いないでしょう。
    また、福ちゃんは骨董品や着物など鑑定の難しい品も扱っているので、食器の買取に関しても全く問題はないと思います。
    事実、福ちゃんのイメージモデルを務める中尾彬さん、池波志乃さんご夫妻も福ちゃんで食器買取をしているので買取価格の高さはお墨付きです。
    その他、福ちゃんでは骨董品などと合わせてまとめ売りすれば、買取金額が10%アップするキャンペーンも行っているので、より高価買取が期待できます!
  2. 日晃堂
    ★★★★★
    • ブランド食器なら使用済みやキズ・汚れのある物、箱無しでも買取OK
    • ひび割れや欠けがあっても買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • ブランド食器の買取金額10%アップキャンペーン実施中!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~20:00 年中無休
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    日晃堂は骨董品専門の買取業者ですが、ブランド洋食器・和食器からアンティーク食器などの陶器の買取も行っています。
    こちらのお店は骨董品を専門に扱っているという特徴から、特に有田焼などの和食器やアンティーク食器といった古美術的価値がある食器の買取が強いです。
    もちろん洋食器の鑑定技術も高いので、洋食器と和食器をまとめて売りたい時には非常におすすめの業者と言えます。
    現在はブランド食器の買取10%アップキャンペーンを行っているので、この機会を利用すれば何十万円という買取価格になる可能性もあります!
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    • 使用済みやキズ・汚れのある物でも買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料LINE査定あり
    • 出張費用無料
    • 女性のお客様のみ、女性査定員の指名が可能
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 365日・24時間受付
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)

愛媛県の地方自治法施行60周年記念貨幣について

愛媛県と言えばミカンの産地としてあまりにも有名ですし、道後温泉に松山城など観光業が盛んな県としても知られています。
そんな愛媛県の地方自治法施行60周年記念貨幣は同県でもっとも著名な観光地、道後温泉をデザインのモチーフとしていることが特徴です。
道後温泉と言えば日本でもっとも古い温泉郷としても有名ですし、一年を通して大勢の方が足を運ぶ温泉地でもあります。
また、冒頭でもお伝えした通り愛媛と言えばミカンの産地としても有名ですから、そのミカンもコインのデザインとして採用しています。

先ほどご紹介したのは千円銀貨幣となりますが、五百円バイカラー・クラッド貨幣は瀬戸内しまなみ海道と愛媛の島々をデザインしていることが特徴です。
瀬戸内しまなみ海道も同県を語る上で外すことができない存在ですから、それを地方自治法施行60周年記念貨幣のデザインとして採用したのはまったく不思議なことではないでしょう。
先ほどの千円銀貨幣は10万枚の発行枚数となりますが、こちらの貨幣は165万枚も発行されているため手に入りやすいです。

なお、地方自治法施行60周年記念貨幣は愛媛県だけで造られたものではありませんし、全国各地の自治体がこうした記念貨幣を発行しています。
日本における地方自治法施行60周年を記念して作られたもので、記念貨幣ということになります。
どの自治体でも県の名産や特産、特徴などを貨幣のデザインに採用していることが大きな特徴と言えるでしょう。
愛媛の場合だとミカンの産地ですし、日本でもっとも古い温泉郷、同県屈指の観光地である道後温泉をデザインのモチーフとしたわけです。

なお、千円銀貨幣の裏側は雪と月、花をデザインのモチーフとして採用しています。
日本の四季における代表的な自然美であることからこうしたデザインを採用しました。
地方公共団体の行政や文化などが健全に発展するようにとの想いもこの地方自治法施行60周年記念貨幣には含まれています。

松山市で古銭を買い取ってもらうために

松山市は愛媛県の県庁所在地です。
四国エリアにおいて最大の人口を擁する都市としても知られていますし、中心都市部は近代的な発展を見せています。
中心市街地こそ数多くの商業ビルが建ち並び近代的な街並みとなっていますが、少し郊外に外れると豊富な自然も今に残していますし、自然資源を活かした観光名所も少なくありません。
特に道後温泉は愛媛を代表する観光地であり、日本最古の温泉郷としても有名です。

数々の歴史的文化財があることも愛媛を語る上では外せません。
国宝に指定されている寺社仏閣もありますし、さまざまな重要文化財が存在します。
先ほどご紹介した道後温泉の本館も重要文化財の一つに指定されていますし、至るところで歴史的情緒が感じられる街と言えるでしょう。
また、愛媛はさまざまな産業が発達している都市でもあり、ミカンに代表される農業や豊富な観光資源を活かした観光業のほか、化学繊維を中心とした製造業などが特に盛んです。

古銭やコインを綺麗にする方法はいくつかありますが、まずはやってはいけない方法についてお伝えしましょう。
古銭や古いコインだと汚れも頑固ですし、なかなかキレイにならないことから硬いスポンジでこすってしまう方もおられるでしょうが、これはNGです。
これは古銭に傷がついてしまいますし、せっかく価値のあるコインが台無しになってしまいますからやめましょう。
洗剤不要のスポンジも基本的に使ってはいけません。

銀貨をキレイにしたいのなら重曹を使った方法がポピュラーです。
重曹を銀貨にふりかけ、そのまま指でこするだけでキレイにすることが可能です。
そこまで洗浄力が強くありませんからピカピカにはなりませんが、汚れもある程度は落とせるでしょう。
また、専用のコインクリーナーを使う、貴金属磨き用のクロスを使うといった方法もあります。
これらはコインをキレイにするためのものですから使っても安心ですし、コインに傷をつけるようなこともありません。

骨董品のコンディションは保管状態で決まる

骨董品集めが趣味という方は少なくありませんし、多くの方は骨董品をできるだけ良いコンディションのまま所有し続けたいと考えています。
しかし、骨董品はただでさえ古いものですし、きちんとメンテナンスしないと美しい状態をキープすることはできません。
正しいメンテナンスを継続して行うことが骨董品を美しい状態で維持できる最善の方法ですから、そこをきちんと理解しておく必要があります。

絵画は日光が苦手ですから直射日光にあたるような場所で管理してしまうのはNGです。
日光にあたってしまうと色が変わってしまったり、材質が変化したりと多大なダメージを受けてしまうでしょう。
一度ダメージを受けた絵画をもと通りにすることは難しいですから、直射日光にあたるような場所で保管するのはやめてください。
また、極度に乾燥している部屋で保管すると絵の具にひび割れなどが入ることがありますからこちらも併せて注意が必要です。

陶器の骨董品を保管するときも直射日光を避けるのが基本です。
先ほどの絵画と同じように、直射日光にあたるような場所で保管してしまうと色が変化したり、黄ばみやひび割れなどが起きてしまうことがあります。
陶器という性質上割れのリスクはいつもつきまといますから、そのリスクを考慮した上で保管場所に気を遣う必要もあるでしょう。
人の手が届かないような場所、もしくは落ちても割れないようなところで保管することが望ましいのではないでしょうか。

次に宝飾品ですが、宝飾品は柔らかい布なので軽くふき取りをしてから箱に入れて保管することが基本となります。
取り扱うときには専用の手袋をするなどして直接触れないことも大切です。
宝石商は必ずと言って良いほど手袋をしていますよね。
素手で触ってしまうと品質が下がってしまいますから素手で触るのはNGです。
宝飾品はデリケートなものが多いですから、乱雑に扱うのもダメです。
丁寧に扱い、きちんと箱にしまって保管してください。