おすすめ買取業者を見る

不要な骨董品を売りたい方必見!
古書買取を簡単&手間なく
高価買取
してもらう方法をご紹介します。

イチオシ!オススメ骨董買取業者

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高い業者をご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • シミや汚れ、キズがあるものでも査定OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 出張費用、宅配キット無料
    • 着物やブランド品などと合わせてまとめ売りすると買取金額10%アップ
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取・店頭買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※宅配買取の品物返送時送料はお客様負担(着払い)
    福ちゃんは着物や切手、ブランド品、貴金属などの古物商品の買取を行っている総合リサイクル業者ですが、ブランド食器の買取には特に力を入れている様子です。
    中でも洋食器がメインとなっており、買取対象ブランドはどこよりも豊富なので、ブランド物の洋食器を売るならまずここを選んで間違いないでしょう。
    また、福ちゃんは骨董品や着物など鑑定の難しい品も扱っているので、食器の買取に関しても全く問題はないと思います。
    事実、福ちゃんのイメージモデルを務める中尾彬さん、池波志乃さんご夫妻も福ちゃんで食器買取をしているので買取価格の高さはお墨付きです。
    その他、福ちゃんでは骨董品などと合わせてまとめ売りすれば、買取金額が10%アップするキャンペーンも行っているので、より高価買取が期待できます!
  2. 日晃堂
    ★★★★★
    • ブランド食器なら使用済みやキズ・汚れのある物、箱無しでも買取OK
    • ひび割れや欠けがあっても買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • ブランド食器の買取金額10%アップキャンペーン実施中!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~20:00 年中無休
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    日晃堂は骨董品専門の買取業者ですが、ブランド洋食器・和食器からアンティーク食器などの陶器の買取も行っています。
    こちらのお店は骨董品を専門に扱っているという特徴から、特に有田焼などの和食器やアンティーク食器といった古美術的価値がある食器の買取が強いです。
    もちろん洋食器の鑑定技術も高いので、洋食器と和食器をまとめて売りたい時には非常におすすめの業者と言えます。
    現在はブランド食器の買取10%アップキャンペーンを行っているので、この機会を利用すれば何十万円という買取価格になる可能性もあります!
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    • 使用済みやキズ・汚れのある物でも買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料LINE査定あり
    • 出張費用無料
    • 女性のお客様のみ、女性査定員の指名が可能
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 365日・24時間受付
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)

古書を高く売るコツとは?

「古書」と言うと硬いイメージを持つ人もいるかと思いますが、「古本」と言えばわかりやすいでしょうか。
つまりは出版されてから一度消費者の手に渡った「中古本」のことを指します。
また、古書の中でも比較的に近年刊行されたものを「新古書」と言います。

本は手軽に買うことができる分、売ることも容易にできます。
【古本屋や古本を取り扱っている本屋に持って行く】、【フリーマーケットで売る】、【リサイクルショップに持ち込む】など、売る方法はいくつもあります。
希少な本であれば【図書館や美術館などが購入または寄付を受け付ける】というケースもあったりします。

大抵はまとめて売っても安く見積もられることから、「どこで売っても大差はない」という先入観があるかもしれません。
しかしその本を、大金を叩いてでも手に入れたいという人がいるとしたらどうでしょうか。
【インターネットオークション】に出品すれば、そういった人に出会える確率は上がりますし、高く売ることもできると思います。
ただし、この方法ですと、値段の設定の仕方やシステムを使いこなさないと結局は安く売れてしまい、手数料なども取られて損をするというリスクも伴います。

そこで今回おすすめする方法は【古書買取の専門店】で売ることです。
専門知識のある人に査定してもらえば間違いないですし、何軒かに査定をお願いすれば安く見積もられていないかの判断もできます。
買い取った後の販路もしっかりと確保してあるお店であれば、その分査定額が上がる場合もあるので、是非利用してみましょう。

高価買取が期待できる古書とは?

