おすすめ買取業者を見る

不要な骨董品を売りたい方必見!
絵画買取を簡単&手間なく
高価買取
してもらう方法をご紹介します。

イチオシ!オススメ骨董買取業者

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高い業者をご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • シミや汚れ、キズがあるものでも査定OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 出張費用、宅配キット無料
    • 着物やブランド品などと合わせてまとめ売りすると買取金額10%アップ
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取・店頭買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※宅配買取の品物返送時送料はお客様負担(着払い)
    福ちゃんは着物や切手、ブランド品、貴金属などの古物商品の買取を行っている総合リサイクル業者ですが、ブランド食器の買取には特に力を入れている様子です。
    中でも洋食器がメインとなっており、買取対象ブランドはどこよりも豊富なので、ブランド物の洋食器を売るならまずここを選んで間違いないでしょう。
    また、福ちゃんは骨董品や着物など鑑定の難しい品も扱っているので、食器の買取に関しても全く問題はないと思います。
    事実、福ちゃんのイメージモデルを務める中尾彬さん、池波志乃さんご夫妻も福ちゃんで食器買取をしているので買取価格の高さはお墨付きです。
    その他、福ちゃんでは骨董品などと合わせてまとめ売りすれば、買取金額が10%アップするキャンペーンも行っているので、より高価買取が期待できます!
  2. 日晃堂
    ★★★★★
    • ブランド食器なら使用済みやキズ・汚れのある物、箱無しでも買取OK
    • ひび割れや欠けがあっても買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • ブランド食器の買取金額10%アップキャンペーン実施中!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~20:00 年中無休
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    日晃堂は骨董品専門の買取業者ですが、ブランド洋食器・和食器からアンティーク食器などの陶器の買取も行っています。
    こちらのお店は骨董品を専門に扱っているという特徴から、特に有田焼などの和食器やアンティーク食器といった古美術的価値がある食器の買取が強いです。
    もちろん洋食器の鑑定技術も高いので、洋食器と和食器をまとめて売りたい時には非常におすすめの業者と言えます。
    現在はブランド食器の買取10%アップキャンペーンを行っているので、この機会を利用すれば何十万円という買取価格になる可能性もあります!
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    • 使用済みやキズ・汚れのある物でも買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料LINE査定あり
    • 出張費用無料
    • 女性のお客様のみ、女性査定員の指名が可能
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 365日・24時間受付
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)

絵画を高く売るコツとは?

絵画を売る場所はいろいろあります。
どこでどうやって売ればいいのかわからない、そんな方のために一つひとつご紹介していきます。

まずは、【美術品専門のオークション】に出品するという方法です。
テレビドラマなどで観たことがある方もいるのではないでしょうか。
その絵が欲しいという人たちが集まり、自分が手に入れようと競り合うので高く売ることができる可能性は十分にあります。
しかしながら、お持ちの絵画が必ずしも需要のあるものとは限りません。
オークションの主催者にもよりますが、落札率の平均は70~90%程度ですので、落札されずに手元に戻ってくることも珍しくありません。
また、無事に落札されたとしても入金が完了するまでに時間が掛かることもあるので、急ぎ売ってしまいたいという方にとっては不向きかもしれません。

次に【画廊に持って行く】という方法があります。画廊なら専門的な知識も高く相場も理解しているでしょう。
しかし画廊には、日本画を取り扱っている日本画商と、油絵などを取り扱っている洋画商があり、専門にしている絵画でなければ低く査定されてしまう場合があります。
また、買い取りをしていない所もあるので注意が必要です。
顧客が探しているものであれば相場より高く売ることも可能ですが、時間に余裕があって待てるタイプの人向きの方法です。

一番イメージしやすい方法は【ネットオークション】だと思います。
確かに高く売ることもできますが、ネットオークションの仕組みを熟知していなかったり、そもそも絵画の知識がなければ損をしてしまう可能性も高いので、おすすめはできません。

最後にご紹介するのは【専門の買取業者】に買い取ってもらう方法です。
買取業者にもいろいろありますが、あらゆるジャンルを取り扱っていて店舗数が多いお店は、店舗によって査定額が変わる恐れがあります。
損をしないためには絵画の専門知識のある絵画買取の専門店に査定をお願いするのが一番です。
自宅に出張してもらえば大事な絵画を持ち運ばなくて済みますし、専門知識と数多くの販売ルートがあることから、絵画の知識がある人・ない人に関わらず誰でも高価買取してもらえるのでおすすめです。

高価買取が期待できる絵画とは?

