おすすめ買取業者を見る

不要な骨董品を売りたい方必見!
珊瑚買取を簡単&手間なく
高価買取
してもらう方法をご紹介します。

イチオシ!オススメ骨董買取業者

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高い業者をご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • シミや汚れ、キズがあるものでも査定OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 出張費用、宅配キット無料
    • 着物やブランド品などと合わせてまとめ売りすると買取金額10%アップ
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取・店頭買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※宅配買取の品物返送時送料はお客様負担(着払い)
    福ちゃんは着物や切手、ブランド品、貴金属などの古物商品の買取を行っている総合リサイクル業者ですが、ブランド食器の買取には特に力を入れている様子です。
    中でも洋食器がメインとなっており、買取対象ブランドはどこよりも豊富なので、ブランド物の洋食器を売るならまずここを選んで間違いないでしょう。
    また、福ちゃんは骨董品や着物など鑑定の難しい品も扱っているので、食器の買取に関しても全く問題はないと思います。
    事実、福ちゃんのイメージモデルを務める中尾彬さん、池波志乃さんご夫妻も福ちゃんで食器買取をしているので買取価格の高さはお墨付きです。
    その他、福ちゃんでは骨董品などと合わせてまとめ売りすれば、買取金額が10%アップするキャンペーンも行っているので、より高価買取が期待できます!
  2. 日晃堂
    ★★★★★
    • ブランド食器なら使用済みやキズ・汚れのある物、箱無しでも買取OK
    • ひび割れや欠けがあっても買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • ブランド食器の買取金額10%アップキャンペーン実施中!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~20:00 年中無休
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    日晃堂は骨董品専門の買取業者ですが、ブランド洋食器・和食器からアンティーク食器などの陶器の買取も行っています。
    こちらのお店は骨董品を専門に扱っているという特徴から、特に有田焼などの和食器やアンティーク食器といった古美術的価値がある食器の買取が強いです。
    もちろん洋食器の鑑定技術も高いので、洋食器と和食器をまとめて売りたい時には非常におすすめの業者と言えます。
    現在はブランド食器の買取10%アップキャンペーンを行っているので、この機会を利用すれば何十万円という買取価格になる可能性もあります!
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    • 使用済みやキズ・汚れのある物でも買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料LINE査定あり
    • 出張費用無料
    • 女性のお客様のみ、女性査定員の指名が可能
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 365日・24時間受付
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)

珊瑚を高く売るコツとは?

3月の誕生石でもある珊瑚(サンゴ)。エレガントな大人の女性にピッタリな海の宝石ですね。
ネックレスやイヤリングなどのアクセサリーから、数珠、彫刻品など様々な形に姿を変える珊瑚は、古来より魔除けや生命の象徴として世界中で重宝されていました。

そんな珊瑚は昔から中国の富裕層にとても人気があり、特に日本産の珊瑚は世界的にも希少で美しいため、近年のバブルの影響から買い占めようと高値で取引されています。

ですが、バブルはいつまでも続くわけではありませんので、珊瑚を高く売りたいなら価格が高騰している「今」売却することをおすすめします。

ではどこが一番高く売れるのかと言うと、それはネットオークションです。出品時に売値を設定できるので、上手く行けば希望通りかそれ以上の値段が付くこともあります。
しかし、それはあくまで普段からネットオークションを利用していて、且つ珊瑚の価値を把握している場合だけです。中には骨董品として数百万円の値が付く物もありますので、知らずに出品すると大損する可能性があります。

また、本物だと思っていたら樹脂を塗料でコーティングしただけの偽物だった…なんてことはよくあります。もちろんそんな品を本物と称して売ったらトラブルに発展しますし、最悪の場合は罪に問われることもあります。

このように、珊瑚は素人の知識だけで高く売れるような品ではありませんので、きちんと珊瑚の鑑定ができる専門店で買い取ってもらうことをおすすめします。
また、お手持ちの珊瑚がアクセサリーか置物かによっても買取価格は違ってくるので、なるべく宝石・骨董品両方の鑑定ができるお店で査定してもらうようにしましょう。

高価買取が期待できる珊瑚とは?

珊瑚は棲息している海域によって赤黒い色から淡いピンク色まで様々な種類があります。
珊瑚はこのカラーグレードに加え、色ムラや「ヒ」、「フ」の有無、キズや凹み具合などを総合的に見てランクが決まります。
5段階評価でS>A>B>C>Dのランクがあり、最高ランク5Sのものは希少性が高くかなりの高価買取が期待できます。

■カラーグレード

1~5の5段階評価で、血のような赤黒い色になるほど価値が高くなります。
特に高知県近海(土佐湾)で採れる血赤珊瑚は世界一希少なため、最高級品として取り扱われています。

■「ヒ」の有無

「ヒ」とはクラック(縦方向のヒビ)のことです。この「ヒ」が少なく綺麗な状態のものほど価値は高くなります。

■「フ」の有無

血赤珊瑚には「フ」と呼ばれる骨のような白い部分があります。これが少ないものほど高級品とされており、またこの「フ」があるのは日本産の血赤珊瑚だけですので、地中海産の赤珊瑚と見分けるポイントにもなります。

■大きさや形

ネックレスや指輪などの場合は、カットの状態によっても価値が違ってきます。一番高価なものは球型で、次に楕円型のカボションカット、その次は水滴のような形のドロップカット、それ以外の形のものは安価になります。

尚、宝石珊瑚は深海に棲息しているため、採取の際に水圧の変化でクラックが入りやすく、ほとんどはアクセサリーなどに加工されます。
そのためカットされたものよりも原木の方が希少で、特に血赤珊瑚の原木にはプレミア価格が付く可能性もあります。

珊瑚の買取相場とは?

