おすすめ買取業者を見る

不要な骨董品が高く売れる!
長年使っていなかった
骨董品を簡単&手間なく
高価買取
してもらう方法をご紹介します。

イチオシ!オススメ骨董買取業者

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高い業者をご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • シミや汚れ、キズがあるものでも査定OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 出張費用、宅配キット無料
    • 着物やブランド品などと合わせてまとめ売りすると買取金額10%アップ
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取・店頭買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※宅配買取の品物返送時送料はお客様負担(着払い)
    福ちゃんは着物や切手、ブランド品、貴金属などの古物商品の買取を行っている総合リサイクル業者ですが、ブランド食器の買取には特に力を入れている様子です。
    中でも洋食器がメインとなっており、買取対象ブランドはどこよりも豊富なので、ブランド物の洋食器を売るならまずここを選んで間違いないでしょう。
    また、福ちゃんは骨董品や着物など鑑定の難しい品も扱っているので、食器の買取に関しても全く問題はないと思います。
    事実、福ちゃんのイメージモデルを務める中尾彬さん、池波志乃さんご夫妻も福ちゃんで食器買取をしているので買取価格の高さはお墨付きです。
    その他、福ちゃんでは骨董品などと合わせてまとめ売りすれば、買取金額が10%アップするキャンペーンも行っているので、より高価買取が期待できます!
  2. 日晃堂
    ★★★★★
    • ブランド食器なら使用済みやキズ・汚れのある物、箱無しでも買取OK
    • ひび割れや欠けがあっても買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • ブランド食器の買取金額10%アップキャンペーン実施中!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~20:00 年中無休
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    日晃堂は骨董品専門の買取業者ですが、ブランド洋食器・和食器からアンティーク食器などの陶器の買取も行っています。
    こちらのお店は骨董品を専門に扱っているという特徴から、特に有田焼などの和食器やアンティーク食器といった古美術的価値がある食器の買取が強いです。
    もちろん洋食器の鑑定技術も高いので、洋食器と和食器をまとめて売りたい時には非常におすすめの業者と言えます。
    現在はブランド食器の買取10%アップキャンペーンを行っているので、この機会を利用すれば何十万円という買取価格になる可能性もあります!
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    • 使用済みやキズ・汚れのある物でも買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料LINE査定あり
    • 出張費用無料
    • 女性のお客様のみ、女性査定員の指名が可能
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 365日・24時間受付
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)

千葉県をイメージできる地方自治法施行60周年記念貨幣

平成20年からスタートしていくのが地方自治法施行60周年記念貨幣の特徴です。
地方自治法の施行60周年を記念して発行された記念コインで、千葉県は平成27年に発行がスタートしました。
8年をかけて発行されてきた地方自治法施行60周年記念貨幣の中でも後期になってくるのが特徴で、美しい千葉県の風景がモチーフとなっています。

千葉県であると一目見てわかるのは、悲願ともされていた東京湾アクアラインをバックに使っているからです。
平成9年に開通することになりますが、東京湾のちょうど中央辺りを海底で横断していくことになる有料道路であり、利便性を大幅に改善することになりました。
千葉県の木更津川の高架橋は4.4kmも海上を走っており、観光スポットとしても知られるようになっています。
地下のトンネル部分は9.5kmもあり、大変美しい風景も見ることができるでしょう。

千葉県として外すことができない菜の花もデザインされました。
シンボルとして一般公募されることになりましたが、募集したのはNHKです。
県の花として認知されるようにはなりましたが、実は正式に定められているわけではありません。
それでも県の花として菜の花は欠かすことができないのは間違いないでしょう。
さまざまなものに名づけられていきますが、1000円銀貨でも美しい姿を見ることが可能です。

500円のほうには、自然という意味で九十九里浜がデザインされました。
太平洋側に広がっていく66kmもある海岸のことでありリゾート地としても使われています。
日本の白砂青松100選と日本の渚百選に選定されるなど、日本の海岸の中でも独特の地形を作り上げていることがポイントです。
港もありますが、南北に長い海岸線は、砂浜であり、大型の漁船が出入りすることができません。
そのため、観光地としての発展が進むようになった海岸といえます。
千葉県の太平洋の広大さを表しているような海岸線ともいえるでしょう。