高く売ることができる絵画"と言われたらどんなものを思い浮かべるでしょうか?

既に亡くなっている有名画家の作品を思い浮かべた人も少なくないと思いますが、実は亡くなった後に作品の価値が上がるというのは稀なのです。
その理由は生きている時に比べて宣伝することができなくなるから。また、その画家のことを知っている人が減って行き、需要が低くなるためです。

実際に今の画家ですと、現代アートでは草間彌生や奈良美智など。
日本画では横山大観、片岡球子、平山郁夫、東山魁夷。洋画では中川一政、三岸節子、梅原龍三郎などといった面々ですと高価買取が見込めると思います。
草間彌生は特に昔の10倍以上にまで価値が上がっている作品も多いので高価買取が期待できるでしょう。
ここにご紹介したのはほんの一部の画家です。買取店によって強化買取している画家も違ったりするので、いろんなお店で査定してもらうことをおすすめします。

絵画買取の相場とは?

絵画などの美術品となると相場が付きにくいのですが、価値=相場といったところでしょうか。
需要が高まればその分値段も上がりますし、その作品を手に入れるためならいくら出してもいいという人が一人でもいれば、それだけでその絵の価値は上がります。

価値=相場であるならば、その価値を正確に見抜くことができる目を持った鑑定士に見てもらい、その絵の価値を知ることが重要です。
ただし、自分に知識がない以上その鑑定士の鑑定が正しいのかという判断ができないので、複数の絵画買取の専門店に見てもらってください。

例えばA社では150万円と鑑定されたものが、B社では180万円、C社では200万円と、このようにお店によって鑑定に差が出てきます。
これは単に鑑定士の力量や、買い取った後の販売ルートなどの違いによるものです。
何店か比べることで大よその価値がわかりますし、一番高く買い取ってもらえるお店で売れば損はしません。

ここで注意すべきところは、絵画の価値がわからない買取業者を複数回っても意味がないということです。
ちゃんと専門知識を持った鑑定士が在籍している絵画買取専門店で鑑定してもらうということを頭に置いておきましょう。

絵画買取の豆知識

絵画の種類

日本画

日本画とは、西洋から伝わった「油彩画」と区別するためにできた言葉です。
つまり、日本人が描いた絵=日本画ではありません。
天然素材の染料や墨を使い歴史的な絵画様式で紙や絹などに描かれた絵のことを基本的に日本画と言います。

洋画

洋画とは、油彩画法で描いた絵画のことであり、「日本画」と区別するための言葉です。
こちらも洋画=外国の作品ではありません。
西洋から伝わったものではありますが、日本人の感性ならではの独創的な作風が魅力です。

版画

版画とは、木や石、金属などの素材を製版したものに、インクまたは絵の具を塗って転写したもののことを言います。
複数刷ることができるので、一点物とは違い手に入れやすい芸術作品です。

現代アート

現代アートの定義は曖昧で、簡単に言えば街の中や生活の中に溶け込んでいる芸術作品です。
歴史ある絵画よりも価値は低いと思われがちですが、高値で売買されることもあり、購入時よりも価値が上がる可能性が高いジャンルです。

具体美術

具体美術とは、「具体美術協会」に参加した人たちによる作品のことを言います。
絵の具を投げつけて描く「投擲絵画」や、音・光・煙などを用いるものもあり、ユニークな技法が多いです。

中国美術

中国美術とは、文字通り中国の美術のことを指します。
中国の絵画は影を描かず、昼と夜の区別も月やろうそくなどを描くことで表現したりと、独特な手法が用いられています。

インテリアアート

絵画やポスターなど形態は様々で、代表的な画家にはクリスチャン・ラッセンがいます。

絵画買取は"なるべく早く"が高価買取のポイントです

絵画は今は使用していない蔵などに人知れず眠っていることも少なくはありません。そこで気になるのが保存状態です。
誰が描いたのか、どんな作品かということも大事ですが、保存状態の良し悪しによっても大きく値段が変わってきます。

日本画はシミや焼けが起きやすく、退色や破れがないかなどもチェックされ、油絵であればヒビやカビなどが査定額に響きます。

見つけた時に既にそのような状態ならば致し方ありませんが、何れにせよ、それ以上悪化しないようにし、査定する際には最低限のエチケットとして埃は落としておきましょう。

また、絵画買取は景気にも影響を受けるので、売りたいと思ったならば早めに売ることをおすすめします。