おすすめ買取業者を見る

不要な骨董品が高く売れる!
長年使っていなかった
骨董品を簡単&手間なく
高価買取
してもらう方法をご紹介します。

イチオシ!オススメ骨董買取業者

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高い業者をご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • シミや汚れ、キズがあるものでも査定OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 出張費用、宅配キット無料
    • 着物やブランド品などと合わせてまとめ売りすると買取金額10%アップ
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取・店頭買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※宅配買取の品物返送時送料はお客様負担(着払い)
    福ちゃんは着物や切手、ブランド品、貴金属などの古物商品の買取を行っている総合リサイクル業者ですが、ブランド食器の買取には特に力を入れている様子です。
    中でも洋食器がメインとなっており、買取対象ブランドはどこよりも豊富なので、ブランド物の洋食器を売るならまずここを選んで間違いないでしょう。
    また、福ちゃんは骨董品や着物など鑑定の難しい品も扱っているので、食器の買取に関しても全く問題はないと思います。
    事実、福ちゃんのイメージモデルを務める中尾彬さん、池波志乃さんご夫妻も福ちゃんで食器買取をしているので買取価格の高さはお墨付きです。
    その他、福ちゃんでは骨董品などと合わせてまとめ売りすれば、買取金額が10%アップするキャンペーンも行っているので、より高価買取が期待できます!
  2. 日晃堂
    ★★★★★
    • ブランド食器なら使用済みやキズ・汚れのある物、箱無しでも買取OK
    • ひび割れや欠けがあっても買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • ブランド食器の買取金額10%アップキャンペーン実施中!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~20:00 年中無休
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    日晃堂は骨董品専門の買取業者ですが、ブランド洋食器・和食器からアンティーク食器などの陶器の買取も行っています。
    こちらのお店は骨董品を専門に扱っているという特徴から、特に有田焼などの和食器やアンティーク食器といった古美術的価値がある食器の買取が強いです。
    もちろん洋食器の鑑定技術も高いので、洋食器と和食器をまとめて売りたい時には非常におすすめの業者と言えます。
    現在はブランド食器の買取10%アップキャンペーンを行っているので、この機会を利用すれば何十万円という買取価格になる可能性もあります!
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    • 使用済みやキズ・汚れのある物でも買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料LINE査定あり
    • 出張費用無料
    • 女性のお客様のみ、女性査定員の指名が可能
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 365日・24時間受付
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)

秋田県で有名な白瀬矗をデザインした地方自治法施行60周年記念貨幣

地方自治法施行60周年に発行されることになった記念貨幣は、各都道府県ごとにさまざまなデザインを施していきました。
それぞれが美しいデザインになっていきますが、歴史を写し込んでいるところも大切なところでしょう。
完成されたデザインもありますが、郷土愛を考えた時に大事な人が写し込まれていることを考えると、とても大切な記念通貨になっていくのは間違いありません。

地方自治法として考えれば、地方がそれぞれ地域にあった行政をおこなえるようにしたものであり、健全な発展のためにはトップダウンがすべてではないことを表しています。
行政の大掛かりな改革にもなっていくことになり、戦後の本土復帰なども関与しながら、地方自治を作り上げていく民主的に見ても大事な法律になりました。
秋田県では八郎潟などは地方自治法の特例として使われた経緯があります。

秋田県のデザインは、白瀬矗になっています。
秋田県だけではなく、日本でも有数の探検家であり、多くのところに名前が残っていることでも知られているでしょう。
1000円だけではなく、500円もデザインが使われているところが秋田県としていかに重要視されている人物なのかがわかります。
南極の探検をした人としても知られていますが、南極観測船のしらせの艦名は白瀬矗ではなく、白瀬氷河です。
この白瀬氷河は、白瀬矗に記念して命名されたものであることから、直接的ではなくても間接的には由来しているといえるでしょう。

