おすすめ買取業者を見る

不要な骨董品が高く売れる!
長年使っていなかった
骨董品を簡単&手間なく
高価買取
してもらう方法をご紹介します。

イチオシ!オススメ骨董買取業者

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高い業者をご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • シミや汚れ、キズがあるものでも査定OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 出張費用、宅配キット無料
    • 着物やブランド品などと合わせてまとめ売りすると買取金額10%アップ
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取・店頭買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※宅配買取の品物返送時送料はお客様負担(着払い)
    福ちゃんは着物や切手、ブランド品、貴金属などの古物商品の買取を行っている総合リサイクル業者ですが、ブランド食器の買取には特に力を入れている様子です。
    中でも洋食器がメインとなっており、買取対象ブランドはどこよりも豊富なので、ブランド物の洋食器を売るならまずここを選んで間違いないでしょう。
    また、福ちゃんは骨董品や着物など鑑定の難しい品も扱っているので、食器の買取に関しても全く問題はないと思います。
    事実、福ちゃんのイメージモデルを務める中尾彬さん、池波志乃さんご夫妻も福ちゃんで食器買取をしているので買取価格の高さはお墨付きです。
    その他、福ちゃんでは骨董品などと合わせてまとめ売りすれば、買取金額が10%アップするキャンペーンも行っているので、より高価買取が期待できます!
  2. 日晃堂
    ★★★★★
    • ブランド食器なら使用済みやキズ・汚れのある物、箱無しでも買取OK
    • ひび割れや欠けがあっても買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • ブランド食器の買取金額10%アップキャンペーン実施中!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~20:00 年中無休
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    日晃堂は骨董品専門の買取業者ですが、ブランド洋食器・和食器からアンティーク食器などの陶器の買取も行っています。
    こちらのお店は骨董品を専門に扱っているという特徴から、特に有田焼などの和食器やアンティーク食器といった古美術的価値がある食器の買取が強いです。
    もちろん洋食器の鑑定技術も高いので、洋食器と和食器をまとめて売りたい時には非常におすすめの業者と言えます。
    現在はブランド食器の買取10%アップキャンペーンを行っているので、この機会を利用すれば何十万円という買取価格になる可能性もあります!
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    • 使用済みやキズ・汚れのある物でも買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料LINE査定あり
    • 出張費用無料
    • 女性のお客様のみ、女性査定員の指名が可能
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 365日・24時間受付
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)

青森の郷土が光る記念貨幣

記念硬貨はいろいろと発行されてきますが、美しい仕上がりになっているのが地方自治法施行60周年貨幣です。
都道府県ごとに発行されていますが、8年をかけながらゆっくりと発売されました。
レアな度合いもさることながら、青森の1000円銀貨はねぶたと代表的な農産物であるふじリンゴをモチーフにデザインされています。
このデザインは秀逸であり、リンゴの赤をイメージしながらも、ねぶたの荒々しさを感じることができるデザインです。

ねぶたといえば、青森の代業的な観光資源であり、古くから夏祭りの代名詞になってきました。
豪華なお祭りでもあり、山車に引かれたねぶたは驚くほどの迫力があります。
鮮やかな美しさも持っており、地方自治法施行60周年貨幣にも良く表れているデザインといえるでしょう。
国の重要無形民俗文化財でもあり、指定30周年となる平成22年に発行されることとなりました。
それほどぴったりのタイミングで作られています。

500円はバイカラー・クラッド貨幣であり、青森県にある日本最大級の縄文集落跡として知られている三内丸山遺跡をモチーフにしています。
バイカラーの雰囲気が偏光器土偶と合掌土偶のデザインにぴったりとしているのは、2色で出来上がっていることが、どこかで時代を感じやすい部分になっているからでしょう。
1000円と同様に平成22年に発行されることになりましたが、この年が国の特別史跡に指定されてから10周年という記念にもなっています。

地方自治法施行60周年貨幣は、それぞれ風物詩や歴史、自然といっただけではなく、文化といった面にも目を向けられたところが大きいでしょう。
それぞれに魅力がありますが、青森の赤のイメージはねぶたとリンゴというテーマにぴったりとはまっているといっていいでしょう。
500円の土偶も青森の人であれば、外すことができないテーマなのは間違いありません。
それだけに大変人気の高い貨幣となったのは確かでしょう。

