おすすめ買取業者を見る

不要な骨董品を売りたい方必見!
茶道具買取を簡単&手間なく
高価買取
してもらう方法をご紹介します。

イチオシ!オススメ骨董買取業者

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高い業者をご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • シミや汚れ、キズがあるものでも査定OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 出張費用、宅配キット無料
    • 着物やブランド品などと合わせてまとめ売りすると買取金額10%アップ
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取・店頭買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※宅配買取の品物返送時送料はお客様負担(着払い)
    福ちゃんは着物や切手、ブランド品、貴金属などの古物商品の買取を行っている総合リサイクル業者ですが、ブランド食器の買取には特に力を入れている様子です。
    中でも洋食器がメインとなっており、買取対象ブランドはどこよりも豊富なので、ブランド物の洋食器を売るならまずここを選んで間違いないでしょう。
    また、福ちゃんは骨董品や着物など鑑定の難しい品も扱っているので、食器の買取に関しても全く問題はないと思います。
    事実、福ちゃんのイメージモデルを務める中尾彬さん、池波志乃さんご夫妻も福ちゃんで食器買取をしているので買取価格の高さはお墨付きです。
    その他、福ちゃんでは骨董品などと合わせてまとめ売りすれば、買取金額が10%アップするキャンペーンも行っているので、より高価買取が期待できます!
  2. 日晃堂
    ★★★★★
    • ブランド食器なら使用済みやキズ・汚れのある物、箱無しでも買取OK
    • ひび割れや欠けがあっても買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • ブランド食器の買取金額10%アップキャンペーン実施中!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~20:00 年中無休
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    日晃堂は骨董品専門の買取業者ですが、ブランド洋食器・和食器からアンティーク食器などの陶器の買取も行っています。
    こちらのお店は骨董品を専門に扱っているという特徴から、特に有田焼などの和食器やアンティーク食器といった古美術的価値がある食器の買取が強いです。
    もちろん洋食器の鑑定技術も高いので、洋食器と和食器をまとめて売りたい時には非常におすすめの業者と言えます。
    現在はブランド食器の買取10%アップキャンペーンを行っているので、この機会を利用すれば何十万円という買取価格になる可能性もあります!
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    • 使用済みやキズ・汚れのある物でも買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料LINE査定あり
    • 出張費用無料
    • 女性のお客様のみ、女性査定員の指名が可能
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 365日・24時間受付
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)

茶道具を高く売るコツとは?

茶道具は骨董品の中では最もポピュラーで買取も多いです。
茶道具は作家物の高価な品も多いため、茶道を始めたいけれど新品は高いから中古で購入したいという方や、茶道を嗜んでいないけれど日常で使いたいという方も多く人気が高くなっています。

そんな茶道具は骨董品店や質屋、オークションなどあらゆる所で売ることができますが、中でも一番高く売ることができるのはヤフオクなどのネットオークションです。
しかしオークションは個人間での取引のため、高く売るにはまずその茶道具の価値を正しくわかっていなければいけません。
例えば有名作家の茶碗には一点ものが多いため、相場はあってないようなものです。写真を撮り、Q&Aサイトでその品の詳細や価値を質問することもできますが、その答えが正しいとは限りません。
また、有名作家の作品は贋作も多く出回っているので、真贋を問われることもあります。その際にきちんと説明できなければ、落札はおろか入札すらしてもらえないでしょう。
仮に落札されたとしても、その後は厳重な梱包・発送手続き・落札者とのやり取りまでこなさなくてはならないため大変手間がかかりますし、もし配送事故が起きたり、送った品が贋作だったりした場合はクレームの対応もしなくてはなりません。
なので、オークションで売る場合はこれらのデメリット全てを把握した上で適切に対処できる方でない限り、おすすめの方法とはいえません。
また、ある程度骨董品の売買実績が無ければ売れること自体難しいので、その辺りも念頭に入れておきましょう。

このように、手間やリスクを負ってでも高く売りたい場合はネットオークションがおすすめですが、そういった面倒事が嫌な場合は骨董品買取の専門店で売ることをおすすめします。
こちらは店の利益を出さないといけないため、オークション出品時よりも高値が付くことはありませんが、その代わり自宅に直接査定員が買い取りに来てくれるので、余計な手間をかけずに売ることができます。
また、査定の際は真贋鑑定も行うため、正確な価値がわかった上で安心して売ることができます。
もし買取価格に納得いなかった場合はキャンセルも可能ですので、まずは複数の業者に査定を依頼し、いくつか見積もりを比較してから一番高価買取してくれる所に依頼するのが最も賢い選択と言えるでしょう。

高価買取が期待できる茶道具とは?

どの骨董品にも言えますが、やはり高価買取が期待できる品というのは有名作家の作品や、コレクターが欲しがるような珍しい品です。

前者の場合は、落款(らっかん)と呼ばれる刻印やサインを確認できれば作家物かどうか判別できます。

また、共箱(ともばこ)と呼ばれる木箱が残っていれば、そこに作家名や銘が書かれているので、査定の際は必ずセットで出しましょう。
無くても買取はできますが、あった方が確実に高価買取に繋がります。

一方、有名作家のものではないが珍しい品の場合、これは希少価値があるかないかで買取価格が左右されるため、骨董品の知識がある鑑定士にしか判別できません。
一見何の変哲もない古い茶碗でも、希少価値が高ければ数十万円の値が付くことだってありますので、こういった品はまず骨董品買取業者で査定してもらうことをおすすめします。

茶道具の買取相場とは?