古書の価値が上がるポイントはいくつかありますが、わかりやすいのは出荷部数と重版の回数です。
出回る本の数が少なければ少ないほど希少価値は上がります。
また、デジタルの時代に突入してからは、「電子書籍化していないか」、「著作権の保護期間切れに伴ってデジタル公開されていないか」なども価格に大きく関わってきます。

例えば、元々刊行部数が少ない上に絶版して価値が上がっていたものも、復刊したり、文庫化したり、電子書籍化や新装版などが刊行されてしまっては一気に価値が下がってしまうのです。
他にも、同じ本でも"初版"の方が価値が付くこともありますし、著者の署名や有名人の蔵書印が入っていれば付加価値が付いて高価買取が期待できます。

一方、出荷部数が影響しない例外もあります。
それは漫画などの読み捨てられていた雑誌などが挙げられます。
単行本は保管していても雑誌は読み捨てということはよくあるので、現存している数が少なければ価値は上がります。

あとはやはり如何に良い状態で保存できているかどうかです。
カバーなどの購入時の付属品がきちんと揃っていればそれだけで価値があるので、買取前に揃えて準備しておきましょう。

古書買取の相場とは?

今の時代、インターネットを使えばどの本がどれくらいの値段で買われているのかを調べることは誰にでも容易にできます。
だからと言って、必ずしもその値段が相場とは限りません。
同じ本でも安く売れているところは安く売れているし、高値で売れているところもあります。
情報が得やすくなれば、その分惑わされることも多くなります。

しかしながら、古書を取り扱っている骨董品の買取専門店であれば価値や需要がわかっているので、複数のお店に査定してもらうことで、ある程度の相場を知ることはできるでしょう。

ここで相場が高くなる条件をご紹介しておきます。

【ドラマ化・映画化・アニメ化される】
メディア露出も増え、原作本の人気が上がり、買取価格がアップします。

中古市場に出回ると価格が下がってくるので、その前に売ることがポイントです。

【マニアックな作家】
ベストセラー作家の本は最初は高く売れますが、発行部数も多く中古市場に出回るとすぐに価格が下がって行きます。
その点マニアックな作家の本は何年経っても買取価格は安定しています。
その理由は、ベストセラー作家の本とは反対に発行部数が少なく、中古市場に出回る数が少ないためです。

【絶版本】
中古でしか手に入れる方法がなくなった本は希少価値が上がり、価格も上昇します。
初回限定版などの一定期間しか買えないものもそうです。
ただし、同じ絶版本でも売れなくて絶版になった本は価値が生まれません。
著者と出版社とのトラブルや、出版社が倒産してしまった場合などの訳あり絶版であれば、プレミア感があり需要もあるので、高価買取も期待できます。

古書買取の豆知識

「古書」と「古本」の違いには明確な定義などはありません。
使い分けとしては「古本」は新品ではないもの、中古品というニュアンス。
「古書」は言葉のどこかに上品さを感じ、骨董品を連想する歴史的価値のある本といったニュアンスで使われている印象ですが、これもまた絶対ではありません。

しかし、古書買取の専門店では線引きとして「ISBNコード」が付いている本のみを古書として買取しているところもあるようです。
「ISBN」とは「International Standard Book Number」の頭文字を取ったもので、日本語で言うと「国際標準図書番号」となります。
ISBNは現在13桁のコードが振り分けられています。
これに対し10桁だったときのISBNコードを「ISBN-10」と呼ぶこともあります。
日本は1980年代にISBNに関する枠組みに加盟したので、それ以前の本には番号が付いていないのです。
古書買取をしているお店ではISBNコードを用いて管理しているため、コードがない古い本は買取対象外としているようです。
こういった点も頭に入れておきながら、古書買取をしているお店を探すようにするといいでしょう。

古書買取は"なるべく早く"が高価買取のポイントです

古書は素材が紙でできているので、きちんと保管していないとどんどん劣化していってしまいます。
黄ばみや破れなどは査定額にも響きますし、虫にも注意が必要です。
しかしながら、逆に傷んでしまっているものは下手に触ると崩れてしまうかもしれませんので、埃が被っていてもそのまま査定してもらった方がいいでしょう。
古ければ古いほど傷んでいきやすいので、古書を売るならできるだけ早い方が高価買取に繋がります。

また、比較的に年代が浅いものでも、発行部数が多い本は中古市場に出回ると一気に値下がりしていってしまうので、こちらもなるべく早く売った方がいいでしょう。

どの年代のどのジャンルの古書を売るにしても、ISBNコードが付いていない本も買い取ってくれる古書買取の専門店を複数回って、一番条件の良いお店を選ぶことをおすすめします。