青森市で古銭の買取店を探すのなら

青森県の県庁所在地である青森市は、中核都市に指定されているだけあり、交通の拠点としても重要なポイントにあります。
江戸時代に建設された港町から発展してきているのは、今でも感じ取れる部分です。
青森県は本州最北端ではあるものの、青森市はその中でも中央に位置しています。
青森平野を中心として青森湾まで市街費値が広がっています。
南部は王維山脈の北端部分にあたることからも、広々とした平野部で発展したことがはっきりと見てとれる都市です。

非常に降雪量の多い地域でもあり、全域が特別豪雪地帯に指定されるほど振ります。
年間の積雪量は7m弱にまでなり、最深積雪の平均値で1mを超えるほどです。
かなり都市化が進んだことで気温が下がりにくくなってきているものの、氷点下になるのは珍しくありません。
反面で夏場も蒸し暑い気候となってきており、35度を超える日も珍しくなくなりました。
ねぶた祭りが有名ですが、本来は七夕との感性があったものの、現在では夏祭りのひとつとして変容し、関係性はかなり薄れてきています。

青森県の中でも青森市は経済の中心になってくるため、古銭の買取りもなん喧嘩存在しています。
EARTH・アースリサイクルマーケット合浦物流センターもそのひとつで、かなりの種類の買取りをしている店舗です。
古銭も買取っていますが、非常に手広くおこなっており、ホビーから中古車部品といったところまで広げています。
青森駅から徒歩で12分とちょうどいいところにある、うさぎ切手商ヨシダでも古銭の買取りをしているため、利用しやすい立地です。

テレビやCMなども流しているのがアートポラリスです。
青森ではかなり有名な買取店といっていいでしょう。
ここも幅広く取り扱っており。
なんでも鑑定してくれるのが特徴となっています。
もちろん、古銭も査定は無料であり、査定だけでも問題がありません。
引っ越しなどで出てきた古銭でも持ち込んで査定してもらえば、思わぬ収穫になる可能性があるでしょう。

青森県で骨董品を高額査定してもらう秘訣は

骨董品は、さまざまなコレクターがいます。
その種類ごとに分けられるほどの専門家も多く、世界中にかなりの数の愛好家が存在するほどです。
だからこそ、家で眠っていたりするようなものは、買取りに出してみるというのが方法になってきます。
邪魔者扱いされることも多いものではありますが、青森県でも高値で買い取ってもらうためには、さまざまなポイントがあるため、確実に抑えておくといいでしょう。

大事なポイントとして、状態が変われば確実に査定が下がります。
状態を維持するというのが、骨董品は難しい部分を持っているでしょう。
重要なポイントとして、不要になったら査定に出すということです。
陶器だから大丈夫と思っていても、実は釉薬が劣化していってしまうことも出てきます。
これは管理の問題で、高温多湿になると、ほんの小さな熱膨張を繰り返していくことになり、伸縮率の違う釉薬が耐えきれなくなって劣化が進んでしまいます。
いらないと思ったらすぐに査定に出すのが高値のポイントです。

新品のものであれば、そのままにしておくことも高値にするためのポイントになってくるでしょう。
未開封といった状態は大切です。
開けてしまえば終わってしまう状態なのですから、このまま持ち込むことが大切になってくるでしょう。
高額になる大事なポイントですので、見逃さないようにしなければいけません。
状態がいいというのが高額のポイントになってきますが、なかなか難しいところもあるでしょう。
下手に手入れをすると、表面を劣化させてしまったりすることも出てきます。
下手な判断をするぐらいなら、そのまま持ち込んだ方がいいでしょう。

大事なこととして、青森県でも査定がしっかりとできるところを見つけることです。
価値がわからない状況では、どんなことをしても高額にはなりません。
フリーマーケットなどでも売ることはできますが、正しい価値を判断できなければマイナスにしかならないでしょう。
正しく価値が判断できるところに依頼することが一番ですので、業者をしっかりと見つけることが必要です。