おすすめ買取業者を見る

不要な骨董品が高く売れる!
長年使っていなかった
骨董品を簡単&手間なく
高価買取
してもらう方法をご紹介します。

イチオシ!オススメ骨董買取業者

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高い業者をご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • シミや汚れ、キズがあるものでも査定OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 出張費用、宅配キット無料
    • 着物やブランド品などと合わせてまとめ売りすると買取金額10%アップ
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取・店頭買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※宅配買取の品物返送時送料はお客様負担(着払い)
    福ちゃんは着物や切手、ブランド品、貴金属などの古物商品の買取を行っている総合リサイクル業者ですが、ブランド食器の買取には特に力を入れている様子です。
    中でも洋食器がメインとなっており、買取対象ブランドはどこよりも豊富なので、ブランド物の洋食器を売るならまずここを選んで間違いないでしょう。
    また、福ちゃんは骨董品や着物など鑑定の難しい品も扱っているので、食器の買取に関しても全く問題はないと思います。
    事実、福ちゃんのイメージモデルを務める中尾彬さん、池波志乃さんご夫妻も福ちゃんで食器買取をしているので買取価格の高さはお墨付きです。
    その他、福ちゃんでは骨董品などと合わせてまとめ売りすれば、買取金額が10%アップするキャンペーンも行っているので、より高価買取が期待できます!
  2. 日晃堂
    ★★★★★
    • ブランド食器なら使用済みやキズ・汚れのある物、箱無しでも買取OK
    • ひび割れや欠けがあっても買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • ブランド食器の買取金額10%アップキャンペーン実施中!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~20:00 年中無休
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    日晃堂は骨董品専門の買取業者ですが、ブランド洋食器・和食器からアンティーク食器などの陶器の買取も行っています。
    こちらのお店は骨董品を専門に扱っているという特徴から、特に有田焼などの和食器やアンティーク食器といった古美術的価値がある食器の買取が強いです。
    もちろん洋食器の鑑定技術も高いので、洋食器と和食器をまとめて売りたい時には非常におすすめの業者と言えます。
    現在はブランド食器の買取10%アップキャンペーンを行っているので、この機会を利用すれば何十万円という買取価格になる可能性もあります!
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    • 使用済みやキズ・汚れのある物でも買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料LINE査定あり
    • 出張費用無料
    • 女性のお客様のみ、女性査定員の指名が可能
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 365日・24時間受付
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)

愛知県をテーマにした地方自治法施行60周年記念貨幣の特徴

日本の大都市といえば、東京と大阪の2都市が一般的でしょう。
ですが表記によって、二大都市ではなく三大都市と紹介される場合もあります。
この場合、東京と大阪に加えて、愛知県名古屋市が加えられます。
日本を代表する都市擁する愛知県だけに、注目を寄せずにはいられないといったところです。

愛知県、そして名古屋には独特の文化が多くみられます。
食や建造物、そして方言など、愛知県らしさは至るところで垣間見ることができるでしょう。
そして愛知県の地方自治法施行60周年記念貨幣では、やはりそんな特色の面を色濃く表しているのが印象的となっています。

たとえばカラーが鮮やかな千円銀貨幣では、3つの特色を詰め込んでいます。
まず背景には、美しい砂浜が続く渥美半島の恋ヶ浜を採用しています。
雄大で爽やかな眺めに、すぐにでも愛知県に旅行に行きたい、そんな気持ちすら後押しされるのではないでしょうか。

そのひとつ手前には、紫色があでやかな花を描いています。
これはカキツバタという植物であり、愛知県の県花に指定されています。
花の香りがこちらにまで伝わってくるような、リアルなタッチが目を引きます。

そして特に大きなインパクトを表しているのが、一番手前に描かれた金色のシャチホコです。
名古屋城の最上部に置かれた、県の象徴といっても過言でないデザインは、それが愛知県の地方自治法施行60周年記念貨幣ということを主張してなりません。
ひれや鱗など、とてもリアルに仕上げられている一方、目は少しかわいらしい印象になっているので、大人から子供まで気に入ることができそうです。

バイカラーの五百円クラッド貨幣についても、やはりカキツバタが描かれています。
千円銀貨幣におけるシャチホコのような位置にカキツバタを描いており、主役級の存在感を放っています。
ですが背景には、ヶ浜でなく愛知県庁本庁舎のデザインを採用しており、千円銀貨幣とはがらりと違った雰囲気を感じさせてなりません。
とはいえ、だからといって堅苦しい雰囲気というわけではなく、お城のようなデザインの印象的な庁舎であるため、迫力十分です。

愛知県名古屋市の詳細と有名な寛永通宝の豆知識

名古屋市は知っているけど、何県の市であったか思い出せない、そんな人もいるかもしれないほどに、名古屋市は全国的に知名度を誇る市です。
三大都市圏の一角であり、また独自文化や歴史、人気野球チームなども影響して、広く知られています。
愛知県の県庁所在地であり、全16の区から成り立っています。