珊瑚はブランド品のように定価が存在せず、その時の流通量や古美術的価値によっても取引価格が変わってくるため、正確な買取相場を算出することは困難と言えます。

例えば同じ珊瑚の彫刻でも、有名作家の作品であれば珊瑚の価値に作家物としての価値もプラスされますので、骨董品鑑定士が査定しない限りは正確な数字はわかりません。

そのため、買取相場を知るには骨董品買取の専門店で無料査定してもらうことが一番価値を把握しやすい方法です。

尚、骨董品には相場がない=店によって買取価格は左右されるということなので、必ず1社だけで判断せず、複数の業者から見積もりを取るようにしましょう。

特に珊瑚の人気が高い中国に販売経路を持っている業者は、国内だけの業者よりも取引が多いため高価買取される傾向にあります。

長い間客間に飾っていた置物や、母から譲り受けた指輪などであれば思い入れもあることでしょう。そんな大切な珊瑚製品をまた次の誰かに使ってもらうためにも、手放す際は骨董品買取専門店で売却することをおすすめします。

珊瑚買取の豆知識

【そもそも珊瑚ってなに?】

大体の人が珊瑚と言われてイメージするのは、青い海に広がる珊瑚礁ではないでしょうか?しかし、アクセサリーや置物となる珊瑚はこの珊瑚礁とは違い、深海に棲息する宝石珊瑚という種類のものになります。

また、その姿からは一見海に生えている植物のように見えますが、実は珊瑚虫(さんごちゅう)という刺胞動物が集まってコロニーを形成したもので、つまりは生き物なのです。

ダイビングで見ることが多い珊瑚礁は、六放(ろっぽう)サンゴに分類されており、比較的浅い場所に棲息しています。
一方で宝石珊瑚は八放(はっぽう)サンゴに分類されており、海底100m以上の深海に棲息しています。成長が非常にゆっくりなのが特徴で、1cm成長するのに50年近くかかる種類もあります。

【宝石珊瑚の種類】

血赤珊瑚

日本近海(小笠原列島、五島列島、奄美、沖縄、宮古島周辺)の水深100~300mの海底に棲息しています。
名前の通り血のような濃い赤色をしており、欧米では「オックスブラッド(雄牛の血)」とも呼ばれています。
特に高知県の土佐湾で採取される血赤珊瑚は希少価値が高く、最高級品とされています。

赤(紅)珊瑚

イタリア、フランス、スペイン、ギリシャなどの地中海沿岸で採取される珊瑚です。
海底約30mの浅い所に棲息しているため、漁師が素潜りで採取することもあります。
血赤珊瑚と似ていますが赤珊瑚には「フ」がないため、色ムラのない単一な色調をしています。

桃色珊瑚

血赤珊瑚と同じく日本近海(小笠原列島、五島列島、奄美、沖縄、宮古島周辺)に棲息しています。
赤に近いオレンジ色から淡いピンク色まで色調が幅広いのが特徴で、彫刻がしやすい材質のため彫りの入ったブローチや帯留め、仏像などによく用いられます。

白珊瑚

日本近海から東シナ海までの広い海域に棲息している、白を基調とした珊瑚です。
薄いピンク色が混ざったものやセピア色のものにはあまり価値はありませんが、純白のものは希少価値が高く、特に象牙色のものは高値で取引されています。

黒珊瑚

シックな色合いの黒珊瑚は、古来より魔除けのお守りとして用いられていました。数珠や冠婚葬祭用のフォーマルなアクセサリーとして人気があります。
ちなみに黒珊瑚は宝石珊瑚ではなく造礁珊瑚に分類されており、現在はワシントン条約により輸入が禁止されています。

珊瑚のお手入れ方法について

珊瑚は炭酸カルシウムでできているため硬度が低く、熱や酸にも弱いという非常にデリケートな材質です。

そのため、暖房器具の前やサウナなどの高温な場所で長時間付けていたり、海やプール、温泉などに付けたまま入ったりしないようにしましょう。

また、汗や化粧品、ヘアスプレーにも弱いので、もし付着した場合はすぐに柔らかい布でキレイに拭き取るようにしましょう。

保管の際は水分を除去した状態で宝石箱などに入れ、直射日光の当たらない場所に保管しましょう。

珊瑚はなるべく早く売ることが、高価買取に繋がります

数年前のニュースで、中国人の珊瑚密漁が話題になりましたね。日本産の珊瑚は希少価値があり、特に中国で人気が高く高値で取引されるため一攫千金を狙った密漁者が後を絶えないのです。

今はそれだけ価値が高騰していますが、それがいつまで続くかわかりません。なので、珊瑚製品の売却をお考えの場合は、価値が下がらないうちに骨董品専門店で買い取ってもらうことが最もスムーズに高価買取できる方法です。

また、珊瑚は元々生き物なので傷みやすい材質でもあります。売ろうか悩んでいる間に劣化して価値が下がってしまうこともあり得るので、キレイな状態を保っているうちに売却することをおすすめします。