おすすめ買取業者を見る

不要な骨董品を売りたい方必見!
刀剣買取を簡単&手間なく
高価買取
してもらう方法をご紹介します。

イチオシ!オススメ骨董買取業者

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高い業者をご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • シミや汚れ、キズがあるものでも査定OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 出張費用、宅配キット無料
    • 着物やブランド品などと合わせてまとめ売りすると買取金額10%アップ
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取・店頭買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※宅配買取の品物返送時送料はお客様負担(着払い)
    福ちゃんは着物や切手、ブランド品、貴金属などの古物商品の買取を行っている総合リサイクル業者ですが、ブランド食器の買取には特に力を入れている様子です。
    中でも洋食器がメインとなっており、買取対象ブランドはどこよりも豊富なので、ブランド物の洋食器を売るならまずここを選んで間違いないでしょう。
    また、福ちゃんは骨董品や着物など鑑定の難しい品も扱っているので、食器の買取に関しても全く問題はないと思います。
    事実、福ちゃんのイメージモデルを務める中尾彬さん、池波志乃さんご夫妻も福ちゃんで食器買取をしているので買取価格の高さはお墨付きです。
    その他、福ちゃんでは骨董品などと合わせてまとめ売りすれば、買取金額が10%アップするキャンペーンも行っているので、より高価買取が期待できます!
  2. 日晃堂
    ★★★★★
    • ブランド食器なら使用済みやキズ・汚れのある物、箱無しでも買取OK
    • ひび割れや欠けがあっても買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • ブランド食器の買取金額10%アップキャンペーン実施中!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~20:00 年中無休
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    日晃堂は骨董品専門の買取業者ですが、ブランド洋食器・和食器からアンティーク食器などの陶器の買取も行っています。
    こちらのお店は骨董品を専門に扱っているという特徴から、特に有田焼などの和食器やアンティーク食器といった古美術的価値がある食器の買取が強いです。
    もちろん洋食器の鑑定技術も高いので、洋食器と和食器をまとめて売りたい時には非常におすすめの業者と言えます。
    現在はブランド食器の買取10%アップキャンペーンを行っているので、この機会を利用すれば何十万円という買取価格になる可能性もあります!
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    • 使用済みやキズ・汚れのある物でも買取OK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料LINE査定あり
    • 出張費用無料
    • 女性のお客様のみ、女性査定員の指名が可能
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 365日・24時間受付
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)

刀剣を高く売るコツとは?

刀剣とは読んで字の如く、刀や剣のことです。

一般的に「刀」とは片刃のものを、「剣」とは両刃のものを指します。

明治9年(1876年)の廃刀令により帯刀を禁止されてから、日本刀はいつしか憧れの存在となり、所有して見て楽しむものになりました。
しかし、集めていた本人が他界した場合など、銃刀法を気にして処分したいという人も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな方のためにも、刀剣買取をしてくれるお店の選び方をご紹介します。

【ネットオークション】でも売ることは可能ですが、ネットオークションの使い方を熟知していること、刀剣の知識があること、この2点が備わっていなければ損をしてしまう可能性も十分考えられるので、おすすめはできません。

次に【リサイクルショップ】で売るという方法もありますが、専門知識のある人がお店にいないため、かなり安く買い取られてしまいます。

つまり、刀剣買取をするなら専門知識を持った査定士がいる【買取専門店】を選ぶことが重要です。
ただし、そういうお店は何軒もあるので、それぞれのお店で査定してもらい、その中で一番高く買い取ってくれるお店を選ぶといいでしょう。
高く買い取れるかどうかは知識量の違いも表れますが、買い取った後の販路の数によっても変わってきますので、その辺りも注目してお店を選ぶことをおすすめします。

海外にも需要はありますし、最近では『刀剣乱舞』というゲームの影響もあって刀剣の注目度は上がっているので、買い手が多いとその分高く売れる可能性も高くなります。

高価買取が期待できる刀剣とは?

名刀と呼ばれているものは当然の如く価値は高いですが、文化財もしくは国宝として取り扱われているので売買をすることができません。
しかし、名高い刀工が作ったものであればそれだけで十分価値が高くなります。
「和泉守兼定」、「相州正宗」、「備前長船兼光」などは高価買取が期待できます。
実際に江戸時代後期の刀鍛冶の名工である「源清麿」が打った刀には1億5千万円という値が付きました。
このように名工が打った刀には価値が付くので、それを模倣する者も多く出てきます。
いざ買取に出した時に、騙されて模倣品を掴まされていたなんてこともあるかもしれません。

刀剣買取ではもちろんどの時代の誰が作ったかということも重要視されますが、もう一つ大事なことは保存状態です。
名高い刀鍛冶が打ったものでなくても、素晴らしい日本刀はたくさんあります。
そういった日本刀の保存状態が良ければ十分高値が付くことも期待できるでしょう。
逆に言えば、それだけ保存状態を保つのが難しく繊細であるということです。

刀剣買取の相場とは?