千葉市でも数多く流通する古銭や記念硬貨で価値が高いものは

千葉県の西部にあるのが千葉市です。
市名からもわかる通り、千葉県の県庁所在地であり、政令指定都市として指定されています。
東京の機能分割における受け皿となる業務核都市としても指定されており、制度化された都市としても知られるようになりました。
それほど東京都と隣接している地域であり、地理的に見ても、さまざまな機能を受け持っています。
そのため、一部施設などでは千葉県でありながらも東京の名前が付くことがあるほどです。

商業的にも重要な意味を持っている千葉市ですが、戦後の都市計画によって大きく変化していきました。
商業集積地も数多くあり、関東有数の商業経済圏となっています。
ただし、バブル景気に建設されたものが多く、郊外の地域では撤退も進んでいることは間違いありません。
大きな過渡期に差し掛かっているとも考えられており、古くからの商店街などとは差別されることも増えてきました。

数々の貨幣が生産されてきた中で、千葉市でも高い人気を誇ってきたものはいくつかあります。
新20円金貨などはその典型例でしょう。
明治30年から何かあるたびに発行されてきた金貨であり、取引量も多くなっています。
コレクターにも人気ですが、状態で大きな差が付くところが重要です。
古銭として有名なのが一厘銅貨でしょう。
こちらも人気の高い銅貨で明治時代に製造開始したものの、製造所が完成していなかったこともあって試作品だけが作られます。
のちに製造が始まっていきますが、発行年によって価格が大きく異なる点に注意が必要です。

古銭の中でも人気があるのが記念硬貨であることも間違いありません。
初のオリンピックになった東京大会を記念して作られた記念コインは、ブームを作り出すことにもなりました。
一時期よりも相場は落ちましたが、それでも1万円近くになることもあります。
同様に長野オリンピック記念硬貨は、絵柄が違い、それぞれ相場が異なるところがポイントです。
価値もばらばらになってくるため、専門店での確認が必要でしょう。

千葉でも人気の中国骨董の魅力

骨董品という呼び方で考えれば、世界中に古いものが存在し、さまざまな愛好家がいます。
収集している人も多く、人気の高い商品もありますが、中でも中国骨董はかなりの人気になってきました。
西洋とは違った文化を持っており、これがさまざまな面に表れています。
書画は典型的な骨董品であり、墨を使った濃淡は複雑な美しさを作り出しました。
掛け軸の表装されて多くのものが出回ってきており、本当に良いものはなにかを見極めていかなければいけないでしょう。
歴史も古いため、真贋をはっきりさせるのは難しい作業にもなってきます

中国骨董の大きな魅力となってくるのは陶器も同じです。
非常に古い歴史があり、世界中に影響を与えていくことになりました。
その歴史は新石器時代にはじまるとも言われており、時代とともに技術がどんどんと変化していきます。
時代とともに作りも大きく変わっていくことが魅力ですが、世界に知られている青磁などは三国志の時代までさかのぼり、対照的な白磁は隋のころと大きく違いがあったりするのです。
政権などにも影響を受けることになり、衰退していくものもある中で、多くの様式ができあがったこともあり、鑑識眼が必要になってきます。

文房四宝は、中国骨董の重要なポイントになってくるでしょう。
筆、墨、紙、硯という4つの道具を表している言葉であり、ここからさまざまな芸術品が生み出されていきます。
それぞれが価値を持っていきますが、どうしても劣化から逃れることはできません。
歴史的にも安定した品質を保ち現在でも残っているのは硯です。
歴史的な価値があるだけではなく、高品質のものになるときめの細かい墨が作り出せることからも、高市が付くことがあります。

高い価値があり、人気が高まれば、当然偽物が出てくるのは、どの分野でも変わりません。
特に偽物が蔓延していることでも知られているため、しっかりとした鑑定ができるかどうかになるでしょう。
千葉県でも買取りに出す場合には、鑑定士がいるところにするべきです。
ジャンルに詳しい鑑定士がいれば、しっかりとした値段をつけることになります。
持ち込むときに壊したりするリスクを考えれば、出張査定も利用するといいでしょう。