1000円には、白瀬矗だけではなくなまはげもデザインされています。
男鹿半島でおこなわれる民俗行事であり、家々を包丁を手にしながら回りました。
泣くこはいねがといいながら回っていくことで知られています。
500円のほうには秋田が誇る東北三大祭りのひとつ秋田竿灯がデザインされました。
白瀬矗とともにバイカラークラッド貨幣としてデザインされていることで、秋田のイメージがしっかりと固められているものといえるでしょう。

秋田県秋田市でも要チェックな古銭の買取り

太平洋側にある秋田県の中でも中核都市になってくるのが秋田市です。
東北の日本海側としては最大の都市であり、地形的にも大きな経済圏を形成しています。
秋田県内では一極集中型の都市形成された都市でさまざまな企業が集中していることも特徴です。
金融機関も秋田市であれば困るようなことがありません。
政治や経済だけではなく、交通としてみても中心になっていることは、秋田新幹線こまちの開業から秋田空港の存在が大きなポイントにもなってきます。

非常に冬が厳しいことで知られていますが、日本海側ではそこまで積雪量が多くはありません。
秋田市を離れると豪雪地帯もありますが、かなり少なめの気候を持っています。
最低気温は栃木県あたりと変わりませんが、風の強い海岸部であることが厳しい冬の気候を作っているといえるでしょう。
日本でも珍しい八橋油田があることでも知られていますが、実は数少ないこともあり国内最大の油田です。

秋田市でもさまざまな古銭が取引されてきましたが、価値は大きく変わってきました。
ニーズの移り変わりという部分もありますが、時代とともに変化をきたしてきたといってもいいでしょう。
そのひとつがギザ10とも言われる10円玉です。
1951年から1958年まで生産された10円硬貨に施されていたギザギザですが、製造枚数が少ない時期もあって、かなりの人気になりました。
特に昭和35年は製造枚数が極端に少なく、かなりの人気を誇ります。

人気の高い古銭は他にもいろいろとありますが、身近なところでは1円硬貨があることは忘れてはいけません。
1円と思っていると、平成12年から14年のものになると100円近くで取り引きされています。
5円硬貨は昭和32年であれば発行枚数が少なく500円とこちらも額面の100倍です。
50円硬貨になると昭和62年の場合8000円とびっくりするほどの高額にもなるのですから、チェックしておかなければいけないでしょう。

秋田銀線細工の高い価値

日本の各地には、さまざまな工芸品が生まれました。
その土地のものを使いながら、加工をしていくというのは、生活としての発展もありますし、商品としての発展もあったことは間違いありません。
秋田県にもさまざまな工芸品が存在する中、高価買取されているのが秋田銀線細工でしょう。
さまざまな小物が作られてきましたが、上品な雰囲気を作り出せるのが特徴です。
工芸品としての価値が高く、素材としての価値をはるかに上回ります。

銀線細工がなぜ秋田で定着したのかはよくわかっていません。
手法としてはポルトガルから長崎に伝来したと考えられていますが、中国から入ってきたとの説もあります。
これが秋田にどうやって伝わったのかがはっきりとしないものの1602年に佐竹義宣が現在の茨城県日立の国から秋田へ国替えになりました。
この時に金銀細工師を連れていったといわれています。
これが特産として定着したのではないかと考えられているのは、銀山があったことが大きいでしょう。
独自の工法が生み出されていきました。

銀線細工は、どちらも製品を作るという点では同じですが、戦後線状の細工物を銀線細工と呼ぶようになり区別されるようになりました。
ここで注意しなければいけないのは、銀細工のようなものはぜいたく品とされて製造販売が禁止になった時期がある点でしょう。
代替えでアルミニウムを使っていくことになりますが、戦後失われてしまうことを危惧し、県が指導や学校を作ることで再度発展を見せます。
そのため、非常に高い技能を持った技師が生まれてくることになるのです。

明治以降に生まれてくることになりますが、銀線細工としては戦後発展していった歴史が見て取れます。
全国に知られるようになっていくのも、戦後であったといってもいいでしょう。
それほど高いレベルで作られてきたもののため、製品としての高い評価が、買取りでも重要なポイントになっていきます。
指定無形文化財としても指定されていくことになるのですから、高いレベルの美術品であるといえるのです。