刀剣の相場ははっきり言って算出するのは難しいです。
種類やランク、拵えや作者、刀の状態などである程度は値段の予測は付けられるとは思いますが、ブランドバッグなどと違い一点物なので、似たものを参考にしても値段が全く違ったりします。
専門家も基本的にオークションや骨董品市場などでの買取価格や取引件数のデータを基にしているので、素人には計り知れないのです。

しかし、変動する相場はわからずとも、価値がどれくらいあるのかを判断できるポイントはあります。

①ランク・作者
切れ味の「最上大業物・大業物・良業物・業物」と、出来の良さの「最上作・上々作・上作・中上作」のランクがあり、上位のものほど価格が上がります。
また、名工の手で作られたものは価値が高いですが、無名の刀鍛冶のものでも質が良ければ高値が付くこともあります。

②サイズ
大きさによっても値段が変わります。
刀は二尺(60.6cm)、脇差しは一尺以上二尺未満、短刀は一尺以内とされており、刀と比べて脇差しが40~50%、短刀が50~60%の価格というのが目安です。

③拵え
所謂装飾のことです。
細工の細かさや美しさなどで価値が変わります。

④状態
錆はもちろんマイナスポイントですが、よく見ないと気付かない傷や割れも査定に響きます。
ただし、打ち傷の場合は「誉れ傷」とも言われ、戦いで付いた傷はマイナスになるとは言い切れません。

これらを基に大体の価値は見いだせるかとは思いますが、どれほどの値が付くのかは専門家に見てもらうのが一番です。

刀剣買取の豆知識

刀剣の種類

二尺(60.6cm)以上あり、太刀よりも短く反りが少ないもの。

直刀

反りがほとんどなく真っ直ぐ、もしくは僅かに内反りのもの。

太刀

刃長が二尺三寸~六寸(70~80cm)くらいが一般的で、刀よりも反りがあるもの。

脇差し

一尺以上二尺未満のもの。
一尺二、三寸(36~40cm)の小脇差しと呼ばれるものもあります。

短刀

一尺以下の刀のこと。
所持の仕方で「懐刀」や「腰刀」とも言う。

両刃で反りのないもの。
現存するものが少ないため価値が高い。

薙刀(なぎなた)

柄の中の茎(なかご)が長く、薙ぎ払うために使われていたもの。
刀身の先端に反りがあり、中には切先が両刃のものもあります。

柄の先に刃をはめ込んだもの。
先端の形状は様々で、直槍と十文字槍に大きく分けられる。

拵え(こしらえ)

鞘・柄・鍔の総称であり、刀装とも呼ばれる外装のこと。

鞘(さや)

刃先の状態を保つためと刃の部分で傷つけないようにする覆いのこと。

鍔(つば)

刀身と柄の間に挟むことで手を防護する役割がある部位のこと。

小柄(こづか)

日本刀の鞘にある溝に装着する小刀の柄または小刀そのもの。
木を削ったりなどの用途の他に、手裏剣の代わりに武器として投げたり、仕掛けに使用することも。

笄(こうがい)

髷を作る際に使用された装飾のある髪留め用具。
小柄と同様、日本刀の付属品の一つで、刀と一緒に持ち歩いていました。

目貫(めぬき)

本来は刀身が柄から抜けないようにするための釘のこと。
次第に、装飾されるようになった鋲頭などの部分や、目釘と分離した柄の装飾品のことをそう呼ぶようになりました。

三所物(みところもの)

同一作者による小柄・笄・目貫の三種を揃えたもの。

刀剣買取は"なるべく早く"が高価買取のポイントです

製造過程で不純物を取り除いて錆びにくくはなっていますが素材は鉄なので、高温多湿な日本の気候では放っておくとすぐに錆びてしまいます。
コレクターであれば手入れも楽しみの一つでしょうが、遺品などで所持している場合、手入れはお金や手間暇が掛かるので大変なものです。
ましてや少しでも錆びてしまったら、そこからまた手入れをするのは相当な苦労ですので、そうなる前に早めに刀剣買取のできる専門店へ売却することをおすすめします。

買取の際には登録証がないと買い取ってもらえないので、紛失してしまったら事前に再発行をし準備しておいてください。
また刀剣そのものだけでなく、先程ご紹介した付属品も価値があるものなので、まとめて査定してもらいましょう。