位置としては、県内北西寄りに位置しています。
小規模な市に周囲をぐるっと取り囲まれるような場所にあるため、まさに愛知県の中枢といった印象が感じられてなりません。
約327キロ平米の中に、約230万人もの人々がひしめいており、とてもにぎわっている印象です。

名古屋市を語る上でやはり外せないのが、象徴的な名古屋城でしょう。
慶長15年に築城された大規模な歴史的建築物であり、代表的な観光名所となっています。
また、古くから現存するがさまざまにあるなかでも、名古屋城は特に存在感を誇っています。
屋根に金のシャチホコがあしらわれており、名物のような存在となっているためです。
名古屋城としてではなく、シャチホコ単体で名古屋市の象徴として扱われることも少なくありません。

そんな名古屋城が隆盛を極めた時期に、広く普及した古銭があります。
時代劇などでもちいられることも多い、寛永通宝です。
江戸時代から明治初期の約240年に亘り使われたといわれており、江戸の時代を語る上で外せません。

特徴は、寛永通宝の4文字が四方に描かれた、穴銭であるということです。
重厚感を窺わせる漢字体、そして現代にはない四角形の穴など、古代ロマン感じさせてならない特徴が詰まっています。
また、万治2年までに鋳造されたものを古寛永、そしてしばらく鋳造をおこなわない時期を経たのち、寛文8年以降に鋳造されたものを新寛永と呼ぶなど、奥深い背景を伴うのも特徴的です。
さらに細かく分類すれば、数百種にも分類されるそうです。

価値としては、現存数の多さも伴い、そこまで高くないのが実際のところです。
ですが、同じ寛永通宝でも希少価値の高い種類である古寛永のひとつ「二水永」や、新寛永初期に作られた「島屋文」などは比較的高額といわれています。

外国人の間でも人気上昇中!骨董品の魅力を知ろう

骨董品には、日本らしい趣が感じられてなりません。
時代を経てもなお残り続ける作品には、やはりそれなりの理由があります。
伝統と斬新なセンスに培われた数々の骨董品は、今も多くのコレクターに愛されています。
時代がどれだけ現代的な発展を遂げようとも、骨董品専門店や古物買取が多数営業され続けているところからみても、その風潮は容易に窺えるといったところです。

日本の伝統が詰まった逸品とはいえ、日本人にだけ人気を博しているのかといえばそうでもありません。
実は、海外でも古くから注目度が高く、世界的な人気をも得続けています。
たとえばフランスアールヌーボーの旗手と呼ばれる作家は、日本の陶芸に影響を受けたといわれています。
それまでのフランスになく、それでいて日本特有のわびさびが漂う質感は、海外著名作家の感性をも刺激してならなかったのです。

海外作家への影響といえば、浮世絵についても目をそらすわけにはいきません。
日本らしい力強い浮世絵作品は、後期印象派の誰もが知るような有名作家の画風にまで影響したといわれています。
事実、日本の象徴ともいえる桜の花をとりいれた作品なども目にできるほどです。
そうした理由から、特に評価の高い代表的な浮世絵画家については、世界三大肖像画家の一角にすら数えられています。

近代においても、その風潮は留まるところを知りません。
それどころか、かつて以上の盛り上がりすらみせていることでしょう。
というのも、インターネットの発達やクールジャパンの流行に伴い、日本の骨董品への注目度がますます高まっているためです。
海外で大規模な博覧会が開かれたり、愛好会や研究会が設立されるなど、広がりは留まるところをしりません。
特に、日本映画やアニメの影響から、刀装具や甲冑をコレクションする愛好家が増えているそうです。

日本ならではの骨董品も、実は古くから世界的に親しまれていたのです。
今後も、より一層価値が高まるようなものもあるかもしれません。
これからも骨董品業界から、目が離せません。

骨董品買取専門サイトを徹底比較!愛知県内の切手買取エリア紹介

愛西市/愛知郡東郷町/長久手市/田原市/海部郡大治町/海部郡蟹江町/あま市/弥富市/海部郡飛島村/安城市/一宮市/稲沢市/犬山市/岩倉市/大府市/岡崎市/尾張旭市/春日井市/刈谷市/蒲郡市/北設楽郡設楽町・東栄町・豊根村/北名古屋市/清須市/江南市/小牧市/新城市/瀬戸市/高浜市/知多郡阿久比町・武豊町・東浦町・南知多町・美浜町/知多市/知立市/津島市/東海市/常滑市/豊明市/豊川市/豊田市/豊橋市/名古屋市/西尾市/西春日井郡豊山町/みよし市/日進市/丹羽郡大口町・扶桑町/額田郡幸田町/半田市/碧南市