前述の通り、茶道具にはブランド品のように明確な定価が無く、コレクターが欲しいと思えばいくらでも高値が付くためこれと言った相場がありません。

そのため、茶道具の買取相場を知るには専門知識を持った骨董品買取業者に査定してもらうのが一番正確な方法です。

尚、茶道具は店によって買取価格が大きく変わるため、A社だと1万円にしかならなかった茶碗が、B社だと5万円になったということはザラにあります。

茶道具の買取を積極的に行っていない業者の場合は、買い取っても今後売れる見込みがないため買取価格は低くなりがちですが、国内だけでなく海外のコレクターにも販売経路を持っている業者の場合は売れる見込みが高いため高価買取になりやすいのです。

なので、より明確な買取相場を知るには、

①インターネットから無料査定ができる業者をいくつか選定する
②そこから販売経路が広く、且つ茶道具を積極的に買い取っている業者に絞る
③絞った数社に無料査定を依頼し、見積もりを出してもらう

この方法ならばお手持ちの茶道具の買取相場が把握できますし、比較した後一番高い業者へ依頼することもできて一石二鳥です。

茶道具は鑑賞用の骨董品と違って実用的ですので、昔お稽古で使っていたなど思い入れがある方も多いと思います。

そんな大切な茶道具を二束三文で売ってしまわないためにも、手放す際は価値をわかってくれる骨董品買取専門店での売却をおすすめします。

茶道具買取の豆知識

茶道具の種類について

日本の文化・おもてなしの心である茶道。そんな茶道に用いる道具が茶道具です。
こちらでは、茶道具の名称と使い方を簡単にご紹介していますので、茶道具の売却を考えているが買取可能な道具かわからないという場合に是非ご参考ください。

茶碗(ちゃわん)

お茶を点てて飲むための器です。茶道の中で最も重要な道具ですね。
薄茶用と濃茶用があり、薄茶には模様が付いている茶碗を、濃茶には模様がない茶碗が使われます。

薄器(うすき)

薄茶を入れる容器で、木の実の棗(なつめ)の形に似ていることから棗とも呼ばれます。

茶入れ(ちゃいれ)

濃茶を入れる容器で、陶製の小壷に象牙の蓋をし、仕覆(しふく)という袋に入っています。
ちなみに薄茶は一般的な茶席やお稽古で使われるのに対し、濃茶は格式が高い茶席で使われます。

茶杓(ちゃしゃく)

薄器や茶入れから抹茶を掬うための道具です。竹製が主流ですが、梅や桜の木でできた物、象牙や金属製などもあります。

茶筅(ちゃせん)

お茶を点てる時に使う泡立て器のような竹製の道具です。流派によって形状が異なります。

釜(かま)

お湯を沸かす道具です。

柄杓(ひしゃく)

湯や水を汲むための竹製の道具です。

蓋置(ふたおき)

柄杓や釜の蓋を置く台のような道具です。

水指(みずさし)

釜に水を足したり、茶碗や茶筅をすすいだりするための水を入れておく器です。

水次(みずつぎ)

水指に水を注ぎ足すための道具です。

建水(けんすい)

茶碗や茶筅をすすいだ水や、茶碗を温めるのに使ったお湯を捨てる際に使う器です。

菓子器(かしき)

生菓子や干菓子を入れる器です。

懐紙(かいし)

飲み口を拭く時や、手を清める時に使用します。お菓子を頂く時に使う菓子切りや楊枝はこの懐紙の間に挟んでおきます。

帛紗(ふくさ)

柄杓や釜の蓋を取り扱う時に使う布です。

古帛紗(こぶくさ)

お茶を運ぶ時や濃茶を飲む時、茶道具の拝見時に広げて使用する布です。

茶巾(ちゃきん)

点前の途中などで茶碗を拭くために使う麻製の布です。

扇子(せんす)

挨拶時や道具を拝見する時などに膝前に置いて使用します。

これは自他との間に結界を作り謙虚さを表すというための物ですので、広げて仰ぐことはできません。

掛け軸(かけじく)

床の間に掛ける書や日本画です。茶席の空間やテーマを表現します。

花入(はないれ)

茶席に飾る茶花を入れる器です。陶磁器や籠製、竹製など色々な種類があります。

香合(こうごう)

お香を入れるための器です。

茶道具はなるべく早く売ることが、高価買取に繋がります

茶道具は陶器や竹製のものが多いため、売却しようと思ったらひび割れや欠けがあったり汚れていたりすることが多いです。

高価なものであるほど、売る前に綺麗に補修しておこうと思ってしまいがちですが、接着剤でくっつけたりヤスリで擦ったりしてはいけません。
補修することで逆に価値を下げてしまい、買取不可になることもあるので下手に触らず、傷みがあってもそのままの状態で査定に出しましょう。

また、どれだけ傷んで汚れていても共箱や包んでいた布などは捨てずに一緒に売却するようにしましょう。たとえ状態が悪くても、それらがセットになっていれば買取価格は大幅にアップします。

とはいえ、傷んだ状態で長年保管しているとどんどん劣化が進んでいきますので、売ると決めたら早急に売却することをおすすめします。
茶道具買取に強いお店であれば、多少傷みがあっても査定額にさほど影響は出ませんので、そういった所をいくつかピックアップして、相見積もりを取ると良いでしょう。